充実ライフ!空いた時間にクラウドソーシングで副業!

みなさんは日々の生活の中の「隙間時間」をどのような過ごし方をされていますか?

私は「副業」という新しいツールを使って隙間時間を上手く効率的に、楽しく過ごさしてもらっています。

数年前までは、世間的にあまりいい見方をされていなかった「副業」という言葉も、今や世間的には当然のように使われ、世間的に浸透してきたように私は思います。

会社によっては終業規則の「副業禁止」の項目が撤廃された所もあるらしいです。

今回は、私が「副業」を始めたきっかけや「副業」を含めた将来の目標(理想像)などについて紹介していきます。

Sponsored link

1.私が副業を始めた大きなきっかけ

私は現在、運送会社で長距離トラック運転手として日々生活をしております。

その日々の生活の中での何気ない「隙間時間」をどうにか有効利用できないかと考え、たどり着いたのが副業でした。

長距離トラック運転手はなにかと「隙間時間」がたくさんある仕事です。

  • 積み荷の出来上がり待ち
  • 他の車両の荷積み荷降ろしの待ち時間
  • 次の荷が決まるまでの待機時間

また、日によっては、移動が短く、実働時間がかなり少ない日などもあります。

私は、副業を始める前までの「隙間時間」の過ごし方は、携帯ゲームやネットショップサイトのネットサーフィンでした。

しかし、毎日毎日終わりのない携帯ゲームをひたすらやっていたり、自分のお小遣いでは到底買えもしない商品を毎日ダラダラと見ている自分に少し嫌気がさし「なにか代わりになることはないかな?」と思っていたとき、とてもいい情報を友人から聞くことが出来たのです。

友人との会話が転機になった

その友人は「風来坊」のように、行きたいところがあれば即座に現地に向かい、そこに飽きるとまた別の場所へ。そして、次の行きたいところがなければ地元へ帰ってきてゆっくり過ごす。

このような生活をしている彼と食事をする機会があり、私は若い時から「うらやましいな」と思っていたのでどうしたらそのような生活が送れるのかを聞いてみました。

そこで初めてインターネット環境さえあれば、時間や場所などを関係なく仕事ができる「クラウドソーシング」という存在を知り、「自分も試しにやってみる価値はありそうだな。」と気楽な気持ちで始めてみました。

最初はなにから始めていいのかも分からず、友人のサポートやアドバイスを聞きながら、自分にでもできる仕事にたくさん応募して経験を積ませてもらいました。

そして、少しずつですが、仕事をいただくようになり「自分の生活リズムや得意分野に合った様々な仕事がクラウドソーシングにはあるのだな」と理解し始め、「未熟な私にしかできない仕事もあるのだな。」と実感しました。

2.副業をはじめて変わったこと

長距離トラック運転手の私が副業を始めてから変わったことは、”日常のモチベーション”です。

今まで、なんとなく…という気持ちで毎日を過ごしており、メリハリもなく日々変わらない事にマンネリを少し覚えていたのですが、クラウドソーシングによる副業を知ったことにより、人生が変わりました。

様々なことにアンテナを張るようになり、また少なからず収入が増えたことにより、今まで自分には買えないと思っていた商品や我慢していた商品に手が届くようになったのです。

これにより、毎日のモチベーションがかなり上がったように実感しています。

スイッチのオン・オフが上手くなった

日々の充実感も変化したことで「隙間時間」を効率的に過ごせるようになり、1日1日がとても充実するようになりました。

そのおかげで、日常生活でのオン・オフの切り替えがとても上手くできるようになりました。

切り替えが上手くできるようになってからは、睡眠の質が上がったせいなのか、運転中の眠気やボケてしまう時間が少なくなり、安全運転にも役立っていると私は思います。

まさに正の連鎖ですね。

3.副業の利点

しかし、なんの取り柄も無い私には、クラウドソーシングによる副業だけで生活をしていくのは現状では不可能なことです。

主となるトラック運転手という本業を行いつつ、かつ自分の生活に刺激とゆとりを産んでくれるのが「副業」かなと私は思います。

融通が利きやすい

その副業の最大の利点は、自分都合の融通が効くというところではないでしょうか?

これはクラウドソーシングに限ったことなのかもしれませんが、仕事の締め切り日などが相談できるという点は長距離トラック運転手にとってはとても良いと思います。

長距離トラック運転手は、季節やタイミングによっても仕事量の変化は大きく、毎日毎日が多忙という仕事ではないと思います。

そこで【自分のできる時間に余裕を持って仕事ができる】というのは、最大の利点ではないでしょうか?

クラウドソーシングのお仕事は、期日までに発注者側の要望となる商品を納品できれば業務は終了。

自分の気分次第でやる気が出ない時は仕事を請け負わなくてもいいというところは、一般社会人の常識としては考えづらいですよね。

自分のペースで自分の得意なことを生かして、なおかつ自分のスキルアップと収入が得れるというとてもすばらしいことだと思います。

やるかやらないかは全て自分次第です。

4.副業の難点

私はクラウドソーシング以外にも、たくさん現在も副業をしています。

最初は良いとこばかりが目についていた「副業」ですが、現在では難点的な部分も見え始めています。

難点①「期日」と「単価」

私の感じる副業の難点は、「期日」「単価」です。

期日は絶対なくてはならないものなのですが、自分のペースで仕事ができる代わりに、自分の作業スピードやスケジュール管理が上手くいかないことがあります。

副業を始めたてのときは、仕事を請け負ったものの、期日間近まで納品できそうな状態になく、最終的には徹夜までして納品し、次の日の運行に多大な支障をきたしてしまう…なんて日も私はありました。

なので、これから始めようと思っている方は、できるだけ余裕を持ったスケジューリングをすることをおすすめします。

難点②「単価」が低い

また、仕事としての単価としては技量が認められるまでは、とても低い単価でしかお仕事はもらえません。

副業を始めた当初は単価が低く、収入的にはモチベーションアップに繋がる物はあまりないかもしれません。

特にクラウドソーシングで最初から高単価な仕事を請け負えるのは、特別な技術を持っている方か紹介などにより人柄の保障がついている人しか請け負えません。

それ以外の人は、仕事を確実に行ない、インターネット上での評価などによる社会的信頼をコツコツと得ないかぎり難しいと私は思います。

しかし、コツコツ信頼を得られれば、収入がしっかりついてくるのもクラウドソーシングのおもしろい所です。

初めのうちは、自分のスキルアップを主に考え長い目で作業をすると納期などに遅れることもありませんし、収入によるストレス等もなく続けれると思います。

5.私の将来の理想像

私は将来、サラリーマン生活を過ごしつつ、副業で生活にゆとりが得られる「二足の草鞋を履く生活」が過ごせたらいいなと思います。

私の働く運送業界は、日に日に変化しており「自動車の完全自動化」や「輸送方法の変更」など他業種に比べ、将来への不透明感は否めません。

しかしながら、その不透明感から脱却する術を持ち合わせていない私に今できることは「自分自身のスキルアップ」「無駄な時間を過ごさない」事です、

自分自身から変化していき、スキルや知識を吸収し、これから先の変化に対応できる自分になることとが出来ればと思っています。

副業を通して、自分の様々な面でのスキルアップができればいいかと思っています。

また、定年後も副業で得たスキルや知識で収入に変換していき、ゆとりあるスローライフを過ごすのが私の将来像です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

  1. 車が好き・トラックが好き・運送業界に興味があるなど様々な理由で「これからトラック運転手になりたい!…
  2. こんにちは!タイラといいます。 みなさんは入社後の初仕事のことは覚えていますか? 私は…
  3. 運送会社に就職した後、現在は建設業で重機オペレーターをしているアライといいます。 運送会社や…
  4. 長距離輸送のトラック運転手をしているチカといいます。 私たちは夫婦で運送会社に勤めているので…
  5. トラック運転手といっても、運送会社にはさまざまな業種があるので一概には言えないのですが、食事がコン…
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.