一般貨物運送事業のことがわかる行政書士が少ない現実

私の知り合いの話で申し訳ないのですが、お金になる許認可だけ仕事を引き受けて、その後は「まったくわかりません!」と言わんばかりに適当にお仕事をされる行政書士がいました。(もちろん一生懸命仕事をしてくれる行政書士の先生はたくさんいます^^)

 

私も職務上、行政書士さんと接する機会があるのですが、正直、運送事業のことがわかっていない残念な知識レベルの方と何度か遭遇したことがあります。

 

書類作成をしてくれるのはいいけれど、内容を確認すると、かなりずさんで、私の知り合いは「依頼したけど、内容があまりにもひどかったから、自分で作り直したよw」なんて笑って話していたくらいです。

 

けっこう運送会社のあるある話で、日常茶飯事です。
そのため、行政書士と運送会社がちょっとトラブルになったという話もよく耳にします。

 

だからこそ、運送会社は行政書士の先生とお付き合いするときには、適当に選ばずにきちんと選択する必要があるのです。

Sponsored link

1.行政書士だからといって運送業のことを知っているわけではない

行政書士の資格は難易度が高いのですが、役人が数年在籍すれば取得できるので、行政書士によって、その能力はピンからキリまであると言っていいでしょう。

 

さらに、行政書士は「運送業」のためだけにあるのではありません。

 

建設業であったり、風俗業であったり、さまざなな案件を取り扱わなければいけません。「行政書士の先生だから、たぶん分かるだろう…」というイメージで依頼するのはダメです。

 

・建築業を専門に頑張っている行政書士

・運送業を専門に頑張っている行政書士

飲食店、風俗業、美容…それぞれ得意分野があるわけなんですね。

 

けれど、行政書士も生活がかかっています。
依頼されればOKを出すことがほとんどです。

 

そのため、先ほどもお話しましたが、お金だけたくさん取られて、いい加減な仕事をされてしまい、トラブルになるケースもあるのです。

 

2.行政書士の先生のお仕事は代行屋なので間違っていないけど…

行政書士が作成する書類の多くは官公庁などに届出する「許可認可(許認可)」に関するものなので、許認可だけしか関わろうとしない行政書士の考え方は間違っていないと思います。

 

けれど、その一方で運送業に詳しく、知識も豊富な行政書士がいるのも事実です。

 

私自身、行政書士には+αを持っている方…つまり、運送業を理解し、運輸開始後の運送事務までサポートしていただける方でなければ、お付き合いできないと考えています。

Sponsored link

3.小規模の運送会社は一般貨物に詳しい行政書士さんを狙え!

5両~10両前後の運送会社が多い業界ですが、代表取締役社長と言っても、荷主の要望に合わせて運転しなければいけないこともあります。

 

事務員も雇うことが難しい現状だからこそ、一般貨物運送事業の知識のある行政書士とのお付き合いがあると、いざというとき頼れます。

 

私も知り合いが運送会社を立ち上げるときに行政書士を紹介しましたが、かなり喜ばれました。

 

いまは、行政処分の厳罰化や行政監査の実施、また従業員とのトラブルなど、経営者がリスクマネジメントしなければいけないことはたくさんあります。だからこそ、運送会社は、いざというときに頼れる一般貨物運送事業に詳しい行政書士を選ぶ必要があると感じています。

 

まとめ!

運送業は従業員とのトラブル問題を抱えるリスクもあります。だからこそ、こちらの話している内容を理解し、ピンッときてくれる行政書士さんとのお付き合いが大事になってきます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

  1. 平成23年5月1日付の輸送安全規則の改正で点呼記録簿に「アルコール検知器の使用の有無」と「酒気帯びの…
  2. トラックの連続運転の時間はどのくらい? その後、休憩はどのくらい取ればいいの? このような…
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.