腰痛時のおすすめストレッチと回復後の対処法

手を伸ばしてモノを取ろうとしたとき、とつぜん上半身と腰が離れてしまったような感覚になってしまったことがあります。

あまりに痛くて、うずくまるために前かがみになることすらできない。

ただその場で固まるだけの状態で、少しずつ身体を動かしてその場をしのぎました。

「このままではヤバい!」と慌てて【腰痛を和らげるストレッチ方法】の動画を探したところ、(私自身に)効果のあった方法を見つけましたので、今回、紹介したいと思います。

1.座ったままでできるストレッチ

整体師たっかーさんが紹介しているストレッチ方法。
本当に効果がありました。

ストレッチを何度もしていくと、腰が抜けたような状態が和らいだんです。

藁にもすがる気持ちだったので、この変化にビックリ!

私の場合、まだ腰の右側?に違和感がありましたが、歩けるまで回復しました。

ストレッチをする前日は、1日中、横になっていても回復しなかったのに、まさかストレッチで回復するとは思わなかったので衝撃的でした。

このストレッチは座ったまま行える方法も紹介されているので、トラック運転手や運行管理者さんにはオススメの方法です。

2.腰痛ベルトで腰痛対策

ストレッチをすれば歩ける状態に回復できたのですが、それでも手を伸ばしてモノを取ろうとすると、腰がやられたこともありました。

腰が曲がった状態で座り仕事をしていることが原因だと思いますが、猫背がすでに癖になっていたため、意識して改善しようとしても難しかったんですよね。

そこで、次に腰の回復のために行ったのは、サポートベルトの使用です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0197.jpg

私が利用したのは「柔道整復師が考えた腰ベルト」です。

以前、安価な腰ベルトを購入していたのですが、まったく効果がなく、仕方なく購入したのですが、私にはこのベルトがフィットして腰の痛みがなくなりました。

安定感があるのがいいですね。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0196.jpg

ベルトの中にランバーサポートが入っていて、これが腰に上手くフィットするのですが、私は床に寝たまま使用していますが割れたことはありません。

amazonのコメントには「すぐ割れた」という意見もありますが、Q&Aで…

Q「ランバーサポートがひび割れたので、ランバーサポートだけ購入できないのでしょうか?」
A「個別で発送させて頂きます。料金は一切発生しませんのでご安心ください。」

と書かれていますので、マイナス評価のコメントで指摘している件も改善しているようなので安心できます。

ただ、販売ページには↓のとおり「S/M・L・XL」サイズを自分で選択することになっているので、サイズを間違えて注文しないようにだけは気を付けておきたいところです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_01941.jpg

私は猫背が癖になっていて、腰に悪いと思っていても正しい姿勢を維持することは難しかったです。

腰を痛めやすい運転手は、とくに腰ベルトによるサポートが不可欠なのではないでしょうか。

3.運動不足を解消する

身体を動かさないと血流・リンパが活発に行われず、身体の中の老廃物をうまく流れません。

そうすると腰に老廃物が溜まり、コリ・痛みに繋がってしまいます。

だからといって、せっかく手に入れた休日にわざわざ運動するのは「時間がもったいない。」ですよね。

私もそうです。
自由な時間は遊びたい。

だから、長続きしませんでした。

でも、ダイゴさんの動画を見て「~ながら運動なら時間を無駄にならない」ってわかったんです。

ダイゴさんは読書をしながらステッパーを行っていますが、私は普段しているスマホゲームで行っています。

遊びながら運動できるので長時間することも苦になりません。

トラック運転手は、運動不足も健康起因事故の要因として言われていますよね。腰痛云々の問題ではなく、健康のためにも休日に運動をすることをオススメします。

なお、ダイゴさんが紹介しているのは長時間できるステッパーです。

長時間、使用できることもあって、↓のとおり、かなりお高いですが、一生モノなので長期的な目線で見ると安い品物かもしれません。

私の場合は、運動時間が1時間にも満たないズボラタイプなので、Amazonブランドであるツイストステッパーを購入しました。

腰痛対策のための「運動不足解消」が目的なので、個人的には、これくらいでちょうど良かったです。

ちなみにディスカウントストアなどに、もっと安価なステッパーが販売されていますが、運動時間は15分くらいで限界のものが多く、私も使用していましたがすぐ壊れました汗

(使用していた安価なステッパー)

安物は、値段相応の能力しかないということなんですね。

まとめ!

トラック運転手として、腰痛は頭を悩ませる問題ですよね。

けれど、腰痛対策ストレッチをすれば腰痛が和らぎますし、その後の対策をしていけば腰痛に悩まされることも少なくなることでしょう。

私も腰痛が嫌なので、休みの日は、短時間でも運動しています^^;

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

おすすめ記事

  1. 「毎年、事業実績報告書を国に届出しなければいけないが、どのように作成したらいいのかわからない。」「…
  2. 有限会社とか株式会社などの法人であって、役員(代表取締役、取締役、監査役)または代表社員(合資会社)…
  3. 「トラック運転手の連続運転はどのくらい行ってもいいのか?」「休憩などのルールはどのようになっている…
  4. 一般貨物自動車運送事業の許可を持つトラック運送会社は、約2年に1回のペースでトラック協会職員(適性…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.