トラック運転手を募集しても集まらない!人手不足の問題はどうやって解決する?

どの業界も人手不足に陥っています。その中でも運送会社の人手不足は特にひどいです。

先日、NHKでも「人手不足倒産」が特集されました。とある歴史のある運送会社が人手不足が原因で倒産したのです。あれは他人事ではないですよね。

↓実際の紹介された内容がこちら

「60歳ぐらいまでの方に働いてもらえれば…と募集をかけたが、電話もかかってこない。こんな状況は本当に初めてだったー」

これは、運送会社の元社長の言葉です。この会社は人手不足の影響で、去年8月に破産を申請しました。異変が起きたのはおよそ3年前。退職したドライバーを補充しようとしても応募がぱったりこなくなったといいます。

会社は、景気回復で仕事が増えると見込んでトラックを新型に買い替え、実際、取引先からの発注は増えていきました。その一方で、ドライバーの確保が難しくなって、仕事を受けられない状況に陥っていきました。

運送会社の元社長は「人がいないので仕事が受けたくても受けられない。予定していた仕事をこなすこともできず、売り上げが落ちていった。人がいれば仕事をずっと続けていたし、いろいろと考えていたこともできたと思う。本当に悔しいだけです」と語りました。

(出典元:NHKオンライン)

これを見て、ゾッとしたのは、私だけではないはずです。
運送会社そのものがピンチに陥っています。

1.人材確保が難しい

(国土交通省の資料より)

仕事はある。
けれど人材(運転手)がいない。

実際に、国が公表している貨物自動車運転手の有効求人倍率【計算方法・有効求人倍率(倍)=有効求人数÷有効求職者数】は、2.68倍という強烈な数字をたたきだしています。(平成30年4月現在)

つまり「ぜひ当社で働いて欲しい!」という求人が100人分もあるにもかかわらず、100人どころか約37人しか「就職したい!」というドライバーさんがいないという計算なんです。

地方はかなり厳しい状態

これがいまのトラック業界の実情です。私は地方のトラック運送会社にいますが、地方はもっと悲惨。人材が中央に逃げてしまっているし、運賃も中央よりもひどい状況ですから^^;

だから、大きい運送会社から小さい運送会社まで、どうやって人材確保すればいいのか-最近の会合の話題はそればかり。ほんの少し前は、軽油価格の高騰問題だったのにそれどころではなくなった感じです。

ただ、募集しても人が集まらない。
インターネットの求人広告を載せても上手くいかない。
広告費がかかり、気が付けば車両数も乗務員数も減ってしまう。

まさに、NHKで放映されたようなことが起きています。

2.求人にお金をかける時代になった

NHKでは、この「人材不足倒産」について…

企業間での人材争奪戦がすでに始まっていると言ってました。
だから、たとえ、多額の投資をしても人材確保に動かなければいけないというわけです。

NHKで紹介された話の規模ほどではありませんが、私の知り合いのA社では、運転手を紹介してくれた場合、報奨金を出す-という制度を作ったという話も聞きました。

「なるほど!」と思ったのですが、隣にいた知り合いBは、「ウチもその制度したけれど、すぐに人脈が尽きた。」と言っていました。それほど、皆、頭を抱えているんですね。

いままで運送会社は、求人を出せば、たくさん運転手が集まってきました。だから、人材確保する手段を知りません。なにしろ、求人がうまくいかなくなったのは、ここ数年の話ですから…^^;

3.現在の求人方法

運送会社が運転手を新たに雇い入れようとしたときの主な方法は、

  • インターネットの求人サイト
  • ハローワーク
  • 自社乗務員からの紹介
  • 自社車両に掲載している広告
  • テレビ・ラジオ等CM

ですよね。

高額な広告費をかけて、ありとあらゆる手段を用いている運送会社はたくさんあります。では、電話での問い合わせや面接に来た乗務員に対して【どこの広告】を見て応募してきたのか把握しているでしょうか?おそらく、早く人手が欲しいということで分析を疎かにしているのではないでしょうか?

これからも運送会社の人材不足問題は続きます。

だからこそ、どこで自社の募集を知って応募してきたのか質問し、そして記録保存しておくことが重要になってきます。あわせて、年齢層・性別・経験の有無なども併せて記録に残しているといいですよ。

地域によって効果的な求人方法が異なりますので、分析することで、今後の求人の在り方もガラリと変わるはずですよ。

4.費用は控えめに効果的な戦略を!

運送会社からすれば、費用がかからないハローワークなどに求人をかけ、乗務員が応募してくるのが一番望ましいでしょう。

ですが、無料だからこそ他社も考えるのは同じ。
ライバルが多すぎて、自社の求人は完全に埋もれてしまいます。

さらに同じような文字列が並び、差別化することもできないので、メインの求人としては”弱い”です。

乗務員側の視点に立つ

運送会社は”乗務員確保の競争”に打ち勝つしかありません。

そのためには、まず「求人を探している側の心理」になることからはじめなければいけません。
労働時間が長く、荷待ち時間も長い。

食事中や空いた時間にスマホをよく扱う…となれば、インターネットで求人を探すことになるでしょう。

5.インターネットで求人するなら、検索順位1位の求人サイトに絞る!

トラック運転手が転職を考えたとき、スマホでyahoo!やGoogleなどの検索エンジンで「トラックドライバー 求人」「トラック運転手 転職」などのキーワードで入力するはずです。

そして、検索結果上位のサイトにクリックして、求人を探すはずです。私が転職するのであれば、間違いなくそのようにします。

ちなみに、検索エンジン(グーグル)が発表した、検索順位別クリック率(2017年度実績)のデータを見ると…

1位 :21.12%
2位 :10.65%
3位 : 7.57%

検索順位の上位がほとんどの顧客をさらっていることがわかります。

では、かんじんの検索エンジン上位にはどの広告サイトが、上位に来ていたかというと↓のトラック運送会社の求人広告専門サイトでした。

 

 

6.インターネットで求人するなら、検索順位1位の求人サイトに絞る!

「ドラEVER」のもう一つの強みは、大手求人サイトであるマイナビやリクナビよりも価格がかなり安いということです。

いまなら2か月間無料ですし、↓のイラストを見ても大手よりも3分の1くらいの広告費で済みます。

トラック求人の特化しているということで満足度も高いようで、メディアにも多数紹介されているようです。

7.求人広告の掲載までの流れ

求人広告の掲載はいたって簡単。

HPの一番下に…

というメニューがあるので、そこに問い合わせるだけです。

たとえ、ココじゃなくても、今後、ドライバーの体験談等で、他の求人広告サイトを勧めているのであれば、私は、その求人広告を使えばいいだけだと思います。ドライバーの気持ちになって【どのような流れで転職を行なうか…】を考えながら、求人広告を出すことが大事だと私は思います。

関連記事

コメント

  1. トラックドライバーの仕事したいんだけど仕事がハードな割に給料が安すぎるんだよね。
    割に合わない仕事に人が集まらないのは当たり前で、それを人手不足というのはやめてほしい。

    • 通りすがりの運転手
    • 2018年 6月 25日

    運転手なんて奴隷職は誰もならなくていい。それで国民全てが困ればいいんじゃない?

    • 奴隷達よ立ち上がれ!給料が安い会社は辞めろ
    • 2018年 10月 03日

    人手不足人手不足言ってるけど単なる奴隷不足になっただけなんだよな
    キツい割に給料が安い業界なんだから奴隷不足になって当たり前やん

    • くされドライバー
    • 2018年 11月 22日

    利益を減らして賃金を上げれば良いだけの単純な話し。

    • 30年選手のドライバー
    • 2018年 12月 16日

    自分が免許を取った80年代は、地場で運ぶ物によりツーマンもで40万以上、ワンマンで長距離走れば100万は先輩運転手達は稼いでたね。バブルの崩壊からリーマン、東日本大震災と景気低迷は有ったけど
    この数年、政権が自民党に戻りかなり景気が良くなってると思う。そこにアマゾン絡みの運賃上げが起こり
    業界はヤマトに便乗して運賃を上げた・・・しかし経営者が増えた利益を留保して運転手の賃金は上げ様とはしない。関東圏の大型運転手の給料は地場で30~40万、長距離で45~60万の数字でほぼ平均化してる。日当に換算すると10,000~17,000か?確かに不景気を乗り越える為に手出しはしただろうが、今はそれを
    取り返して尚且つ利益が上がってるはずだ。どこぞのTVに出てた運送屋みたくフェラーリを従業員にレンタルしたり、リゾートマンションを使い放題とか見るとどんだけ儲かってるの?だよね。そしてそれは仕事のレベルの高い日本の運転手だからやってられる。でもその運転手を使い潰してる事に気付かない。顧客にはサービス維持の為に運賃を上げ、運転手にはそれを還元しない。そんなダークな運送業界は一度リセットした方が良いと思う。そうねー今取り沙汰されてる外国人労働者で運転手不足解消の為に導入して見れば良いでしょ。日本人の運転手の優秀さとありがたさが分かると思うよ、運送業経営者の皆さん!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

おすすめ記事

  1. 「そもそも、事業実績報告書って何?」と思っている事業所もあると思います。 簡単に言えば【事業実…
  2. 有限会社とか株式会社などの法人であって、役員(代表取締役、取締役、監査役)または代表社員(合資会社)…
  3. トラックの連続運転の時間はどのくらい? その後、休憩はどのくらい取ればいいの? このような…
  4. 一般貨物運送事業者には、2年に1回くらいのペースでトラック協会職員(適性化事業実施機関の指導員)が巡…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.