n2

(参照:国土交通省/警察庁チラシより)

ナンバープレートを汚れた状態にしたり、カバーをかけたり、ときに回転させて表示しているトラックを見かけたことありませんか?

 

 

トラックだけではありません。
原付や改造車なども、ナンバープレートを変えている車両を見かけます。

 

 

遠くから警察などがチェックしてもバレないように工夫(?)しているのかもしれないけれど、今回の法律改正でナンバープレートを見えにくくする行為が違法状態になってしまうんですね。

Sponsored link

 

道路運送車両法施行規則の一部改正

n3

(参照:国土交通省/警察庁チラシより)

「道路運送車両法及び自動車検査独立行政法人法の一部を改正する法律」(平成27年法律第44号)の規定が平成28年4月1日から施行されます。

 

 

この法律が施行されると、自動車登録証、車両番号標等(ナンバープレート)をカバーなどで覆うことが禁止されるだけでなく、一定の位置・方法において表示しなければいけないことになっちゃいました。

 

 

ちなみに、プレートの表示の位置・方法の詳細について定めるため「道路運送車両法施行規則等」の一部が改正されるとともに、所要の告示の整備がおこなわれるそうです。

Sponsored link

 

違法トラックへの目が厳しくなる?

n1

(参照:国土交通省/警察庁チラシより)

産業廃棄物などを運搬するダンプなどで、ナンバープレートにカバーをかけたり、わざと汚したりして、危険運転をしているケースを見かけます。

 

 

ナンバープレートにカバーやシール等を貼っているから、ナンバーがわからないという安心感があるかもしれませんね。ですが、今回の法律で明確に禁止されることになったことは大きいと思います。

 

まとめ!

いままでもナンバープレートを折り曲げるなどの行為は禁止されていましたが、それで取り締まったりしたかといえばそのようなことはありませんでした。

 

今回の改正でも厳しく取り締まりをするキッカケになるかといえば…そうではないような気がします。

Sponsored link