対面点呼を終えた後、すぐ別の輸送をするときの解釈は?

長距離輸送を終えて営業所に帰社し、対面点呼を終えたと思ったら、2時間休憩したのち、別の輸送が舞い込み、対面点呼した後、また長距離輸送をしなくてはいけなくなった。

 

この場合、

  • 点呼のタイミングとして問題はないのか?
  • 行政や適性化指導員が来たとき、どのような判断をされるのか?

といった質問をいただきました。

 

今回は、レアケースだと思いますが、質問に基づき、どのような問題点があるのか紹介していきたいと思います。

Sponsored link

1.とあるA運送の運行内容

(長距離輸送)

21:00 乗務前点呼(電話) ⇒  10:00 【A運送 本社】乗務後点呼(対面)

 

10:00~12:00 【A運送 本社】にて昼食休憩

 

(新たな長距離輸送)

12:00 【A運送 本社】乗務前点呼(対面) ⇒ 22:00 乗務後点呼(電話)

 

とあるA運送の運行内容です。

 

帰社して休憩後、対面点呼を行い、すぐに出発した場合、そもそも対面点呼は認められるのか?問題点は何なのか?という内容です。

 

そうですよね。

点呼執行はそもそも休息前後で行うものです。でも、今回のケースの点呼執行は、少し休憩を取った後、対面点呼にて出発しています。だから、担当者は悩んでいるのではないでしょうか。

 

2.行政や適性化指導員の判断は?

では、今回のようなケースでは、行政や適性化指導員はどのような判断をするのでしょうか?

 

じつは、

・1回目の長距離輸送 … 1運行

・休憩後の2回目の長距離輸送 … 新たな1運行

として考えることになります。

 

でも、「休息がない」から乗務後点呼と休憩後の乗務前点呼は問題ないのかという疑問が生まれると思います。でも、問題ないのです。

 

そもそも、今回の輸送において、休息にあたるものがありません。それに本社営業所に帰社して対面点呼を行い1運行終了しています。だから、「点呼記録において、行政や適正化指導員は問題なし」と見るのです。では、何に問題があるのでしょうか?

 

改善基準告示として見られる

点呼記録簿としての記録は「問題なし」として見るのですが、改善基準告示は別です。違反として見られます。

 

今回のケースでは、10:00~12:00 【A運送 本社】にて昼食休憩の部分が【休息】として見られ、行政や適正化指導員は、「休息不足・拘束時間16h超過」として見るんですね。

 

3.とあるB運送の運行内容

(1回目の輸送)

21:00 乗務前点呼(電話) ⇒  2:00 【B運送 本社】乗務後点呼(対面)

 

2:00~4:00 【B運送 本社】にて休憩

 

(新たな2回目の輸送)

4:00 【B運送 本社】乗務前点呼(対面) ⇒ 10:00 乗務後点呼(電話)

 

このようなB輸送 本社の運行ではどのように解釈すればいいのでしょうか?

 

この日の運行内容を見ると、拘束時間は、21:00-10:00で計13時間。4:00~6:00で休憩を取った場合、それでも「休息不足として扱われるの?」という疑問が生まれてくると思います。

 

「21:00 乗務前点呼(電話)-10:00 乗務後点呼(電話)として見てもいいのではないか?」という意見もあるでしょう。確かにその通りです。

 

ですが、運行内容を見ない限り、簡単には言えない。
つまり、ケースバイケースとしか解答できません。なぜか?

 

それを今から紹介していきます。

Sponsored link

ケース① 1回目長距離輸送+2回目長距離輸送=144時間以上の場合

たとえば、1回目の長距離輸送が3泊4日。2回目の長距離輸送が4泊5日だった場合、4:00~6:00 【B運送 本社】にて休憩を区切りとせず、点呼記録簿上、「21:00 乗務前点呼(電話)-10:00 乗務後点呼(電話)」としてしまうと、7泊8日で144時間オーバーとして見られてしまうからです。

 

だから、本社にかえって2時間休憩する前に乗務後点呼を行うことで、3泊4日で区切りをつける。そして、休息後に乗務前点呼を行い新たな1運行をしているとしたほうがいいです。

 

ちなみに、このようなケースの場合、どこで区切るかは事業所判断にゆだねられます。それをもとに行政や適性化指導員は点呼記録簿と運転日報を照らし合わせてみるので注意しましょう。

 

ケース② 1回目長距離輸送+2回目1泊2日輸送の場合

1回目の長距離輸送が3泊4日。2回目が1泊2日輸送だった場合、144時間以内なので、あえて「21:00 乗務前点呼(電話)-10:00 乗務後点呼(電話)」として扱ったほうがいいです。つまり、1回目の輸送と2回目の輸送をあわせて1運行として考えるのです。

 

途中、本社に戻るから1運行として扱われるわけではありません。

 

たとえば、宅配便など輸送の内容によっては、何度も所属営業所に戻るケースがあります。それと同じ扱いです。どうせ1回目の長距離輸送で運行指示書を作成しなければいけないのであれば、後半の運行も含めた運行指示書(4泊5日)を作成した方がいいというわけなんですね。

 

ケース② 1回目1泊2日輸送+2回目1泊2日輸送の場合

1回目も2回目も1泊2日輸送だった場合、「21:00 乗務前点呼(電話)-10:00 乗務後点呼(電話)」として扱うと…その場合、2泊3日以上の運行として運行指示書が必要になってしまいます。気を付けましょう^^

Sponsored link

関連記事

コメント

    • もやもや
    • 2017年 11月 06日

    本当に勉強になります。ありがとうございます。
    あれやこれや、全てを守ろうと努力していますが、本当に大変です。
    皆さんは守りながら、運営されているなんて、素晴らしいです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

  1. 平成23年5月1日付の輸送安全規則の改正で点呼記録簿に「アルコール検知器の使用の有無」と「酒気帯びの…
  2. トラックの連続運転の時間はどのくらい? その後、休憩はどのくらい取ればいいの? このような…
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.