トラック運送会社に就職したいが学歴は見られるか?

就職のとき、どうしても気になってしまうのが”学歴”。とくに、高校を卒業していなかったりすると「就職に不利に働いてしまうのではないか?」と思うのは当然です。

では、トラック運送会社に就職するとき、学歴は影響するのでしょうか?ぶっちゃけて言うと大手企業でもない限り、影響ないです。

それどころか、大手企業でもトラック運転手が不足しているので、学歴を気にしない時代です。そこで、なぜ、トラック運送業界は学歴に関係ないのか、その理由をまとめてみました。

Sponsored link

1.トラック運転手が足りない

どの業界でも人材不足と言われていますが、トラック運送業界は他業界以上に人材不足です。

じっさいに、社長と話をしても「仕事と車両はあるけれど、乗務員がいない。誰か紹介してくれる人がいればいいのだが…。」といつも愚痴をこぼすくらいです。

それを象徴するように、乗務員数が足りていたころは、中小零細企業では「トラック運転手の経験者しか雇わない。」という会社もありましたが、いまは未経験でも積極的に雇うという会社が多いです。

また、ニュースでも乗務員数が足りずに倒産した運送会社が紹介されるなど、この業界の人材不足はかなり深刻です。

2.学力を発揮する場が少ない

トラック運転手はその名のとおり、トラックの運転を主としています。もちろん、運転以外の荷積み・荷卸しなどもありますが、どちらかといえば、体力と精神力のほうが問われていると言ってもいいです。

そのため、面接が行われても、あなたが気にしている以上に学歴について、まったくと言っていいほど触れることはありません。

3. 高学歴は去るのが分かっているのでむしろ歓迎される

大手運送会社では大卒を採用したりしていますが、彼らにとってみれば、辛ければ第二、第三新卒として就職活動できる立場にあります。

そのため「思っていた業務と違う。」「他の業界にチャレンジしたい」という理由で去っていく人って多いんですよね。

大手運送会社でもそれです。
中小企業ならなおさらでしょう。

高学歴であればあるほど、選択肢が増えるので、他に目移りしてしまう。比較してしまう。だから、運送会社としては、高学歴よりも「トラック好き」の人の方が愛着を持って仕事をしてくれることを知っているので、そちらのほうが重要なんです。

大手企業ならまだしも、中小企業は、1から育てる労力をあまりかけることができません。

だから、すぐ去るかもしれない高学歴者よりも学歴を気にしている人のほうが歓迎されるんですね。

4.免許を持っていた人の方が評価高い

トラック運送会社にとって、一番大事なのは”免許”であることは間違いないですよね。運転の仕事なので当然のことです。

つまり、運送会社からしてみれば、”稼ぐ力”を持った人物が欲しいわけです

学歴よりも普通・中型・大型のどの免許を持っているかをチェックしています。もしも、中型・大型を持っていれば、大歓迎されるはずですし、運送会社の選択できる幅もグッと広がります。

5.若いトラック運転手は喉から手が出るほど欲しい

運送会社に就職して運転者台帳を見る機会があったら見てみてください。皆、いい年齢しています。この運送業界は、もはや40代で「若い運転者が入社してきた。」と言われるほど、高齢化が進んでいるほどです。

免許制度の改正や若者の車離れがかなり尾を引いているんですよね。

だからこそ、20代、30代のトラック運転手を目指そうという人はかなり貴重な存在として扱われるというわけなんです。

6.経験者は即戦力。だからできれば経験者が欲しいのが本音

トラック運送業界に限らず、どの業界でも即戦力を求めています。やはり、教育にはどうしても利益は出ず、育ってくれるまで投資を続けなければいけません。

多くの中小企業は投資をせずに今すぐにでも稼いで欲しいというのが本音です。

だから、トラック運転手として経験を積んでいれば、運送会社としてもこれほどうれしいことはないのです。

7.運送会社が嫌がる経歴がないほうが大事

これはトラック運送会社に限らないのですが、過去にトラブルがあった、人格的に問題があった…という人材は、企業として避けますよね。トラック運送会社も例外ではありません。

たとえば、

・前職で荷主とケンカして退職した運転手だった。
・よく人間関係のトラブルを起こすことで有名
・試用期間で辞めそうなくらいやる気が感じられない。
・要望ばかり口にする。
・最近、重大事故を起こしている

など、荷主の信頼を失ってしまいそうな経歴のある人は、たとえ人材不足とはいえ運送会社から”NO”を突き付けられます。

8.健康状態も重視される

トラック運転手は、長時間ひとりで運転しています。体調を壊して意識でも失えば、それは重大事故にもつながってしまいます。

健康起因事故が増えている業界だからこそ、これからトラック運転手になる人の健康状態は気になるところです。また、悪い飲酒クセのある人はダメですね。

まとめ

運送会社は身体が資本です。だから、学歴よりも健康状態や体力などのほうが重視されます。また即戦力になる人材は、とくに重宝されるのは間違いありません。

信頼できる退職代行サービス・おすす め3選 【脱ブラック会社】

トラック運転 手なら知っておきたい転職サイト3選

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 39歳以下のトラック運転手なら欲しい!年齢限定のおすすめクレジットカードとは?

おすすめ記事

  1. 運送会社の事務を担当している人「毎年、事業実績報告書を国に届出しなければいけないが、どのように作成…
  2. 有限会社とか株式会社などの法人であって、役員(代表取締役、取締役、監査役)または代表社員(合資会社)…
  3. トラックの連続運転の時間はどのくらい? その後、休憩はどのくらい取ればいいの? このような…
  4. 一般貨物運送事業者には、2年に1回くらいのペースでトラック協会職員(適性化事業実施機関の指導員)が巡…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.