九州地区の行政書士

運輸業を専門にしている九州地区の行政書士一覧です。

福岡

【松田真一社会保険労務士・行政書士事務所のURL】
http://sr-matsuda.net

 

コメント

    • 坂元眞由美
    • 2019年 5月 08日

    こんにちは、ちょっと伺います。
    株式会社の一般貨物自動車運送事業だけ、譲渡出来るのでしょうか?

      • トラックの杜
      • 2019年 5月 08日

      坂元さま、はじめまして!

      まず結論からお話すると運輸業許可は他法人にお渡しすることができます。
      ※国に「譲渡譲受認可申請」を行う必要があり。

      ただ、営業所や車庫、運管・整管も配置できない会社を運輸業許可を
      与えることができないので、そこはチェックされます。
      また、運送業に対して知識があるのか法令試験もあります。

      つまり、譲渡譲受と新規許可はほとんど違いがないんですね。

      なお、新規許可ではなく譲渡譲受の手続きするうえでのメリットは、
      1か月くらい認可が早く下りるのと残高証明書が少しだけ少なくなる程度です。

      そのため、譲渡譲受認可申請は、個人事業主から法人に変わるときや
      車両・施設をそのまま引き継ぐ場合に使われている感じです。

      参考になれば幸いです

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 39歳以下のトラック運転手なら欲しい!年齢限定のおすすめクレジットカードとは?

おすすめ記事

  1. 「そもそも、事業実績報告書って何?」と思っている事業所もあると思います。 簡単に言えば【事業実…
  2. 有限会社とか株式会社などの法人であって、役員(代表取締役、取締役、監査役)または代表社員(合資会社)…
  3. トラックの連続運転の時間はどのくらい? その後、休憩はどのくらい取ればいいの? このような…
  4. 一般貨物運送事業者には、2年に1回くらいのペースでトラック協会職員(適性化事業実施機関の指導員)が巡…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.