会社で出世するのはコスパが悪い!別の方法を模索するのもあり!

運送会社に限らず、本音を言わせてもらえば「出世してもあまり意味がない。」と感じます。もちろん、給料は若干上がるけれど、その対価に見合うほど上がらない。

精神的にも負担がかかることを考えれば、自分の時間や趣味を大事にしたいんですよね。もしも、お金を稼ぎたいのであれば、転職か会社に依存することなく、自分で別の方法を見つけて稼きたい。

そうして始めたのがブログ経営なんです。

1.出世のメリットを考えてもいいことなし

会社で出世したとき、名刺に役職は付くかもしれないけれど、給料明細はさほど変わらないですよね。それどころか、不平不満を言いたい放題言っていた立場から言われる立場になったり、責任ある立場でストレスが溜まりまくります。

そう考えると、役職が上がることで得られた報酬はコスパが悪いと言わざるを得ません。

会社にいても成長には限度がある

責任がつく仕事を任されるので経験値も当然、上がるわけですが、会社のために体が壊れるくらいガムシャラに働いて成長できるのか?また、満足いく給料がもらえるのか?…というと、そのようなことはあり得ません。

2.空いた時間に収入源の確保

最近、トラックの運転手もいまの仕事をしながら、別の収入源を得ている人がいます。

たとえば、トラック運転手が作成した、

「トラック運転手の年収は?」
「トラック運送会社はどのようなところ?」
「ぶっちゃけキツイのか本音トーク」

をテーマにしたブログやyoutubeを見かけますよね。あれは当時の私と同じように、会社とは別枠で収入源を自分で確保しているわけです。

”みんな知っていることを書いても仕方がない”と思っているかもしれませんが、トラック運送会社のことなんてみんな知りません。むしろ、実際は、どのようなところなのか、興味を持っている人はたくさんいます。

3.会社から利用されるのではなく利用してやればいい!

・仕事を覚えるのは苦手。
・仕事をこなすのはつらい。
・日々、刺激がない。

運送会社の人に怒られるかもしれませんが、↑のように感じているのであれば、むしろ会社を利用してやればいいのです。

つまり、ブログネタを探すために仕事を覚えようとする、新しいことにチャレンジする。いままで辛かった会社や仕事がいわば”無料の副業学校”してしまうというわけなんですね。

そうすると、モチベーションが上がり仕事も上手く。そして、会社も喜ぶという好循環が生まれ始めます。

好景気と不況を繰り返している今、会社だけに頼るのも危ういです。だったら、収入源を別枠で持っておきたいと思うのは当然のことです。

4.生きやすい時代

終身雇用もなくなった今、生き方の選択の枠が広がりました。

いま自分には運転しかできない。特別なスキルなんてないから、生きづらい世の中になった。俺は特別なスキルがないから、会社の奴隷状態で生きなければいけない…と思っている人ってけっこういます。

けれど、そのようなことはないです。

他のトラック運転手がしているブログやyoutubeなら、すぐ真似できます。もちろん、すでに経験値に開きがあるので、同じことはできませんが、慣れれば、じきに同じようなことができます。

5.トップにならなくてもいい!とりあえずふつうでを目指す

他人のブログやyoutubeを見て「俺には無理だ!真似できない」とチャレンジしていないのに諦めている人がいます。

正直、ちょっと待った!…て感じです。

彼らも同じ運転手で時間のない中、一生懸命、取り組んだ結果、いまがあります。繰り返しの話になりますが、未経験者がパッと見て「同じレベル」のものはできないと感じてしまうのは当然のことです。

問題はそこじゃないです。
とりあえず、行動する―これが大切なんです。

何もない水辺(あなたの人生)に波紋を広げるには、一石投じなければ何も起きないでしょう。では、どうするのか?

そう、あとはあなたのやる気だけなんですね。

ノブノブ

投稿者プロフィール

業界歴10年のトラック運転手。
超ブラックな運送会社を渡り歩き、いまの運送会社で落ち着く。現在は、副業として運送業関連のサイトなどでライターを務める。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 39歳以下のトラック運転手なら欲しい!年齢限定のおすすめクレジットカードとは?

おすすめ記事

  1. 運送会社の事務を担当している人「毎年、事業実績報告書を国に届出しなければいけないが、どのように作成…
  2. 有限会社とか株式会社などの法人であって、役員(代表取締役、取締役、監査役)または代表社員(合資会社)…
  3. トラックの連続運転の時間はどのくらい? その後、休憩はどのくらい取ればいいの? このような…
  4. 一般貨物運送事業者には、2年に1回くらいのペースでトラック協会職員(適性化事業実施機関の指導員)が巡…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.