【Gマーク取得】安全性の取組の積極性の対策とポイント!

「書類を揃えるのが大変!」
「加点されるための条件を理解するのが大変!」

このようにGマークの「安全性の取組の積極性」で頭を悩ませている担当者も多いのではないでしょうか。

私もはじめてGマークをしたとき「Ⅲ.安全性に対する取組の積極性」がいちばん苦労しました。

そこで今回は「【Gマーク取得】安全性の取組の積極性の対策とポイント!」について紹介していきたいと思います。

1.基準点数12点を上回る必要がある

【評価項目】
Ⅰ.安全性に対する法令の遵守状況(基準点数32点/配点40点)
Ⅱ.事故や違反の状況(基準点数21点/配点40点)
Ⅲ.安全性に対する取組の積極性(基準点数12点/配点21点)

Gマークの評価項目の中でいちばん配点は低いのですが、基準点数である12点を下回ると、他の項目で高得点を取っていても「不合格」になってしまいます。

この基準点数12点以上を取得するのが、正直、難しいです。

とある大手の運送会社に勤める知り合いは、引継ぎがない状態でGマーク担当をさせられため、イチから勉強したらしいのですが、かなり苦労した話を聞かされました。

中小企業の運送会社になると、なおさらです。
Gマーク申請だけで時間を取られるわけにはいきません。

2.年でもなければ年度でもない

Gマークの基準日は7月1日になっています。

そのため、すべて7月1日がベースになっているのですが「安全性の取組の積極性」も例外ではありません。

たとえば、過去1年間、過去3年間などの条件が出てきますが、その期間は、年度の1年(4月~翌3月)、暦上の1年(1月~12月)ではないんですね。

では、どのようになっているのか?

Gマークでは、基準日が7月1日なので 「安全性の取組の積極性」 の1年間は、7月2日~翌年7月1日になっています。

この期間を踏まえたうえで書類を揃えなければ、せっかく書類を揃えても「不合格」になることがあります。

3.11項目すべて揃えるのは困難

Gマークの「 安全性の取組の積極性 」は全部で11項目あります。

この11項目を見たとき、すべての項目について書類を揃えることができると思えますか?

「ウチの会社は公的機関から表彰をもらっていない」
「ISOなんてないぞ!」

このように感じるはずです。

無理してすべて揃える必要はありません。
…というか、揃えられる運送会社は少ないです。

それよりも、基準点数12点以上取得することを優先してくださいね。

4.安全性に対する取組の積極性の解説

11項目について詳細を紹介した記事を作成していますので、参考にしてください。

1.事故防止対策マニュアル等を活用している

2.事業所内で安全対策会議(安全に関する QC 活動を含む。)を定期的に実施している

3.荷主企業、協力会社又は下請会社との安全対策会議を定期的に実施している

4.自社内独自の運転者研修等を実施している

5.外部の研修機関・研修会へ運転者等を派遣している

6.特定の運転者以外にも適性診断(一般診断)を計画的に受診させている

7.安全運行につながる省エネ運転を実施し、その結果に基づき、個別の指導教育を実施している

8.定期的に「運転記録証明書」を取り寄せ、事故、違反実態を把握して、個別指導に活用している

9.グリーン経営認証や ISO(9000 シリーズ又は 14000 シリーズ)等を取得している

10.過去に行政、外部機関、トラック協会から、輸送の安全に関する表彰を受けたことがある

11.健康起因事故防止対策等輸送の安全に関する自主的、積極的、独創的、先進的又は高度な取り組みを実施している

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

  1. 車が好き・トラックが好き・運送業界に興味があるなど様々な理由で「これからトラック運転手になりたい!…
  2. こんにちは!タイラといいます。 みなさんは入社後の初仕事のことは覚えていますか? 私は…
  3. 運送会社に就職した後、現在は建設業で重機オペレーターをしているアライといいます。 運送会社や…
  4. 私たちは夫婦で運送会社に勤めているので、トラック運転手の彼氏・旦那を持つ友達や知り合いから「どのよ…
  5. トラック運転手といっても、運送会社にはさまざまな業種があるので一概には言えないのですが、食事がコン…
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.