すでに乗務員として選任されている人を他の営業所の乗務員として選任することができるの?

運送業界は、乗務員不足で困っていますよね。だから、少しでも解消するために臨機応変に業務をこなしていかなければいけないのですが、だからといって法令違反をしてしまっては意味がありません。

…なので、法令順守しながら、かつ少しでも効率的に行えるヒントを当ブログから発信できれば…と思っています。

今回も、次のような質問をいただきました。

A営業所に所属する乗務員がB営業所所属のトラックに乗務することは可能ですか?
又、可能な場合は点呼はABどちらの営業所で行いますか?

この悩みを持っている事業所は多いのではないでしょうか?
そこで、記事としてまとめましたので参考にしてくださいね。

Sponsored link

1.A営業所・B営業所兼務の乗務員として働くことができるの?

A営業所・B営業所、それぞれの営業所所属のドライバーとして、トラックに乗務することができるのでしょうか?

じつは、この複数の営業所を兼務して乗務している運転手。けっこういます。
つまり、A営業所とB営業所。それぞれ兼務することができるというわけなんですね。

ただし、条件があります。

まずはAとBの双方の営業所に「運転者台帳」を備えつけること。

そして、それに合わせて健康状態を把握するために健康診断の受診結果等のコピーを各営業所に備え付けていたほうが望ましいです。(望ましいという表現にしたのは、健康診断の受診結果の備え付けは、法律上、事業所ごとではなく事業者が5年保存のためです)

また、教育の実施や労働時間等が違反にならないためにも、A営業所とB営業所で連絡を密に取れるようなルールづくりをしておいたほうがいいです。行政監査のとき「A営業所(B営業所)でしていると思ていた。」という勘違いが起き、「じつはしていなかった…。」ということがないために…ね。

そして、A営業所・B営業所双方で教育記録簿を保管しておくといいですよ。

Sponsored link

2.点呼はABどちらの営業所で行うの?

さて、AとBのそれぞれの営業所の乗務員として選任された場合、点呼はどのように行えばいいのでしょうか?

じつは、A営業所・B営業所それぞれ、どの車両を使用するか国に届け出を行っています。そのため、車両の移動が行われた場合は、同じ県内であれば【配置転換】、他県に移動する場合は【増減車の届出】をする決まりがあるんですね。

そのため、

A営業所…「広島100あ1234」
B営業所…「広島100あ5678」

このように運輸支局に営業所ごとに車両を登録している状態になっていると思います。

さて、話を元に戻します。

もしも、A営業所・B営業所に所属している乗務員がいたとします。

彼がA営業所にある「広島100あ1234」のトラックに乗るのであれば、A営業所の運行管理者から点呼を受けることになり、B営業所にある「広島100あ5678」に乗るのであれば、B営業所の運行管理者から点呼を受けることになります。

日常点検の運行の可否も同じですね。

それぞれ車両に合わせて、その営業所の整備管理者から運行の可否を得ることになります。

3.営業所が離れていると難しい

(出典元:全ト協HP)

A営業所とB営業所それぞれに「Aさん」という乗務員を所属させることができますが、彼がA営業所の車両を運転するのであれば、A営業所(もしくはA営業所認可の車庫)で点呼執行しなければいけませんでしたよね。

けれど、もしも

A営業所が鹿児島県。
B営業所が東京都

…にあった場合、かなり離れていることになります。

このように離れ過ぎている場合、彼をそれぞれの営業所に所属させるのは、現実的ではありません。…ですが、上のイラストのとおり、事業所内の中継輸送などで、ドライバーAさんがA営業所とB営業所の車両を使用している運送会社はあります。

その場合は、運転者台帳や教育記録、健康診断等のほか、点呼簿・日報も共有する必要があります。

4.法人が異なるグループ会社の場合はどうしたらいいの?

今回、質問を受けたのは、あくまでも同じ運送会社のA営業所とB営業所でのお話でした。では、法人が異なる場合(グループ会社等)、A運送とB運送で兼務することはできないのでしょうか?

答えは「できません」です。

ただし、例外があります。
それは、その乗務員を出向という扱いにするということです。

じつは、この出向については、時間があるときにじっくり記載しようと思っていたのですが、今回は簡潔に書きますね。

出向というのは、A会社→B会社に出向という話は聞いたことはあるかと思います。出向するとずっとその出向先で働かなければいけないと思ってしまいがちですが、そのようなことはありません。

日・月・火 → A運送
水・木・金 → B運送

というように、曜日ごとで出向させたり、させなかったり…ということも可能なんですね。

もし、この方法を使うのであれば、会社が行いたい方法を労働基準監督署と相談しながら行ったほうがいいです。私の知り合いは、A運送とB運送が同じ建物内にあるため、この方法を用いていました。参考になれば幸いです^^

まとめ!

営業所ごとに運転者を配置しなければいけませんが、営業所が近くであれば、この裏技を使えばうまく乗務員を配置することもできるでしょう。

【運輸業専門の行政書士・一覧】
>九州地区(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄)



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

おすすめ記事

  1. 「そもそも、事業実績報告書って何?」と思っている事業所もあると思います。 簡単に言えば【事業実…
  2. 有限会社とか株式会社などの法人であって、役員(代表取締役、取締役、監査役)または代表社員(合資会社)…
  3. トラックの連続運転の時間はどのくらい? その後、休憩はどのくらい取ればいいの? このような…
  4. 一般貨物運送事業者には、2年に1回くらいのペースでトラック協会職員(適性化事業実施機関の指導員)が巡…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.