意外と知られていない?1日の運転時間の限度はどのくらい?

あなたは事業用自動車に乗務する乗務員の1日の運転時間の限界は何時間か知っていますか?

改善基準告示は、運送会社にとって遵守すべき法律なので、荷主からの無理な依頼を受けて業務を行ったとしても、頭の片隅にかならず「拘束時間や運転時間は大丈夫か…」思い浮かべるはずです。

改善基準告示違反は、重大事故が起きたときに処分日車数に直接、影響するだけでなく、最悪の場合、30日の事業停止処分になるので仕方ないことかもしれません。…にもかかわらず「1日の運転時間の限界は?」と聞いても、ピンッと来ないのは、改善基準告示などに1日の運転時間の限界は〇〇時間と明確に書いてないからです。

言い換えれば、運転時間は1日だけで考えるモノではないため、記載されていないのですが、今回は、あえて1日の運転時間の限界について書いていきたいと思います。

Sponsored link

1.運転時間の限界は〇〇時間だった!

ここでは、あえて【1日だけ限定】して運転時間を見ることにしてみましょう。

まずは答えから言ってしまえば、1日の運転時間の限界は「14時間30分」ということになります。

なぜ、「14時間30分」という数字が出てきたのかについてですが、意外と簡単な計算からきています。

まず、1 日の拘束時間は最大で16時間までと決められていますよね。
そして、運転時間 4時間に対して、かならず30分以上の非運転時間が必要になります。

このふたつの条件を組み合わせると…↓のイラストのようになります。

つまり、表のように4時間の運転後、30分のその他作業を行えるのは、拘束時間の都合上、計3回まで。これで合計13時間30分になります。そして、4回目の運行できる時間は、16時間ー13時間30分=2時間30分までということになります。

運転時間4h×3回+運転時間2.5h=運転時間・計14.5h

そう、この計算のとおり、1日の最大運転時間は14時間30分ということになるんですね。

補足:連続運転時間について

連続運転時間が 4 時間まで…の制限は、高速道路でも一般道路でも変わりません。ただ、人間の体には限界がありますので、目や体の疲れなどを考えると、早めに運転を区切るようにすることが望ましいです。

2.長時間の運転時間には大きな壁がある!

1日の運転時間は確かに14時間30分が最大です。
しかし、あくまでも1日だけ限定して見た場合のお話です。

じっさいには、人間の能力上、14時間30分の運転をするのは非現実的です。
無謀な運転をしないようにするため、法律もかなりの制約をつけています。その内容とは…

① 2日平均して1日あたり運転時間9時間まで
② 2週間平均して1週あたり運転時間44時間まで
③ 連続運転は4時間まで

などがあります。

これらの法律を遵守しながら、運転時間を設定しなければいけないので、毎日、運転をしなければいけない乗務員に対して14時間30分の運転は現実的ではないのです。逆にいえば、①~③の条件を遵守すれば、最大14時間30分間、運転することは可能ということにもなるんですね。

3.運転時間の制限① 2日(始業時間から48時間)平均して1日あたり運転時間9時間まで

2日平均して1日あたりの運転時間9時間まで…というのは、運行した記録簿を見たとき、「この日だ!」と特定日を選んだら、その前後の日付も併せて3日間ピックアップすると考えてください。

たとえば、今回は4月2日を中心に見るとして、特定日を4月2日に指定しましょう。そうすると…

4月2日の前後の4月1日と4月3日も一緒に見るといった具合です。

そして、2日平均を見なくてはいけないので、↑のイラストのとおり

① 特定日(4月2日)と特定日前日(4月1日)の運転時間の2日平均
② 特定日(4月2日)と特定日前日(4月1日)の運転時間の2日平均

この①、②の2パターンのチェックをしなくてはいけないことになるのです。

ちなみに、参考書に書かれている正式な計算式は…

↑の式ですね。

例に当てはめると、① 4月1日の運転時間+4月2日の運転時間÷2、② 4月2日の運転時間+4月3日の運転時間÷2 になります。

この①と②が両方とも…そう!「両方」とも9時間を超える運行(9時間はOK)をしていたら法令違反ということになります。

では、運管試験でよく出てくる図を見てみましょう。

なぜ、〇と×になっているのか、その理由を考えてみましょう。もう解けますよね。

それでは、答え合わせです。

上から順番に…

1.片方の平均(特定日の前日と特定日)が9時間を超えていないためOK。
2.前日、翌日の平均とも9時間を超えているため、×
3.前日、翌日の平均とも9時間なのでギリギリセーフ。

いかがだったでしょうか?

よく間違えやすいのは「2日平均で1日9時間まで」なのですが、2日平均で1日9時間だった場合、OKなのかNGなのか迷う人が多いですが9時間はOK。9時間1分はNGと覚えておいてください。

Sponsored link

4.運転時間の制限② 1週間の運転時間は、2週間ごとの平均で44時間以内

1日あたりの運転時間はややこしくわかりにくい点がありましたが、1週間の運転時間については先ほどと違ってすごく単純です。

まずは、さきほどと同じように、とある1日を指定します。そして、そこから2週間の運転時間を見て、1週平均44時間以内であればOKということになります。あくまで2週間を見て1週平均44時間以内なので、とある1週間44時間を超えても、次の週で調整すればOKということになります。

これも、不規則な業務が多い運送会社ならではですね。

あまり深く考える必要はありません。
単純に2週間見て、その平均が44時間を超えてたらアウトということになるのです。

↑のイラストの〇×について解説すると…

〇のところは、1週間平均で44時間以内。
×は44時間を超えているので違反ということになります。

5.運転時間の制限③ 連続運転は4時間以内

運送会社の中には、4時間運転したら30分の休憩等が必要と考えている人もいますが、若干異なります。

連続運転時間については4時間半をひとつの枠で考えたほうが早いです。つまり、4時間半の枠の中で運転できる時間は最大4時間。別の言い方をすれば運転以外の業務または休憩30分以上必要ということになります。

なお、運転以外の業務(または休憩)の30分は1回10分以上で分割することができますので、覚えておいたほうが得をしますよ^^

まとめ!

面白半分で記事を作成していたら、なんだか運行管理者試験を受験する人のための記事になってしまいました^^;

ただ、2日平均の運転時間などは、じっさいに特別巡回指導や行政監査などでみられる項目なので、しっかりと管理しておいたほうがいいですね。

【運輸業専門の行政書士・一覧】
>九州地区(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄)



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 39歳以下のトラック運転手なら欲しい!年齢限定のおすすめクレジットカードとは?

おすすめ記事

  1. 「そもそも、事業実績報告書って何?」と思っている事業所もあると思います。 簡単に言えば【事業実…
  2. 有限会社とか株式会社などの法人であって、役員(代表取締役、取締役、監査役)または代表社員(合資会社)…
  3. トラックの連続運転の時間はどのくらい? その後、休憩はどのくらい取ればいいの? このような…
  4. 一般貨物運送事業者には、2年に1回くらいのペースでトラック協会職員(適性化事業実施機関の指導員)が巡…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.