退職代行を利用した後の2週間は出勤しなくても大丈夫?

退職を検討している乗務員
「退職代行を利用するのはいいけれど、法律上、退職は2週間前に告げなければいけないことになっているから、残りの日数を出勤しなければいけないと思うと利用する意味がないのではないだろうか?」

退職代行を利用した場合、その後、2週間出勤しなければいけないかどうかで悩んでいるドライバーの方が多いです。

1.残りの2週間、会社に出勤しない人が多い

退職代行を利用した人の多くは、残りの2週間は出勤していないです。

自分の口で「退職したい」と伝えずに、行政書士の先生などを通じて、会社に退職することをお願いしたら、退職までの残り2週間の出社は気まずくてできませんよね。

そもそも、退職までの残り日数を出勤することができるくらい心の余裕があるなら、退職代行など使っていないでしょう。

それでは、退職代行サービスを利用した人は、退職するまでの残り2週間、どのような方法を用いて出勤していないのでしょうか?

2.有給休暇を利用している

退職代行サービスを利用した人は、トラック運転手に限らず、その他業種の労働者の人も、いままで使用してこなかった有給休暇を消化し、 残りの2週間は出勤していない人が多いです。

なにしろ、あなたが精神的に参ってしまう企業です。

たいていはブラック企業と呼ばれる会社に勤めているので、有給休暇を取得することすら困難だったはずです。そのため、有給休暇はカタチだけで消化しきれていない人が多いんですよね。

だから、余った有給休暇を退職前に消化しているというわけです。

ただし、会社側からすれば「この繁忙期(もしくは人員不足)だと調整も必要だ。自分勝手な有給休暇の申請など認められるはずはない!」と反論してくるところもあるでしょう。

そこで、このような場合、どのような扱いになるのか説明していきます。

繁忙期や人手不足でも有給休暇の消化は可能

会社側の主張に対して「確かに自分勝手に有給休暇を取ることは難しいよな。」と思った方が多いかと思います。しかし、たとえ、繁忙期や人員不足で忙しいような場合でも「有給休暇」を取得することは可能なのです。

本来、有給休暇の申請があった場合、会社は繁忙期などを理由に他の時季に変更することができます。

けれど、退職希望をしている人に”有給休暇”を他の時季に変更することはできるでしょうか?

これから辞めるのに時季の変更なんてできないですよね。

労働基準法の 「有給休暇請求に対する時季変更権」 が使用できないので、労働者の有給休暇を会社は受け入れざるを得ないのです。つまり、有給申請者の要求が通るということなんですね。

(参考サイト⇒人事のミカタHP

退職代行SARABAでは、有給休暇取得はほぼ間違いなし

退職代行のSARABAさんでは、有給休暇取得の実績はほぼ100%の実績をお持ちです。他の退職代行サイトでは公表していないところもあるので、この数字を見てもノウハウをきちんと持っていることがわかります。

ちなみに、”ほぼ”という曖昧な表現を使用していることについて問い合わせたところ、過去に1件、有給休暇取得できなかったことがあるようです。

その内容は、会社側から「休業の提案」があり、その提案を受け入れたため、有給取得率について”ほぼ”という表現を使っているそうです。

※退職代行サービスは”有給休暇の取得”を代理として伝えるだけの業務なので、有給休暇の取得は100%とか絶対とかはありません。ただ、 法律上、会社は有給休暇の取得を拒絶することはできないので、成功率98%以上とかなり高いです。

3.有給休暇が2週間分ない(足りない)場合はどうする?

たとえば「運送会社に入社してブラック企業だと判明した!すぐにでも退職したいけれど、勤務日数が短いから有給休暇がない。」このようなとき、どうしたらいいのでしょうか?

この場合でも、会社と協議したうえで合意が得られれば、残り2週間、勤務する必要がなくなります。

たいていの会社では、労働者に無理矢理、出勤させたことで会社の雰囲気にマイナス影響を与えることを懸念しているのか、合意されることが多いようです。これも100%ではないので気を付けたほうがいいですね。

ちなみに、有給休暇の付与日数は次のとおりになっています。

使用してなければ、次の年に持ち込まれます。最大40日まで。

4.労働組合を持っていなければ交渉は違法

インターネットには退職代行サービスはたくさんあります。

けれど、労働組合を持っていないところは、交渉すらできないので「退職する」の電話連絡だけのサービスで、揉めたら「当社では対応できないので、あとはご自身で行ってください。」とサジを投げるところもあります。

そのため、退職代行をするのであれば「実績と組合のある退職代行サービス」か「安心・確実の弁護士」を選択するしかありません。

退職代行サービスを選ぶならSARABA

退職代行サービスは増えましたが、実績がないところも多くリスクも多いのが現状です。なので、当ブログでは実績のある退職代行サービスSARABAをおすすめしています。

その理由はいままでの記事で紹介しました。まとめますと…

退職代行サービスは格安だが信頼できるところでなければ危うい
退職代行でも有給休暇を取得できる
有給休暇が不足しているときでも協議により即日退職は可能
ただし100%ではない
より確実性を求めるなら弁護士へ

になります。

退職をして、新たな人生をスタートさせるのであれば、”退職”でトラブルを起こすわけにはいきません。少しでもトラブルにならないためにはどうするのか?を考えながら行動に移しましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 39歳以下のトラック運転手なら欲しい!年齢限定のおすすめクレジットカードとは?

おすすめ記事

  1. 運送会社の事務を担当している人「毎年、事業実績報告書を国に届出しなければいけないが、どのように作成…
  2. 有限会社とか株式会社などの法人であって、役員(代表取締役、取締役、監査役)または代表社員(合資会社)…
  3. トラックの連続運転の時間はどのくらい? その後、休憩はどのくらい取ればいいの? このような…
  4. 一般貨物運送事業者には、2年に1回くらいのペースでトラック協会職員(適性化事業実施機関の指導員)が巡…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.