休日は時間単位で算出できる?できない?どっち?

今回、当ブログに休日に関する質問コメントが次の通りありました。

(質問内容)
一般的に【休息時間8時間+24時間=32時間】が休日1日として捉えられていると思います。

では、32時間以上の労働になった場合、たとえば、32時間+12時間の計44時間労働したとき、休日は1.5日と捉えても問題ないのでしょうか?実際、週末において、乗務終了後から、次の乗務まで54時間の空きがあります。この場合、乗務員へ与えるべき休日は1日、1.5日、2日のいずれとなるでしょうか?

簡単にまとめますと、休日は【8時間+24時間=32時間(分割の場合は30時間以上)】と言われているけど、仮に32時間以上、休息時間があった場合、休日はどのような扱いになるか…についてです。

運送業の休日は週1日が多く、基本、休みが少ないので、あまり気にしたことはありませんでした。けれど、変則的な仕事内容になると休息時間が32時間以上になることもあります。

このようなとき、休日はどのような扱いになるのか?
せっかくの機会ですので一緒に考えてみましょう。

Sponsored link

1.知っているようで知らない休日のルール

『32時間+12時間=休日1.5日と捉えても問題ないのでしょうか?』

休日ではありませんが、有給休暇には「1日」ではなく「半休」のお休みを取得できるルールがありますよね?さらに労使協定を結べば、時間単位で有給休暇を与えることができます。

だから、休日にも1.5日や時間単位で与える方法があるのではないかという疑問を持つのは当然のことです。

とくに最近は、労働基準監督署の臨検が激しくなってきたし、乗務員不足に悩まされているため、できれば、「休日を効率よく計算したい。」という心理が働きますよね。ですが、ふと休日のことを考えてみると、あまりルールを知らないことに気が付かされるのではないでしょうか?

休日のルールを知らないばかりに行政監査で損をする可能性があるので、いまいちど確認しておきたいところです。

2.通常、休日は32時間以上必要!

まず、1日の休日の考え方はどのようなものになっているのか、まとめておきます。

休日=休息期間+24時間(ただし、30時間を下回ってはいけない)

このようになっています。

つまり、通常の運行をしている場合の休日は、8時間+24時間=32時間なので、32時間以上の自由時間確保が必要になるという考え方になります。

では、なぜ最低でも30時間以上という条件が設けられているのかというと、それは特例措置があるからです。たとえば「分割休息」「ふたり乗務」「フェリー乗務」を使用したとき、休息時間+24時間が30時間を下回ることがあるからなんですね。

ただ、特例を使った運行をしているのは、ごく一部の運送会社のみ。
なので、ふつうの運送会社は休日を考えるとき32時間以上必要だと記憶しておけばOKです。

3.二日目の休日はどのくらいの時間が必要?

1日目の休日が通常32時間以上必要だということがわかりました。
では、2日連続の休みの場合、2日目は何時間必要なのでしょうか?

1日目が32時間なので、2日目も32時間が必要で計64時間必要?
どのように計算していいか迷ってしまいますよね。

じつは、連続する2日目の休日は1日目と違い「24時間でOK」ということになっています。つまり、1日目の休日32時間に24時間を足した56時間で2連休とすることができるというわけなんですね。

4.休日は1日単位で計算される

では、質問にあった『32時間+12時間=44時間』の場合、休日を1.5日と捉えても問題ないのでしょうか?

答えはNOです。

休日は1日単位で考えることになっています。

なので、1日目の「8時間+24時間=32時間」も29時間では休日と認められないように、2日目も24時間未満だと1日の休日としてみなされないというわけなんですね。

だから、休日に1.2日とか1.5日、1.8日という考え方は存在しないことになります。

Sponsored link

5.質問の回答は?

では、質問を改めてみてみましょう。

(質問内容)
一般的に【休息時間8時間+24時間=32時間】が休日1日として捉えられていると思います。

では、32時間以上の労働になった場合、たとえば、32時間+12時間の計44時間労働したとき、休日は1.5日と捉えても問題ないのでしょうか?実際、週末において、乗務終了後から、次の乗務まで54時間の空きがあります。この場合、乗務員へ与えるべき休日は1日、1.5日、2日のいずれとなるでしょうか?

次の業務まで54時間の空きがあるとした場合、休日は何日扱いになるかという質問でした。

さきほど説明した内容に照らし合わせると…

1日目 8時間+24時間=32時間(休日〇)
2日目 22時間(休日×)

※ただし、特例を使用していないものとする

つまり、2日目が24時間未満のため、休日とはみなされないことから、次の勤務まで54時間の従業員の休日数は「1」ということになっていまうのです。

この点、注意しておかないと、労働基準監督署にツッコまれてしまうので、注意しておきましょう。

まとめ!

いかがだったでしょうか?
運送業は時間が不規則だからこそ、休日に必要な時間数も知っておきたいところです。

勘違いして行政から処分されないように注意しておきましょう

【運輸業専門の行政書士・一覧】
>九州地区(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄)



関連記事

コメント

    • コザル
    • 2019年 5月 07日

    早速のご回答感謝致します。また、わざわざ回答につき大きく取り上げていただきありがとうございました。実は、質問をさせていただいた後、運輸支局へ出向き、同様の質問をして参りました。運輸支局の回答としては、国交省告示に定めるところの休日 = 概ね1日/週 → 概算で4日/月 については1日単位の休日が必要。但し、各社ごとに定めている(社内カレンダー)における休日に対しての休日計算については、0.5日や1.5日の休日は構わないとのことでした。
    (例)社内カレンダーにおける月の休日が7日の場合  1日の休日が5日+1.5日の休日+0.5日の休日=7日 の計算が可能とのことでした。あくまでも見解という形であったため、労基に対しても聴いてみたほうが良いのでは?と言うことでした。弊社では、国交省告示に定める休日は確実に取らせており、社内カレンダーの休日に満たない乗務員に対する休出(人件費)が多くなってしまっております。人件費削減は時代に逆行しているかもしれませんが、無駄な経費削減を行いたいと考え、今回の質問をさせていただきました。どうもありがとうございました。

      • トラックの杜
      • 2019年 5月 07日

      コザルさま、お世話になります。

      運輸支局の見解をコメント欄に記載していただき、ありがとうございました!
      こういった情報交換はすっごく嬉しいです^^

      また、何かわかれば追記していきたいと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 39歳以下のトラック運転手なら欲しい!年齢限定のおすすめクレジットカードとは?

おすすめ記事

  1. 「そもそも、事業実績報告書って何?」と思っている事業所もあると思います。 簡単に言えば【事業実…
  2. 有限会社とか株式会社などの法人であって、役員(代表取締役、取締役、監査役)または代表社員(合資会社)…
  3. トラックの連続運転の時間はどのくらい? その後、休憩はどのくらい取ればいいの? このような…
  4. 一般貨物運送事業者には、2年に1回くらいのペースでトラック協会職員(適性化事業実施機関の指導員)が巡…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.