他営業所の運行管理者補助者になれるの?

A運送(株)本社営業所にて、運行管理者に選任されている田中さん(仮称)。

 

あるとき、社長からこのように言われました。

 

「わが社(A運送(株))のB営業所の人手が足りないんだ。点呼執行するにも、運行管理者ひとりでは対応できない。補助者として頑張って欲しいのだが…。」

 

田中さんはOKを出そうとしましたが、ふとこれって法律上、問題がないのか気になったそうです。今回、このような問い合わせのメールが届きましたので、紹介していきますね。

Sponsored link

 

運行管理者の補助者の選任要件は意外と厳しかった!?

95e5bc651e31f5f5cbde7c08a2663847_s

 

今回、田中さんの疑問を解消してくれるのが「通達 貨物自動車運送事業輸送安全規則の解釈及び運用について」に記載されています。ちょっと覗いてみましょう^^

 

通達 貨物自動車運送事業輸送安全規則の解釈及び運用について

 

(第18条)

…なお、本条の趣旨からして、運行管理者は他の営業所の運行管理者又は、第3項に規定する補助者を兼務することはできない。ただし、本通達第7条1(5)、1(6)及び、1(7)により他の営業所の点呼を行う場合は、運行管理者の業務に該当しない。

 

ちなみに、本通達第7条1(5)、1(6)及び、1(7)とは何かというと、Gマーク認定営業所にてのみ実施できる「IT点呼」「他営業所点呼」「グループ企業間点呼」のことを指しているので、特例を除いては、兼務は無理よ。となっています。

 

うーん…。

きちんと資格を持っているから問題ないと思ったんですけどねー。

 

ちなみに、整備管理者は本社営業所で選任されていたとしても、他のA営業所で補助者として選任するのはアリ。運行管理者と整備管理者では、異なるようです。

Sponsored link

田中さんが運行管理者に選任されてなかったら…?

では、仮に田中さんが本社営業所で運行管理者に選任されてなくて「B営業所の補助者になってくれ!」と言われた場合はどうなるのでしょうか?

 

または、田中さんが本社営業所の運行管理者の補助者に選任されていた場合、B営業所の補助者に選任することはできるのでしょうか?

 

じつは、運行管理者に選任されてなければ、同一事業者の他の営業所補助者になることができるんです。

 

例:

(本社営業所所属 田中さん)

・本社営業所 補助者 OK

・B営業所 補助者 OK

 

ただし、この場合、各営業所において、運行管理業務が適切にできるよう運行管理規程に規定しておくことが求められるので、気をつけてくださいね。

Sponsored link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

  1. 平成23年5月1日付の輸送安全規則の改正で点呼記録簿に「アルコール検知器の使用の有無」と「酒気帯びの…
  2. トラックの連続運転の時間はどのくらい? その後、休憩はどのくらい取ればいいの? このような…
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.