トラック運送事業の運転日報の書き方がわかる!エクセルテンプレートなど徹底解説!

運行内容を把握するため、運転日報を記録しなければいけませんが、様式については、特に決められていません。つまり、法律で決められた項目さえ様式に盛り込めば、自社のPCで作成したものでOKです。

しかし、イチから作成するには労力がかかりすぎます。

そこで、役に立つのがトラック協会が公開している様式です。これらの様式は、法律上、必要な項目を満たしていることはもちろんのこと、excelなどで公開しているので、あとは自社の業務内容に合わせて加工することもできます。

今回は、一般貨物運送事業に役立つ【運転日報の書き方】とおすすめの様式について紹介していきたいと思います。

Sponsored link

1.運転日報に記載しなければいけない項目とは?

各県トラック協会で公開している運転日報を見ると様式は、すべて同じというわけではありません。それぞれデザインが異なり、特徴もそれぞれです。

そのため、どの様式が正しいのか?どれを使用すればいいのか分からなくなると思いますが、どの県の様式を使用しても問題ありません。

トラック協会の様式であれば、どれも次の①~⑧の項目をすべて満たしているので、あとは「このテンプレートは使いやすそうだな。」と思ったものを選べばいいだけなのです。

ちなみに、運転日報に必要な項目は次のとおりになります。

【運転日報に必要な項目一覧】
①運転者の氏名
②乗務した事業用自動車の自動車登録番号、その他の当該事業用自動車を識別できる表示(事業者が定めた当該事業用自動車の車番または車号等)
③乗務の開始及び修了の地点及び日時、主な経過地点及び乗務した距離
④運転を交替した場合、その地点及びその日時
⑤休憩又は睡眠をした場合、その地点及び日時(10分未満の休憩についてはその記録の省略可)
⑥車両総重量8トン以上または最大積載量5トン以上の車両に乗務した場合
(イ)貨物の重量または貨物の個数、貨物の荷台等への積載状況等を記録する
(ロ)荷主の都合により集荷又は配達を行った地点(集貨地点等)で30分以上待機した場合に次の事項を記録する。
 (1)集荷地点等
 (2)荷主から指定された到着日時
 (3)実際の到着日時
 (4)集貨地点等での荷積み又は荷卸しの開始及び終了日時
 (5)集貨地点等で附帯業務を行った場合は、その開始及び修了の日時
 (6)集荷地点等からの出発日時
(ハ)集荷地点等で積込み若しくは取卸し又は付帯業務(以下「荷役作業」という)を実施した場合は以下を記載(荷主との契約書に実施した荷役作業の全てが明記されている場合にあっては、当該荷役作業等に要した時間が1時間以上の場合に限る。)
 (1)集荷地点等
 (2)荷役作業等の内容並びに開始及び終了の日時
 (3)荷主が(1)及び(2)に掲げる事項について確認した場合にあってはその旨
 (4)(1)及び(2)の掲げる事項について荷主の確認が得られなかった場合にあってはその旨

⑦自動車事故報告規則第2条に規定する事故又は著しい運行の遅延、その他の異常な状態が発生した場合にあっては、その概要及び原因

⑧運行途中に中間点呼が必要な乗務に変更となった場合、運行管理者が新たに作成した運行指示書及びこれによる指示の内容(運行の経路並びに主な経過地、休憩地点における発車及び到着の日時等)

2.各県トラック協会の運転日報の様式とおすすめ度

トラック協会のHPを見てみると、エクセル・PDFを公開している県もあれば、窓口販売のみで公開していないところもあります。

今回は、HPで公開している県ト協の運転日報を見ながら、独断と偏見(?)で、その特徴について紹介していきます。

(1)長野県トラック協会

URL⇒http://www.naganota.or.jp/tekiseika/chohyorui.html

(おすすめ度)
通常版  ★★★
チャート紙貼付版 ★★★★★

【通常版の感想】

1運行分(144時間以内)を1枚の紙でまとめられるよう工夫がされています。そのため、長距離輸送を頻繁に行う運送会社にとって、1運行を1枚でまとめられるので嬉しい仕様といえるのではないでしょうか。また、裏面を見ると、線引きができる欄があるので、運行記録計の装着が対象外の車両でも使用できます。

ただ、法律で定められた項目以外の内容もたくさん盛り込んでいるため、はじめて使用する運送会社や乗務員にとって使いにくいテンプレートになっています。

【チャート紙貼付版の感想】

指定の様式にチャート紙に貼付するタイプの珍しい運転日報。誰もが知っている某大手運送会社さんもアナログタコグラフを使用していた時代、この様式に近い方法で管理していました。裏面に日常点検記録簿を印刷すると、より使いやすそうですね^^

(2)愛知県トラック協会

URL⇒https://ssl.aitokyo.jp/proper/download/

(おすすめ度)
通常版  ★★★★
荷待ち時間等記載版 ★★★★★
荷待ち時間等+チャート紙貼付欄あり★★★★★

【通常版の感想】

シンプルイズベスト。
とてもコンパクトにまとめられています。

出庫・帰庫の時間を書く欄。休憩時間と地点を書く欄などが設けてあり、運行記録計の装着が対象外の車両でも線引きなしで、必要事項さえ書けば問題ないように作られているのはレベルが高いと思います。

ただ、線引きを好む運送会社や乗務員もいるので、選択肢のひとつとして裏面に「線引き欄」を残してもよかったのではないかなぁ…と感じています。

【荷待ち時間、荷役作業等記載版】

最大積載量5t以上、車両総重量8t以上の車両については、荷主都合で30分以上、荷待ち時間が発生する場合や荷役作業等が発生した場合は、運転日報に記載しなければいけませんよね?

ただ、それらの記載方法はとても大変で、運転日報とは別に全ト協が公開している様式を用いて書かなければいけませんでした。

けれど、愛知県トラック協会の運転日報は、荷待ち時間の記載と運転日報を一体化させているスグレモノ。本当によく考えられています。

(3)群馬県トラック協会

URL⇒http://www.gta.or.jp/tekisei/download.html

(おすすめ度)
通常版  ★★★★
チャート紙貼付版 ★★★★★

【通常版の感想】

荷待ち時間が記載できる。
とてもシンプルでデザインも秀逸。

ただ、30分以上荷主都合による荷待ち時間が発生しない事業所にとっては、使わないスペースが多くなってしまうため、荷待ちなし専用の運転日報も公開してくれていたら良かったのに…と思いました。

【チャート紙貼付版 】

愛知県トラック協会と同じ荷主都合による30分以上の荷待ち時間の記載に対応した記録用紙。デザインもよく記載しやすいです。

(4)東京都トラック協会

URL⇒http://www.ttaota.com/web3/info/tyohyo-sample.html

(おすすめ度)
通常版  ★★★

【通常版の感想】

シンプルで使いやすい感あり。

ただ「乗務開始地点」と「乗務終了地点」欄が空欄になっていて、遠方地でも対応できるようになっているのですが、主な経過地点の欄を見ると「車庫~車庫」になっています。これでは長距離輸送の2日目以降、第3者が運転日報を見たとき、混乱するのでは?と思いました^^;

Sponsored link

3.荷主都合による30分以上の荷待ち時間を書く様式

「荷主都合による30分以上の荷待ち時間記録義務付け」専用の様式については、全日本トラック協会がすでに作成し、公開しています。山口県トラック協会がまとめていますので、参考にしてみてはいかがでしょうか?

⇒山口県トラック協会

4.保存期間

1年間保存になります。

まとめ!

トラック協会が公開されている運転日報(PDFエクセルテンプレート)も個性があって面白いですね。市販のものとはデザインがかなり違いますが「使いやすい!」と思った運転日報を使用するのがいいのではないでしょうか?

Sponsored link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 39歳以下のトラック運転手なら欲しい!年齢限定のおすすめクレジットカードとは?

おすすめ記事

  1. 運送会社の事務を担当している人「毎年、事業実績報告書を国に届出しなければいけないが、どのように作成…
  2. 有限会社とか株式会社などの法人であって、役員(代表取締役、取締役、監査役)または代表社員(合資会社)…
  3. トラックの連続運転の時間はどのくらい? その後、休憩はどのくらい取ればいいの? このような…
  4. 一般貨物運送事業者には、2年に1回くらいのペースでトラック協会職員(適性化事業実施機関の指導員)が巡…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.