仕事もプライベートも良い方向に変わる!自己肯定感を高める方法

仕事でもプライベートでも、自分を評価できない人は、物事が上手くいかないことが多いです。本人は「なぜ?」「どうして?」と自問自答しつつも、心のどこかでは、自己否定が悪影響を及ぼしているのでは?―と薄々、感じているのではないでしょうか。

だから、「自分を肯定したい」「自分を評価したい。」「ポジティブになりたい。」と願っている人が多いです。

けれど、変わりたくても変われないんですよね。
なぜなら、どのようにしていいのか方法がわからないから―

そこで、今回は、仕事・プライベート・人間関係すべておいて、前向きに取り組めるようになり、人生そのものが変化するための方法について解説していきます。

Sponsored link

1.自己評価が人生に影響を与えてしまう理由

自己肯定感の高低が、なぜ私たちの人生に大きくかかわるのでしょうか?

とあるアメリカの研究で、私たちは普段の生活で、1日約6万回もの思考を行っているというデータがあります。思ったより思考回数が多いことに驚いた人も多いと思いますが、仮に、その多くがネガティブ思考で占められていたらどうでしょうか?

仕事やプライベートに大きな影響を及ぼしてしまいますよね。

そして、私たちの思考は”気付き”がなければ、基本、変化はほとんどないことでしょう。

つまり、1日だけでなく、1か月、1年…ひょっとしたら、長期間、ネガティブ思考のまま、人生を損してしまう可能性があるというわけです。

行き過ぎたネガティブ思考だと人生楽しくなくなる

もちろん、ネガティブ思考は危険から身を守る一面もあるので、すべて否定する必要はありません。

ただ、それが行き過ぎると大変です。

たとえば、職場の人間関係において、相手は何も思っていないのに、「嫌われているかもしれない。」「(上司・先輩が)怒っているかもしれない」と身構える人がいます。

このように、あなたのネガティブな思い込みで心に壁を作ってしまうと、当然、相手も近づきにくい人と感じてしまい、人間関係がうまくいかなくなってしまいます。

もしも、あなたがそのような環境を望んでいないのであれば、自己肯定感を高める必要がある―というわけなんですね。

2.自己肯定感を高めるには?

では、自己肯定感を高めるためには、どのようにしたらいいのでしょうか?

2-1.自己肯定感とは?

そもそも自己肯定感とはどのようなものか―から説明すると、自己肯定感は「ありのままの私を肯定的に受け入れる」になります。

…とはいえ「ありのままの私」と言われても、なにが「ありのままの私」なのか、ピンと来ないですよね。

たとえば、仕事などで失敗して、先輩から怒られてしまったとき、「なんで俺は失敗ばかりしてしまうのだろう…」とたいていの人は自分を責めてしまいます。

でも、肯定的に捉える人は、この思考にはなりません。

「先輩の言う通りだ。今回は、大きな事故にならなくてよかった。この失敗から俺は成長するぞ。」と、失敗を肯定したうえで、前向きにとらえることができます。

あなたが、もしも会社の先輩だったとしたら、どちらの方に好感を持つでしょうか?または、今後、成長するのはどちらの方だと思うでしょうか?

―もちろん、後者になりますよね。

2-2.自己肯定感が高い人と低い人の思考の違い

自己肯定感が高い人と低い人の思考には、一定の特徴があります。その違いを比較してみましょう。

自己肯定感が低い人の特徴
・他人と比較しがち。劣等感が強い。
・すぐに「できない。」と結論付ける。
・依存度が強い。
・人のために頑張ろうという気力がわかない。

自己肯定感が高い人の特徴
・ポジティブに捉えやすい
・メンタルが強い
・まわりに優しい
・価値観を持っている。

自己肯定感が低いタイプは、まわりの目を気にし過ぎる傾向があります。

内心では「本当は、〇〇だけど…」と思っていても、会社の先輩や同僚の意見に合わせてしまう。けれど、それが失敗したとき「だから、俺は〇〇と思っていたんだ!」とギャーギャーわめくことが多いです。

このように、あきらめ・劣等感・他人との比較ばかりに精神を削ってばかりいるので、知らず知らずのうちに心も対人関係も疲弊してしまうケースが多いです。

一方、自己肯定感が高いタイプは、明るく前向きに捉え、たとえ失敗しても、次に活かせるチャンスだと捉えることができます。しかも、まわりのことを考える余裕もあるので、薄っぺらい優しさではなく、他人を思いやれる本当の優しさが身に付きます。

まるで、漫画の主人公みたいですが、イメージとしては、間違っていないかと思います。

2-3.自己肯定感が高い=自信家ではない

「世界は俺中心に回っていると勘違いしているような人がいる。」
「自分を褒めまくって、聞いていて辛い。」

このように”自己肯定感が高い”ことについて、嫌悪感を持つ人もいます。ですが、ココで誤解して欲しくないのが「自信家やナルシスト」と「自己肯定感が高い」ということは、まったく違うということです。

それぞれの特徴は…

自信家・ナルシスト … 嫌味・高圧的・自己中心的
自己肯定感が高い  … 明るく柔和な雰囲気あり

つまり、あなたが会社やプライベートで、「いつも自分を称える嫌なヤツ」と感じている人は、自信家もしくはナルシスト系なのではないでしょうか?

あなたが目指して欲しいのは、そうではありません。

自己肯定感から低い ⇒ 自己肯定感が高い

このように変わることを目指して欲しいのです。

Sponsored link

3.自己肯定感を高めるためには?

失敗を認め「ありのままの私」を受け入ると言っても「仕事に失敗しても大丈夫。」「不潔な自分も受け入れる。」では、自分を肯定するだけの「自信家・ナルシスト」タイプになってしまいます。

では、本当の意味で、自己肯定感を高めるためには、どのようにすればいいのでしょうか?

それは、向上心を持つということです。

失敗を次に繋げれば、それは失敗とは言わず「良い経験」「良い成長」になります。

「先輩は、俺に大事故を起こして欲しくないから怒ってくれた。」
「この失敗から成長できれば、もっと楽しく仕事ができる。(キャリアを積むことができる)」

このような思考なら、自己否定にならず、前向きでポジティブな思考として、自分の成長につなげることができます。

一方で、自己肯定感が低い人は、

「今日も怒られてしまった…。」
「二度と失敗しないようにしなければいけない。」

このように、自分に対してプレッシャーを与える思考になりがちです。

4.自己肯定感を高めた私の体験談

自己肯定感を高くすることが自分の人生を豊かにする―このことを知って行動を変えたことで、人生が変わった―という人もいます。

ただ、私はダメでした。「自分を変える」と決意しても、3日坊主になることが多く、すぐにネガティブ思考に戻ってしまうことが多かったですよね。

だから、私でも自己肯定感を高める方法はないか探しました。
そして、出会ったのが”筋トレ”です。

筋トレは、目に見えて身体に変化が起きやすく、自分の成長を実感しやすいです。そして、”小さな目標を達成する感覚”や”引き締まっていく身体”を見て、自分を肯定しやすくなります。

13万本を突破したTestosteroneさんの著書「超筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超科学的な理由」は、私の好きな本のひとつですね。

自分が嫌い、自信がない、モテない、病み気味…をすべて筋トレで解決と書かれているとおり、筋トレをキッカケに変わった人は、本当に多いです。自分を変えたいと思った人は、読んでみてくださいね。

私が利用しているのはコレ

なお、私が利用しているダンベルは…

created by Rinker
Wout
¥9,999 (2021/04/21 08:14:31時点 Amazon調べ-詳細)

ベンチプレスは…

個人的にはかなり気に入っています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

おすすめ記事

  1. 「毎年、事業実績報告書を国に届出しなければいけないが、どのように作成したらいいのかわからない。」「…
  2. 有限会社とか株式会社などの法人であって、役員(代表取締役、取締役、監査役)または代表社員(合資会社)…
  3. 「トラック運転手の連続運転はどのくらい行ってもいいのか?」「休憩などのルールはどのようになっている…
  4. 一般貨物運送事業者には、2年に1回くらいのペースでトラック協会職員(適性化事業実施機関の指導員)が巡…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.