運輸支局が主催している整備管理者定期研修と整備管理者選任前研修は、運輸局のHPを見ていただければわかると思いますが、都道府県によって開催回数が異なります。

 

それぞれの県の予算や支局の担当官のスケジュールによって開催回数が変わってくるようです。

 

では、所属している県での研修を受けそこなった場合、他県の整備管理者定期研修や選任前研修を受講しても大丈夫なのでしょうか?

Sponsored link

1.他県で受講してもOK!

この件について、トラック協会の職員に質問してみました。

 

すると…

他県で研修を受講してもOKという返事がありました。

 

ただ、注意する点があるそうです。

 

① 県によっては会場の大きさがギリギリで、他県は断られるケースがある

② 所属している県だと、会員事業所は助成金で無料で受講できることもあるけれど、他県では非会員として有料の場合がある。

③ 県によって「手帳タイプ」「修了証タイプ」など受講した証明書はさまざま。仮に手帳タイプだった場合、別途、手帳代金が必要な場合がある。

 

そのため、参加する場合は、事前に受講する県のトラック協会に問い合わせした方がいいとのことでした!

Sponsored link

2.選任前研修の修了証の再発行には要注意!

整備管理者選任前研修の修了証(写)は整備管理者選任届を提出する際に必要になります。仮に紛失した場合、当時、整備管理者選任前研修を受講した県の支局に連絡しなければいけません。

 

つまり、選任前研修の受講履歴は、各都道府県の支局が管理しているというわけなんですね。

 

だから、忘れてしまうと大変。再発行ができずに、もういちど選任前研修を受けなくてはいけなくなりますので、他県で受講した場合は、どの県で受講したのか覚えておきましょう^^

 

まとめ!

整備管理者定期研修も整備管理者選任前研修も他県で受講してもOK

 

Sponsored link