長距離輸送のトラックは1運行144時間以内に戻らなくてはいけない法則!

トラック運送会社は守らなければいけない法律がたくさんあります。

とくに長距離輸送をしていると、事業法や改善基準告示などについてとくに意識せざるを得なくなります。そのうちのひとつが一運行144時間以内のルールです。

この一運行144時間以内というのがどのようなものか…知っている人も復習を兼ねてみていただければと思います。

Sponsored link

1.一運行とは?

そもそも一運行とはどのようなものでしょうか?

簡単にいえば「所属している営業所から出庫してから、また所属営業所に帰庫するまで」のことを指します。

つまり、↑のイラストのように、

出発:所属する営業所で【対面点呼】して出発

~運行中~

帰着:所属する営業所で【対面点呼】して終了

これが一運行なんです。

たとえ、同じ運送会社でも別の営業所に立ち寄っただけでは、一運行が終了したことにはなりません。出発した営業所に戻って、乗務後点呼を行ってはじめて一運行が終了するというわけなんですね。

2.1運行144時間まで

では、「所属している営業所から出庫してから、また所属営業所に帰庫するまで」はどのくらいの時間まで許されるのでしょうか?

長距離輸送をしている人は気になりますよね。

じつは、輸送安全規則第3条に「一運行144時間以内」と書かれています。

けれど、なぜ144時間なのでしょうか?

内訳をみるとわかりやすいです。

1日は24時間ですよね。144時間を24時間で割ると「6」という数字が出てきます。「144時間=24時間×6日」

つまり、6日間以内に所属している営業所に戻らなければいけないということなんですね。

Sponsored link

3.フェリーに乗船する場合を除く

1運行144時間以内というルールがありますが、例外もあります。
それがフェリーの乗務時間です。

なお、運行途中でフェリーに乗船したときの運行期間は、「乗船中の休息期間」を除いた時間が144時間を超えてはいけないことになっているんですね。

※つまり、フェリー乗船中の休息期間は、一の運行の制限である 144 時間に含めなくていいことになっています。

4.遠方の地での休日も144時間に含める

では、仮に遠方に行ったとき、出先にて休日を取得した場合は、どのようにみなされるのでしょうか?

じつは、休日の時間帯も例外なく、一運行の144時間に含めることになります。

そのため、運行した日が少なくても、144時間以上になってしまうこともあるので注意が必要になります。

まとめ!

いかがだったでしょうか?

つまり、長距離輸送は、6日以内に出発した所属営業所に必ず戻らなくてはいけないことになっています。

Sponsored link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 39歳以下のトラック運転手なら欲しい!年齢限定のおすすめクレジットカードとは?

おすすめ記事

  1. 「そもそも、事業実績報告書って何?」と思っている事業所もあると思います。 簡単に言えば【事業実…
  2. 有限会社とか株式会社などの法人であって、役員(代表取締役、取締役、監査役)または代表社員(合資会社)…
  3. トラックの連続運転の時間はどのくらい? その後、休憩はどのくらい取ればいいの? このような…
  4. 一般貨物運送事業者には、2年に1回くらいのペースでトラック協会職員(適性化事業実施機関の指導員)が巡…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.