救われた!トラック運転手の腰痛対策グッズ3選!

トラック運転手は、長時間、運転席で座って運転するので腰痛に苦しんでいることが多いです。じっさいに私も腰をやられてしまい、長い間、苦しめられました。

とくに、座席から離れたときに激しくヤラれてしまったことがあって、それ以来、「また、腰を痛めるかもしれない。」という恐怖が強く、恐る恐る立っていたのを覚えています。

今回は、そんな私を救ってくれた腰痛対策・防止グッズを紹介していきたいと思います。

Sponsored link

1.長時間、座ることのリスク

トラックの運転手は、座って運転することが仕事ですが、座るだけでも腰に大きな負担がかかります。

じつは、通常の立ち姿勢での腰の負担を「1」とすると、座ったときの負担で1.4倍猫背など前かがみの姿勢で1.8倍もの負担があるといわれています。

私の場合は、子供の頃から猫背の前かがみになる癖があったので、「座る+猫背」で知らないうちにかなりの負荷がかかっていたと思われます。

そのような状態で、長時間もトラックの運転をしていたので、腰への負担が大きくなってしまいました。

これは、けっして私だけが特別ではなく、多くのトラック運転手が腰痛に苦しめられるのです。

いわばトラック運転手にとって腰痛は職業病とまで言われていますが、同じ座った状態でも腰への負担が1.4倍と1.8倍で大きな開きがあります。

いかにして腰への負担を軽減させるか…を考える必要がありそうですね。

2.腰痛対策として持っておきたいおすすめツール

私は、30代の頃は特に腰痛なんて気にすることはなく、仕事を終えても「ただキツイ!」で終わっていました。

しかし、30代後半くらいだったと思います。
突然、腰痛になり、40代に近づくにつれ慢性化し始めたんですね。

けれど、腰痛になってから、慌てて正しい姿勢を意識して行っても腰の痛みは変わらないし、治る気配すらない。

正しい姿勢をしているつもりでも、すでに変な癖がついているし、痛めてしまったからといって慌てて対応しても遅いんですよね。

本当に困り果てました。
仕事にも影響が出てしまうので。

そのようなとき、藁にもすがる思いで、私は次のグッズで乗り切りましたので紹介していきたいと思います。

柔道整復師が考えた腰ベルト サポートベルト腰用 コルセット(男女兼用)

本当にこのコルセットには助けられました。

あまりにも腰の痛みがひどかったので、中途半端な商品はつかみたくないということで、アマゾンの口コミやランキングを調べたうえで評判の良かった、このコルセットを選びました。(人気ギフトランキング1位、累計10万枚突破)

(使い込んでいますので、多少の汚れはご愛嬌^^;)

いまでも愛用しているコルセットなのですが、当時、これをしただけで痛みが緩和されました。

正直、どのコルセットを購入すればわからなかったのですが、最終的に心動かされたのは、「いままで、どのコルセットでもダメならウチのコルセットを使え!」と強気に宣伝していることはあります^^

痛みのない”当たり前”が戻って感動!

私がこのコルセットをしたとき、痛みが和らぎ「腰が抜ける感覚がなくなった…」ことに感動。

痛みのないことがどれだけ幸せだったか…。

よく病気になって、健康の身体が素晴らしいかを感じることがありますが、まさにアレです。

「大げさな…。」

と思う人もいるかもしれませんが、腰痛になった人ならわかってくれると思います。

辛い・キツイ・泣きたい。しかも、治らない。

それがベルトのおかげで、まるで世界が変わったような感覚を味わいました。
それほど、当時、腰痛に苦しめられていたんですよね。

私は、このコルセットはトラック運転手に必須なツールだと思います。

いま腰痛で苦しんでいなくても、病院などで、長時間、運転するトラックドライバーにコルセットの着用をおすすめしている先生もいるくらいなので、腰サポーターとして手に入れておいたほうが良いと思います。

なお、アマゾンの販売ページを見ると、

↑のようにタイトルは、(Mサイズ)と表示されていますが、ページ内の赤枠のところから「S・M・L・XL」サイズを選択できるようになっています。

ボディードクター・バックアップ

「二度と同じ思いをしたくない!」と思った私は、コルセットだけでなく、日ごろの運転姿勢そのものを見直すことにしました。

若い年齢のときと同じ座り方では、また同じ過ちを犯してしまう。

それだけは絶対に避けたい気持ちでいっぱいでした。

そこで私が購入したのが「ボディードクター・バックアップ」です。

たくさんの商品を試したわけではないので、比較対象は少ないのですが、それでも耐久性に優れていて、型崩れもしにくく長期間使えます。

腰への負担がかなり軽減されて、かなり楽になったのでいまでも愛用しています。

腰痛に苦しんでいた友達にもこの商品をプレゼントとして贈ったら、かなり喜ばれたので、いい商品だと思っています。

この手の商品はたくさんあるのですが、アマゾンの口コミでも高評価で、感謝のコメントがたくさん掲載されているので、一度、試してみるといいと思いますよ。

もちろん、運転手だけでなく、管理職の方にもおすすめです。

created by Rinker
ボディドクター(Bodydoctor)
¥4,620 (2022/09/27 00:49:00時点 Amazon調べ-詳細)

運動不足解消のためにステッパーで運動

トラック運転手はどうしても運動不足になりがち。
私も腰痛でそれを痛感しました。

しかし、自慢ではありませんが、いままで運動しようとして頑張ったところで「3日坊主」の私です。

ウォーキングが負担がなくて、いちばんいいのですが、休みの日は外出することが億劫で続かなかったんですね。それに自由な時間を潰すのがもったいなく感じてしまったんです。

学生と社会人の差はまさにそこにあると思います。

そこで、自由な時間を失わないために始めたのが、ステッパーという機器を使った運動。私はゲームや映画、音楽が好きだったので、「~ながら運動」と相性がとても良かったんです。

いまでは欠かせない機器のひとつになっています。

番外編・20kgのダンベル

私は、この腰痛事件があってから、自分の情けなさを痛感しました。

トラック運転手は、自衛隊や消防士のように筋肉モリモリのイメージを持っている人もいますが、宅配便などのお兄ちゃんと違って、長距離輸送などは、とくに筋肉がつくようなことをしているわけではありません。

私の知り合いは、前々から車内にダンベルを持ち込んでトレーニングをしていたのですが、私も腰痛をきっかけにして始めることにしました。

この筋トレの素晴らしいところは、

1.短い時間でできる。
2.筋トレは「超回復」(休みの日)が必要なので毎日しなくてOK
3.腰痛対策になる。
4.筋トレに意識がいくと食生活も変わる。

本当にたくさんあります。

社長と社員が筋トレにハマっている、筋トレ好き集まれ!と面白いドライバー募集をしている運送会社もありますw

面白いHPでしたが、私はトラック運転手なら、少し空いた時間に筋トレにチャレンジしてほしいと思います。(参考までに…筋トレ大好きな運送会社はこちら

ちなみに、買うなら20kg×2のダンベルをおすすめします。

私は10kg×2を購入したのですが、10㎏ダンベルは物足りなくなってきているので…いまは後悔しています^^;筋トレHPでも大抵、20㎏を購入すると後悔しないと紹介されています。

少し脱線しましたが、ダンベルなら↓がおすすめですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

  1. 車が好き・トラックが好き・運送業界に興味があるなど様々な理由で「これからトラック運転手になりたい!…
  2. こんにちは!タイラといいます。 みなさんは入社後の初仕事のことは覚えていますか? 私は…
  3. 運送会社に就職した後、現在は建設業で重機オペレーターをしているアライといいます。 運送会社や…
  4. 私たちは夫婦で運送会社に勤めているので、トラック運転手の彼氏・旦那を持つ友達や知り合いから「どのよ…
  5. トラック運転手といっても、運送会社にはさまざまな業種があるので一概には言えないのですが、食事がコン…
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.