長距離輸送をすることになったとき、中間点呼はどのようなタイミングで行えばいいのか迷いました。乗務前点呼と乗務後点呼はイメージしやすいですが、中間点呼は長距離輸送でない限り、しないのでピンッと来なかったんですね。

 

ホントは正式なタイミングがあるのではないか?ひょっとしたら、運転開始から○時間後にしなければいけないといったルールがあるのではないか?

 

乗務員に合わせて行っていたので、真面目に考えるとかなり不安になってしまったんですね。いまは、どのようにしたらいいのか、行政に聞いたので理解しているのですが、きっと私と同じ疑問を持っている人もいるのでは?と思い記事にすることにしました。参考にしてくれたら、嬉しいです。

Sponsored link

1.中間点呼に何か基準はあるの?

長距離輸送などの遠隔地に行くとき、乗務前点呼・乗務後点呼をしますが、そのときは休息前後で実施するのが基本になっていますよね。

 

かんたんにまとめると…

乗務前点呼 ⇒ 休憩を取った後の「いまから乗務しようとする前」に実施。

乗務後点呼 ⇒ 休憩を取る前の「乗務を終了した後」に実施。

ですよね。

 

では、中間点呼は何か基準があるのでしょうか?
中間点呼の仕方を見ると…

 

長距離運行等により乗務前点呼・乗務後点呼のいずれも対面点呼を執行することができない場合(2泊3日以上の運行の場合)は、乗務の途中で少なくとも1回電話(又はその他の方法)により【中間点呼】を実施しなければならない。

 

このように、【乗務の途中で少なくとも1回電話(又はその他の方法)】というようにハッキリ言って細かい基準はありません。簡単に言えば、乗務前点呼と乗務後点呼の間。つまり、中間点呼は、乗務前点呼と乗務後点呼の間ならいつでも実施してもいい―というわけなんですね。

Sponsored link

2.運行の中間で中間点呼を行うと◎

だからと言って、乗務前点呼が終わった後にすぐ中間点呼をするのはダメ。もしも、朝-夜の運行であれば、お昼ご飯休憩前に中間点呼を取るとイイです。

 

なお、面倒くさいから中間点呼をテキトーに書けばいいと思っている人もいますが、すぐバレます。特に運行記録計(アナログ式・デジタル式)を装着している車両は、運行記録と点呼簿を照らし合わせて、矛盾がないかチェックされてしまいます。

 

そのため、運行中に中間点呼していると、最悪の場合、点呼記録簿の偽造ということで、重い行政処分になってしまうこともあるのです。昼食前に中間点呼をしたのであれば、その時間を点呼記録簿に記載することが大事なんですね。

 

まとめ!

飲酒運転や重大事故があったときなど、真っ先に見られるのが点呼記録簿や運転日報です。だからこそ、管理はキチンとしておかなければいけません。また、安易な偽造はすぐにバレてしまい、かえって大きな行政処分を受けることになるので注意しましょう。

Sponsored link