運行管理者の選任や解任の届出はどのようにすればいいの?

事業者の規模が大きいところは異動や人の入れ替わりなどが多いから、運行管理者を選任したり解任したりする機会が多いのでどのような手続きをすればいいのかわかるけれど…。

 

運送会社の99%は中小企業。

 

選任(解任)をする機会がほとんどないから、いざというとき「前に届出したのは5年前。あのときは確か…。」と記憶をたどりながら、時間をかけて届出をしなければいけないこともあるでしょう。また行政書士さんにお願いしたりして無駄なお金を使うこともあるかもしれません。

 

そこで、運行管理者を選任・解任するときの方法について今回は紹介していきたいと思います。

Sponsored link

 

1.運行管理者の選任・解任届出について

まずおさえておきたいことは運行管理者の選任については行政の目が厳しくなったということ。これを忘れてはいけません。

 

もしも、運行管理者が辞職したにもかかわらず放置した場合、大変なことになってしまいます。

 

まず平成25年10月1日より適性化事業実施機関が行う巡回指導が強化されたため、運行管理者がいないと判断された場合、支局への速報され後日監査が実施される可能性が大です。(ただし、適性化指導員から電話などで届出するよう指導があるので、すぐに監査が実施されるわけではないと思いますが、確実に変更届出をしておかないと危険です。)

 

さらに行政処分改正に伴い、行政監査が実施されたときに選任された運行管理者がいなかった場合、なんと事業停止30日という重い行政処分が下されます。だからこそ、運行管理者を変えるときにはスムーズに実施したほうがいいです。

 

※ちなみに届出事由の発生1週間以内に運輸支局に届出書を提出しなければいけません。

Sponsored link

 

2.届出が必要な事由とは?

選任や解任以外にも届出を必要とする場合があります。

10

 

また、次にあげる内容は、上の図で手続きをするときに併せて届出するべきものになります。

 

・届出者の氏名又は名称変更(社名・商号変更)

・届出者の住所

・営業所の名称及び所在地変更

 

届けなければいけない期間が1週間とかなり短いですが忘れずに必ず届けましょう。なお詳細がわからなくてもトラック協会に聞けばすぐに記載方法など教えてくれるので、事前に聞いておくといいですよ。

 

3.届出の作成方法

011

 

出典元:http://www.aitokyo.jp/tekisei/download/index.html

じつは運行管理者選任届出の様式は地域によって異なります。ただし、様式が異なるといっても、必要な項目は同じですし、他の地域の様式を利用したから受け付けてくれないということはありません。つまり、どの地域の運行管理者選任届出を使用してもOKなので、あなたが書きやすいと思う様式をアップしているトラック協会のHPから様式をダウンロードしましょう。

 

なお、解任のときは必要な添付資料は必要ないのですが、新たに運行管理者を選任するときには必ず運行管理者資格者証のコピーが必要になります。

 

ちなみに運行管理者資格者証とはコレです。

出典元:http://blog.goo.ne.jp/motorman_racer-x

 

紛失したとしても大丈夫。
再発行ができますのでトラック協会等に問い合わせてくださいね^^

 

ただし、資格者証番号を覚えていない場合は、再発行手続きの関係上、いつ頃取得したのか?氏名・生年月日等、電話で聞かれます。

 

根拠

貨物自動車運送事業法第18条第3項

一般貨物自動車運送事業者は、第1項の規定により運行管理者を選任したときは、遅滞なく、その旨を国土交通大臣に届け出なければならない。

 

通達 貨物自動車運送事業輸送安全規則の解釈及び運用

第19条 運行管理者の選任等の届出

3.法18条第3項においては「遅滞なく」届け出ることとなっているが、本条高の趣旨からみて遅くとも1週間以内には届け出るよう指導すること。

 

4.よくある間違い

たとえば、

旧) 運行管理者 Aさん(退職)

新) 運行管理者 Bさん

このようにAさんの退職に伴い、Bさんを新たに運行管理者に選任しようとしたとき、「運行管理者選任届出」を支局に提出すると思います。

 

その運行管理者選任届出に「選任名:Bさん」を記載していると思いますが、Aさんの解任を忘れていませんか?Aさんの解任を合わせて書いておかないと、Aさんは解任されることなく、支局のデータでは「AさんとBさん2名を運行管理者として選任している」ことになってしまいます。

 

自動で切り替わるわけではないんですね。
気を付けておきましょう^^

Sponsored link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

  1. 平成23年5月1日付の輸送安全規則の改正で点呼記録簿に「アルコール検知器の使用の有無」と「酒気帯びの…
  2. トラックの連続運転の時間はどのくらい? その後、休憩はどのくらい取ればいいの? このような…
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.