【Gマーク】自社内独自の運転者研修等の資料の作り方とは?

Gマークの評価項目「安全性に対する取組の積極性」の自認項目4に「自社内独自の運転者研修等を実施している」になっています。

「安全性に対する取組の積極性」は、20点満点中12点以上が必要なのですが、この項目の配点はなんと3点あります。つまり、配点の4分の1をこの項目が占めていることになるんですね。

この配点の高さを考えると、ぜったいに落としたくない項目です。

でも「どのように書類を揃えればいいのかわからない…。」と不安に感じているかもしれません。ですが、大丈夫。配点3点のわりに意外なほど、難易度が低いのです。

Sponsored link

1.何を求められているのか考えてみる

まず、この項目では何の書類が求められているのか?…について把握しておきましょう。
その把握するためのヒントは、タイトル「自社内独自の運転者研修等を実施している」にあります。

「自社内独自の運転者研修」は…

「自社内独自」…申請する事業所で開催されたもの
「運転研修を実施」…事故防止対策担当者(運行管理者等)が乗務員に対して研修

ということになります。

これを↓のイラストで見ると、もっとイメージしやすいです。

会議のように集まって意見交換をするのではなく、講師(運行管理者)が受講者(乗務員)に対して、安全運転などをテーマに教育している…これがGマークの評価になるのです。

では、イラストのような研修が評価対象になるということがわかったところで、次は、その他の条件について見ていきましょう。

2.3点加点される条件とは?

この自認項目4では、【社内の研修】以外にも条件があります。

それは…「乗務員の半数以上が受講していること」です。

ひとりやふたりなどではなく、最低でも半数以上の乗務員に研修していなければ、配点3点をゲットすることができないんです。

乗務員半数が受講していることがわかるようにするためには、その研修の議事録に出席した「乗務員」はだれか記載しておかなければ、証明することはできません。

もしも、乗務員の半分未満しか受講していない。乗務員以外の管理者が受講していた…となると1点しか配点されないので注意しておきたいところです。

Sponsored link

3.研修報告書の資料を添付するうえで気を付けること

運送会社によっては、研修を頻繁に実施しているところがあります。

「当社は、月に1回研修を実施しているから、とりあえず、そのうちの1回分を提出すればいい。」ということで、適当にGマーク資料として添付しているところもあるのですが、条件を満たしていなければ加点されないことを忘れてはいけません。

研修の議事録を第三者が見たとき、把握できるようにしておかねければいけないことはもちろんのこと、Gマーク認定の条件に合った書類でなければいけないのです。その条件とは…

① 過去1年以内に実施した研修であること
② いつ・どこで・だれが・だれを対象に・どのような内容がわかる資料があること
③ 乗務員が半数以上参加していることがわかるようにしておくこと
④ 輸送の安全もしくは、省エネ、点検、タイヤに関する内容であること
※添乗教育の場合は、乗務員半数以上の記録が必要

になります。

とくに、構内での作業を主としている運送会社は気を付けておいたほうがいいですね。

…というのも、このような運送会社の研修内容は、労災に関することや構内作業の内容ばかりで、交通事故防止に係わる輸送の安全の内容が欠けていることが多いからです。気を付けておきましょう。

条件を満たした研修報告書をコピーしたら…

①~④の条件を満たした研修報告書を手に入れたら、まずはA4サイズでコピーを行いましょう。
そして、Gマーク資料として添付するまえに【参加者のところにカラーマーカーで色付けする】ことが重要です。

004↑の報告書のようにマーカーをすれば終了です。

研修報告書が完成したら、あとはじっさいに使用した資料などを一緒に添付しておくといいですよ。

4.申請日間近でもまだ間に合う

申請日は7月1日からなのですが、たいていの事業所は5月~6月ころから、Gマーク資料作成を意識しはじめます。

資料ファイルから条件に合った研修報告書を探したけれどなかったというときには、いっそのこと「いまから」実施してもまだ間に合います。焦らずに条件を満たした研修を行い、報告書を作成していきましょう。

まとめ

自社内研修はすぐに書類をまとめられる項目で、かつ配点の高いので、ここを落とすわけにはいきません。仮に書類を作成することができなければ、合格率はガクンッと下がってしまいますので、ぜったいに書類提出をしておきましょう。

【運輸業専門の行政書士・一覧】
>九州地区(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄)



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 39歳以下のトラック運転手なら欲しい!年齢限定のおすすめクレジットカードとは?

おすすめ記事

  1. 「そもそも、事業実績報告書って何?」と思っている事業所もあると思います。 簡単に言えば【事業実…
  2. 有限会社とか株式会社などの法人であって、役員(代表取締役、取締役、監査役)または代表社員(合資会社)…
  3. トラックの連続運転の時間はどのくらい? その後、休憩はどのくらい取ればいいの? このような…
  4. 一般貨物運送事業者には、2年に1回くらいのペースでトラック協会職員(適性化事業実施機関の指導員)が巡…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.