乗務員にきちんと安全教育を行っていたけれど…事故が起きてしまった。ただ、事故は頻繁に起こるものではないから、いざ交通事故などが起きてしまうと事故の記録(事故台帳)をどのように書けばいいのかわからない…と頭を抱えてしまっている運行管理者も多いのではないでしょうか?

 

 

交通事故がないのがいちばんなのですが、起きてしまったときはキチンと事故台帳として記載保存し、従業員と情報共有することが事故を減らすことにつながります。

 

そこで今回は事故が起きてしまったときの事故台帳のつくり方について紹介していきますね。

Sponsored link

事故の記録(事故台帳)に必要な項目は?

あなたの営業所で交通事故(人の死傷もしくは物の損壊)や自動車事故報告書が義務付けられている事故が起きてしまったら、法定項目を満たした事故の記録(事故台帳)をきちんと記録しておく必要がありますが…いまいち、ピンと来ないのではないでしょうか?

 

 

簡単に言えば、

①交通事故の記録

②支局に報告しなければいけない事故の記録

 

があったとき【事故台帳】として確実に記録保存する…と記憶していればいいです。

 

 

まず「②自動車事故報告書」ですが、これは重大事故が起きてしまったとき、届出の義務があるので記録保存を忘れるということはないと思います。

 

 

自動車事故報告書を3部提出したうち1部は、支局が受付印を押して返してくれるので、それをそのまま記録保存すれば問題ありません。肝心なのは、届出義務のない【①交通事故は記録】。これを忘れがちになるので注意してくださいね。

 

事故の記録の法定項目とは?

t0005

 

(貨物自動車運送事業輸送安全規則第9条の2 事故の記録)

① 乗務員の氏名
② 自動車の登録番号その他の当該事業用自動車を識別できる表示
③ 事故の発生日時
④ 事故の発生場所
⑤ 事故の当事者(乗務員を除く)の氏名
⑥ 事故の概要(損害の程度を含む)
⑦ 事故の原因
⑧ 再発防止策

 

①~⑨をすべて記載していれば問題なしです。

 

 

「自動車事故報告書」をそのまま利用してもいいのですが、記載する項目がたくさんありすぎるので、支局に届出の必要のない交通事故はトラック協会が作成した様式を利用するのがベストです。また「自動車事故報告書」は⑤事故の当事者(乗務員を除く)の氏名を記入する欄がありません。

 

 

そのため、「事故の記録」と「自動車事故報告書」は使い分けしておいたほうがいいです。ちなみに、私は「事故の記録」の様式は、協会のHPからダウンロードして利用しています。

 

 

なお、私がダウンロードしたところは、yahoo!JAPANで「事故の記録 トラック」で検索すると「長野県トラック協会」さんのダウンロードページがいちばんうえに来てましたので、そこから「事故記録簿」(EXCEL)を手に入れました。

URLは、http://www.naganota.or.jp/tekiseika/chohyorui.html です。

 

リンクしてますので、ダウンロードするといいですよ。

 

 

事故台帳の記録期間はなんと3年間
しかも、営業所毎に保管しなければいけないから大変です。

Sponsored link

事故の概要の書き方は?

私が事故台帳を作成するときに、何と書けばいいか迷った項目が【事故の概要】。この書き方がいちばん迷いました。なにせ国語力がない私。最近こそはブログを書くことで文章力が少しずつついてきましたが、それでも書き直しを何度もしています。

 

 

仕事で何度も書き直すような時間もなければ暇もない。

 

 

だから、サンプルを準備しました。
このサンプルをつかえば、たいていのこともそれっぽく見えるはずです。

 

 

とくに本社でFAXで報告しなければいけないときは、より堅苦しく詳しい文章を書かなければいけないと思いますので、よかったらサンプルを使ってくださいね^^

 

(サンプル)

当該運転者は、(●時間)時に出勤して日常点検を実施し(●点呼執行者名を記載)の行う点呼を受けた後(●場所【具体的に】)に行くため(●時間)時に出庫。

 

(●地名)から(●地名)(●積荷があった場合は積荷名と重量)運ぶため、(時速)(●交差点の場合は交差点の名称)にさしかかる(●認知距離)前で(●車両・歩行者・自動車・物等【車両のときは登録番号を書く】)を発見。

 

(●事故車両が、事故回避をするために取った行動を書く)を促したが(●スリップ痕があればその距離(m))間に合わず、接触または(衝突)し、(●相手)を負傷(又は死亡)させた。

 

このサンプルに基づき、事故の概要を書くと…

当該運転者は、(AM8)時に出勤して日常点検を実施し(運行管理者の田中氏)の行う点呼を受けた後(○×工場)に行くため(AM10)時に出庫。

(神奈川県○○市)から(東京都○○区)(○○を2t)運ぶため、(60km/h)(○○交差点)にさしかかる。(○○m)前で(前方車両の停止)を発見。

(すぐに左方向へ回避)を促したが間に合わず、接触または(衝突)し、(○○氏)を負傷させた。

 

 

このようになります。
雛型があると書きやすいのでぜひ活用してくださいね。

 

よくある失敗例!

「追突事故や物損事故なら保険会社に事故の詳細を報告するとき同じような書類を提出しているから、その控え問題ないよ。」と思っている会社は要注意です。たしかにほとんど項目が重複しているので問題がないように見えますがそこが盲点。法定項目の「⑧再発防止策」が抜けているケースがとても多いのです。

 

 

法定項目の記載ミスがあると監査の処分対象になります。だから、もし保険会社に提出する様式の写しを記録保存しているのであれば「再発防止策」を記載した書式を添付して、すべての法定項目を満たしている状態にしてくださいね。

 

 

なお、再発防止策は2~3行程度でもかまいません。乗務員と同じ失敗をしないためにはどのようにしたらいいのか話し合って記載しましょう。

Sponsored link