トラック運転手未経験者が知っておきたい!仕事の種類や選び方!

「トラック運転手になりたい」
「トラック運転手とはどのようなお仕事?」

トラック運転手と言っても一括り(ひとくくり)にすることはできません。運ぶ品目や走行する距離、トラックの大きさなど、さまざまな要素によって仕事内容はガラリと変わります。

そこで、今回は、これからトラック運送会社に就職しようとする人のために、トラック運転手はどのような業務をこなさなければいけないのか、選ぶうえで知っておきたい内容を中心に紹介していきたいと思います。

1.地場

県内や隣県などいわゆる地元で配送をする仕事になります。
走行距離も短く、50km~300km以内で日帰りなのが特徴ですね。

ちなみに、運送会社の多くは、この地場でのお仕事をしているところが多く、宅配やルート配送、コンビニ配送を想像してもらえればイメージしやすいです。

長距離輸送とは違い、積み卸しの作業をする回数も複数回あるのが特徴で、給料は中距離、長距離輸送と比べ、走行距離、労働時間が短いので全体的に”低い”です。

ちなみに、地場の給料は、平均380万円くらい。感覚的にはそれよりも低い運送会社もチラホラあります。(運送会社や地域に差はあると思いますが私見です。)

2.中距離輸送

中距離輸送は、夕方から深夜から出発し、早朝の納期に合わせて到着する仕事が多いです。そのまま日帰りできるかもしれませんがギリギリになることが多く、1泊2日運送になることが多いです。

ただし、中距離輸送は、長距離輸送と違って数泊するような長旅にならないため、まだ比較的、家に帰れます。

そのため、長距離輸送をしていたドライバーが結婚して家族のため、地場や中距離輸送にシフトすることもあります。ただし、運送会社によっては、月に数回、年に数回、荷主から長距離輸送の業務を要請される場合もあるのですが、そのようなとき任されることもあります。

昔と比べて、中距離輸送をするトラガールも増えていますね^^

3.長距離輸送

長距離輸送の運行記録(デジタコ・タコチャート)を見ればわかると思いますが、長距離輸送になると運転時間と拘束時間が跳ね上がります。

法律が厳しくなって、行政の監査が行われやすくなった現在も、荷主の都合に合わせるため、仕方なく改善基準告示違反にならざるを得ないことが多いです。(昔にくらべれば大分マシですが…)

ちなみに、積み卸し回数は「1か所でドーンと積んで、輸送した後、ドーンと降ろす」ことが多いので、地場と比べて少ないです。仕事自体は、あちこち回る必要がなく、とてもシンプルなので、向いている人は長距離輸送の方がいいという人もいます。

また、トラック運送業界でいえば給料は、年収400万円~700万円とトップクラスです。そのため、稼げる内に”たくさん稼いでおきたい”という人に合っています。

4.業務内容

トラック運送会社はさまざまな品目を輸送しているので、距離だけでなく、どのような仕事・業務をしているのか把握することで、自分に合った就職を行いやすくなります。

定期便

工場から倉庫まで輸送するなど、大阪のAー名古屋Bまで運び、名古屋のCー大阪Dまで運ぶというように、毎日同じ配達先へ行って納品するお仕事です。

毎日、同じ道を利用するので「道を覚えるのが苦手だな…」と思っている人でも、同じ道なので迷うこともなく、運転業務に集中することができたり、配送先の人と顔なじみになるため、仕事をするうえで精神的な負担を最小限に抑えることができるメリットがあります。

さらに、休みなどが計算しやすく、予定が立てやすいのもメリットだと思います。

ただし、慣れてしまえば精神的な負担が少なくなる一方で、面白みに欠けることが「定期便」のデメリットのひとつで、もっと色んな所に行きたい。トラック運転手として就職したのであれば、もっといろんな地域に行ってみたいという人には不向きだといえます。

ルート配送

イメージしやすいのは、コンビニなどの店舗を回る配送ですね。

定期便は同じ荷主、積み場所・卸し先もほぼ一緒である一方、ルート配送は、決まったコースを回るとイメージしてくれたら、その違いがわかると思います。おそらく、求人広告を見て、運送会社に問い合わせると同じような回答が返ってくるのではないでしょうか。

1日20件くらいありますが、いつも同じコース・同じ作業なので、知らない道が苦手な人や仕事が覚えにくい人には向いています。しかし、悪天候になると商品が濡れてしまわないように気をつかわなければいけませんし、意外と体力を使うデメリットもあります。

また、昼間に出勤して夜中に仕事が終わることが多く、給料もそこまで高くありません。但し、労働時間も長くなく、休日も取得しやすいのがメリットと言えます。

私がルート配送をするなら、次のことは確認しておきたいです。

① 運ぶ店舗数はどのくらいか?⇒少ない方が楽なことが多い
② 手積み・手卸しはあるのか?⇒手積み・手卸しはハード
③ 積み込み・積み卸しの商品チェックの仕方・内容 ⇒細かいとキツイ
④ コースが固定かローテーションか? ⇒好み

専属便

特定の荷主の専属ドライバーとなって配送する業務です。

専属便は、荷積み先は同じでも、配達先は違う配送になります。例えるなら、大手の某宅配便を取り扱う運送会社であったり、部品などを扱う工場といった感じですね。

専属として業務しているので、荷主が経営危機にならない限りは、安定的に仕事があるので安心です。

ただし、私の過去の経験では、荷主のルールが細かくて、構内での走行や安全確認、汚れなど監視員の目から見て何か問題があった場合、所属している運送会社に連絡し、社長を通じて注意されることがあります。

コンプライアンスやルールにうるさいところもあるので注意が必要です。

チャーター便

荷主がトラック1台と契約して納品先へ配送することをチャーター便といいます。特定の荷主と契約して運ぶので他の荷主の荷物と混載して配送することはありません。

荷主側としては、大量の荷物の運搬をしたい場合、チャーター便の方が安く済みますし、混載と違って荷物もより安全に運べ、納品日時も自由になります。

運転手からしてみれば、貸し切り状態なので、何か所も回る必要がないため、負担は少ないです。

フリー便スポット

臨時的に依頼を受けた輸送になります。
繁忙期などに他が運びきれないお荷物を臨時に運ぶことが多いです。

臨時的なので、配送先や積み荷、時間など依頼内容によって、さまざまなので臨機応変に対応しなければいけない輸送になります。トラック運転手からすると、時間の配分が決まりにくく、”振り回される”イメージがあり、やりにくいですね。

ただ、いろいろな所に行ける、新鮮さがあるから好きというドライバーもたくさんいます^^

5.賃金実態表も参考になる

全日本トラック協会では、トラック運送業界の賃金や労働時間の実態について調査しています。年齢別や職種によってもらえる金額が掲載されているので参考になります。

現在、2019年の実態調査も一部公開されているので、参考にするといいですよ。

⇒全ト協「トラック運送事業の賃金・労働時間等の実態調査」

まとめ

どの輸送がおススメというものはありません。早く帰りたいのか、稼ぎたいのか、〇tのトラックに乗りたいのか…など、自分のライフスタイルや好みに合わせて選択すると入社してから「何かが違う…」と後悔することが少なくなります。

年間15,000円もお得!?トラ ック運転手だからこそ持っておきたいクレジットカード

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

おすすめ記事

  1. 「毎年、事業実績報告書を国に届出しなければいけないが、どのように作成したらいいのかわからない。」「…
  2. 有限会社とか株式会社などの法人であって、役員(代表取締役、取締役、監査役)または代表社員(合資会社)…
  3. 「トラック運転手の連続運転はどのくらい行ってもいいのか?」「休憩などのルールはどのようになっている…
  4. 一般貨物運送事業者には、2年に1回くらいのペースでトラック協会職員(適性化事業実施機関の指導員)が巡…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.