1日に2回勤務があった場合の取り扱いはどうしたらいいの?

私がブログを書くとき「タイトルにはパッと見てわかりやすい内容に…」ということをいつも心掛けているつもりなのですが、今回は、かなり迷いました。たぶん、いまのタイトルでもうまく伝わらないと思います。こういうとき、もっと表現力があればいいのになぁ…と思ってしまいます。

 

では、本当はどのようなことが言いたかったのかというと、次のようなケースの取り扱いです。

2:00~5:00 乗務(1回目の運行)
5:00~13:00 休息(8h労働)13:00~18:00 乗務(2回目の運行)
18:00~ 休息

このように1回目の運行後、休息8時間を取得。
同日の夕方、すぐに次の運行が始まる内容はどのように取り扱えばいいか…といったものですね。

 

本来、休息8時間を取得すると勤務終了し、休息後から次の日の勤務が始まるのが普通なのですが、今回のように、1日の中に8時間の休息があり、次の運行が始まってしまった場合、どのような取り扱いになるのでしょうか?

1.1日に2回勤務があった場合 パターン①

1日の途中で8時間の休息がありますよね?

今回の例では、24時間内で休息を挟んで2つの運行が存在します。そのため、1日だけど「2日勤務扱い?」と思っている方もいるかもしれません。

 

通常、トラック運送業界の1日というものは、サラリーマンと違って1日は0時から24時という枠組みではありません。「トラック運転者の労働時間等の改善基準のポイント」によると「1日は始業時刻から起算して24時間」という扱いになっています。

 

つまり、今回の例では、出勤簿上では、間に8時間の休息があったとしても「1日扱い」というわけなんですね。

 

では、点呼記録簿はどのような扱いになるのでしょうか?

 

点呼執行は、休息前後で点呼執行しなければいけないので、1日のうちに乗務前、乗務後点呼(中間点呼が必要な場合は、中間点呼も)を2セット行う必要があるーつまり、点呼記録簿でいえば、1人で2行使用するということになるんですね。

2.1日に2回勤務があった場合 パターン②

では、続いて、次のような場合は、どのような取り扱いになるのでしょうか?

(7月3日)
2:00~8:00 乗務(1回目の運行)
8:00~16:00 休息(8h労働)
16:00~(翌7月4日)7:00 乗務(2回目の運行)
7:00~ 休息

この運行内容を見ると、始業時間は早朝2:00になっています。途中8時間の休息を取った後、2回目の運行を行っているのですが…さきほどと違って、始業時間である早朝2:00から24時間を過ぎても運行が続いています。(7月4日の2:00~7:00)

 

また、2回目の運行についてですが、通常であれば「日付をまたいだ勤務の場合は両日出勤扱いになるの?」でも紹介しているように、日付をまたいだ勤務の場合、始業時刻の属する日の労働として扱われるはずです。

 

7月4日の2:00~7:00の取り扱いはどのようになってしまうのでしょうか?

出勤簿の取り扱いは?

まず出勤簿の取り扱いについては、労働基準監督署の判断によれば、印鑑の押し方は「任意」になるそうです。つまり、サンプルの内容をもとにお話しさせていただくと、出勤簿7月3日のみの押印でもいいし、7月3日、7月4日どちらとも押印してもいいとのことでした。

どの地点で新しい勤務とみなされる?

次に1日の考え方ですが、改訂4版 自動車運転者労務改善基準の解説にその答えがありました。

改善基準告示における休息期間の役割は、勤務と勤務を区別するところにも、その意味があり、勤務と次の勤務の間に一定の長さ以上の休息期間を置くことによって、前の勤務と後ろの勤務を切り離すことにしているものである。
すなわち、継続8時間以上の休息期間が与えられれば、その直後の勤務は新しい1日の勤務の始まりになるということである。

つまり、サンプルを例に話をすると、
7月3日は、休息時間8時間後にもうひとつの始業時間16時~が発生することになります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

  1. 平成23年5月1日付の輸送安全規則の改正で点呼記録簿に「アルコール検知器の使用の有無」と「酒気帯びの…
  2. トラックの連続運転の時間はどのくらい? その後、休憩はどのくらい取ればいいの? このような…
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.