初任診断と他の義務診断が重複したときは?

営業ナンバーのトラックを乗務するドライバーが、かならず受診しなければいけない「義務」の適性診断の種類は、初任診断・適齢診断・特定診断の3つがあります。その内容は…

初任診断・・・新入社員
適齢診断・・・65歳以上の年配者
特定診断・・・大きな事故を起こした乗務員

になっています。

ですが、最近は、深刻なドライバー不足に陥っています。そのため、募集しても若いドライバーからの連絡がなく、定年退職で退社した高齢運転者(65歳以上のドライバー)からの応募が多いのではないでしょうか。

それでも、喉から手が出るほど欲しいドライバーなので、65歳以上の高齢運転者を雇い入れることもあるかと思います。

ただ、65歳以上の高齢運転者が新たに入社してきたとき、「初任診断」「適齢診断」どちらを受診させればいいのか、迷ってしまいますよね。それに、もし事故惹起者だったら…ぜんぶの診断を受診しなければいけないの…?

そこで今回は、雇い入れ時に義務診断(初任診断・適齢診断・特定診断)が重複したときの対処方法について紹介していきたいと思います。

Sponsored link

ケース①.新たに雇い入れた運転者が事故惹起者だった場合

★新入社員★
乗務員名 : 中村さん
年齢 : 40才
事故歴 : 特定診断に該当(前の会社で受診していない)

新入社員の中村さんは65歳未満で事故惹起者に該当者。
この場合、特定診断初任診断の両方を受診しなければいけないように見えます。

けれど、両方受診しなくてもいいんです。
どちらを優先すべきかというと…「特定診断」になるんですね。

では、なぜ、初任診断ではなく、特定診断のほうを優先的に受診することになるのでしょうか?その根拠は「貨物自動車運送事業輸送安全規則の解釈及び運用について」に記載されています。

第10条 従業員に対する指導及び監督

6.運転者として新たに雇い入れた者が第2項1号の「事故を引き起こした者」に該当する場合には、同号の運転者のための適性診断として国土交通省が認定したものを受診させたことをもって、同項第2号の運転者のための適性診断として国土交通大臣が認定したものを受診させたものとみなして差し支えない。

同項第2項は「初任診断」を指します。
つまり、特定診断を受けたら、初任診断は受診したものとしてみなすと記載されているんですね。

ケース②.新たに雇い入れた運転者が65歳以上だった場合

★新入社員★
乗務員名 : 鈴木さん
年齢 : 66才
事故歴 : 該当なし

鈴木さんは、66歳の新入社員なので、適齢診断と初任診断の両方が対象になります。そのため、過去に、ある会社の乗務員が「適齢診断と初任診断の2つを受診しなければいけないのでは?」という人もいましたが、本当に両方受診する必要があるのでしょうか?

結果から先に言うと、じつは「適齢診断」の受診だけでいいのです。

考え方は、先ほどのケース①と同じです。優先順位が定められているんです。
根拠は「貨物自動車運送事業輸送安全規則の解釈及び運用について」に記載されています。

第10条 従業員に対する指導及び監督

7.運転者として新たに雇い入れた者65才以上である場合には、第2項第3号の運転者のための適性診断として国土交通大臣が認定したものを受診させたことをもって、同項第2号の運転者のための適性診断として国土交通省が認定させたものとみなして差し支えない

ちなみに、同項第2号とは、初任診断のことを指しています。
つまり、「適齢診断を受診したら、初任診断も受診したことにするよ。」という意味なんですね。

Sponsored link

ケース③.新たに雇い入れた運転者が事故惹起者だった場合

★新入社員★
乗務員名 : 田中さん
年齢 : 66才
事故歴 : 特定診断に該当(前の会社で受診していない)

この乗務員さんの場合、初任診断・適齢診断・特定診断にすべて該当するように見えます。
この場合は、3つとも受診させなければいけないのでしょうか?

ここまでくれば受けなければいいということはわかりますよね。

その根拠は、「貨物自動車運送事業輸送安全規則の解釈及び運用について」に次のように記載されています。

第10条 従業員に対する指導及び監督

8.運転者として新たに雇い入れた者が第2項第1号の「事故を引き起こした者」に該当し、かつ、65才以上である場合には、同号の運転者のための適性診断として国土交通省が認定したものを受診させたことをもって、同項第2号及び第3号の運転者のための適性診断として国土交通大臣が認定したものを受診させたとみなして差し支えない。

ちなみに、同項第2号及び第3号とは…貨物自動車運送事業安全規則第10条第2項に記載されています。

第2号 ⇒ 運転者として新たに雇い入れた者(初任運転者)
第3号 ⇒ 高齢者(65歳以上) 

つまり、特定診断を受診させたら、「その受診をもって、初任診断と適齢診断を受診したものとしますよ。」という解釈になるのです。2重・3重に受けなくてもいいんですね。

まとめ

特定診断 > 適齢診断 > 初任診断

優先順位はこのようになっています。

つまり、対象が重複しても、優先順位の高い診断を1つ受診すれば、対象の診断を省くことができるというわけなんですね。

【運輸業専門の行政書士・一覧】
>九州地区(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄)



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 39歳以下のトラック運転手なら欲しい!年齢限定のおすすめクレジットカードとは?

おすすめ記事

  1. 「そもそも、事業実績報告書って何?」と思っている事業所もあると思います。 簡単に言えば【事業実…
  2. 有限会社とか株式会社などの法人であって、役員(代表取締役、取締役、監査役)または代表社員(合資会社)…
  3. トラックの連続運転の時間はどのくらい? その後、休憩はどのくらい取ればいいの? このような…
  4. 一般貨物運送事業者には、2年に1回くらいのペースでトラック協会職員(適性化事業実施機関の指導員)が巡…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.