いま運送業で頭を悩ます問題のひとつが人員の確保。うちの会社もドライバーさんの平均年齢がかなり高くなってしまいました。

 

この前も、ある運送会社の方とお話ししていたのですが、若い新人が入ったと言っていたので年齢を聞いてみたら、なんと40代。いまや若い運転者の感覚が40代になるほど高齢化が進んでいるんですよね。

 

また別の知り合いが務めている運送会社では、再雇用制度でなんとか運転手をキープしている状態らしいです。

 

さて、深刻化するドライバー不足に陥っている運送業界ですが、緑ナンバーのトラックに乗務させる運転手は正社員しか乗れないのでしょうか?今回、乗務員問題が深刻化しているのでまとめることにしてみました。

Sponsored link

1.派遣社員や出向社員、アルバイトでも運転できる

39a948aec529eb9236a05b906d36a21e_s

じつは、派遣社員や出向社員、アルバイトでも運転させることができます。派遣社員や出向社員は、想定出来た人も多いと思いますが「アルバイトもできるの?」 と驚かれた人も多いんじゃないでしょうか。

 

緑ナンバーのトラックに乗れる人は、じつは、そんなに条件は多くないんです。
法律の内容を見てみましょう。

運転者として常時選任できないもの
①日々雇入れられるもの
②2月以内の機関を定めて使用されるもの
③試みの試用期間中のもの(14日を超えて引き続き使用されるにいたったものを除く)

このように書かれています。

 

つまり、この条件さえクリアすれば、トラック運転手として運転させてもいいというわけなんですね。

2.労働条件通知書の作成を忘れずに

私の会社では、「労働条件通知書で2ヶ月以上雇用します。」と記述をすることで、きちんと事業法の条件をクリアすることができました。

 

アルバイトや契約社員の場合、巡回指導や局の監査などでヒアリングを受けるかもしれませんが、労働条件通知書を見せれば、問題ないですよ。

労働契約時の明示義務
労働基準法は、労働者の雇入れに際し、使用者は労働条件を書面により明示すべきことを義務づけています。
(労働基準法第15条)

様式は、トラック協会などからダウンロードすればいいと思います。私が探したところ、「佐賀県トラック協会」で発見しました。

>労働条件通知書をダウンロード(佐賀県トラック協会)

Sponsored link

3.日雇い労働者に乗務させたときの処分が重くなった

平成25年に自動車運送事業者に対する監査方針・行政処分等が改正され【点呼簿がない・運行管理者・整備管理者がいない・定期点検をしていない】場合、事業停止30日になるということは知っている方も多いのではないでしょうか?

 

北海道の事業者が処分されたのは、記憶に新しいですよね。

 

でも、それだけではありません。じつは、国土交通省は、ちゃっかりと「日雇い運転者の選任禁止違反」の処分量定を引き上げています。人材不足の中、運転手の確保は頭を悩ませるところですが、だからこそ、選任運転者には気をつけたいところですね。

Sponsored link