適性診断(一般診断など)受診結果の書類作成!徹底攻略!

適性診断の初任診断・適齢診断などは受診させていても、一般診断を定期的(3年に1度)など受診させている事業所はまだまだ少ないです。そのため、Gマークの評価のために適性診断を乗務員に受診させるケースが多いです。

それでも、Gマークを取得するのであれば、この適性診断の項目は、確実に加点狙いでいきたいところです。

この項目を落とせない理由は、配点の高さ一部の乗務員に適性診断を受診させれば加点されることにあります。やはり、合格している事業所のほとんどは、この項目は確実に書類を添付しているといっていいでしょう。

では、どのくらいの乗務員に対して適性診断を受診させれば評価してもらえるのでしょうか?今回は、「自認事項6.特定運転者以外の適性診断(一般診断)の受診状況の書類作成」について紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

Sponsored link

1.適性診断の評価される内容は…?

適性診断の受診状況の条件は判断基準のとおり、①か②のいずれかを満たした状況であるときに加点となります。

①過去1年以内で、適性診断の受診者数がすべての選任された運転者数の3割以上である

多くの事業所がこの①の条件で申請しています。

この条件を選ぶメリットは、7月受付する前…たとえば、6月に申請を決意したとしても間に合うということ。そして、選任されている乗務員の3割以上の受診者がいればOKというように、ハードルが低いことにメリットがあります。

つまり、選任運転者数が10名いる場合、過去1年以内に一般診断を受けた者が3名いたらOKというわけなんですね。そのため、4月~6月になると一般診断の受診者が一気に増えるようです。

②過去3年間において、すべての運転者が一般診断または義務診断(初任診断・適齢診断・特定診断)を受診している

大手企業は、この②を選択している傾向があります。

ちなみに、一般診断は3年に1度受診することが”望ましい”とされています。そのため、大手運送会社では、一定の期間毎に一般診断を受けさえていることが多いんですね。

このように、日頃から一般診断を取り入れている事業所は、大人数を3分割し、毎年3分の1ずつ受診させていた場合、①の数に若干足りないということが起きてくるんです。

そのため、直近の①の受診結果のコピーを添付するよりも、日頃取り組んでいる一般診断のコピーを添付したほうがいいと考えているところもあるんですね。

ただし、評価対象の期間が3年間と長く、さらに全員の診断結果をコピーしなければいけないという大きな欠点もあります。

一般診断とは?

一般診断は、自動車事故対策機構・トラック交通共済協同組合・損害保険会社等が行っている診断です。なかには出張診断や機械の貸し出し。また、自動車事故対策機構と契約して、自社で行えるようにしているところもあります。

私の会社では、自動車事故対策機構のナスバネットを利用していました。

↓このような感じですね。

参照元:http://j-nextlog.com/

パッと見た感じゲームのような印象を受けますよね。
ハンドルとアクセル・ブレーキを使いながら、運転のクセを見る診断になります。

とくにハンドルとアクセルなどは、CGシュミレーションによる運転(希望により、設問方式の場合もあり)で使うのですが、近隣の街の道路を運転できるので勉強になりますよ。Gマークのためではなく、乗務員教育として受診させておいて損はないです。

2.提出する書類は?

評価される2条件のうち、自社に合う条件を選んだら、こんどは適性診断を受診していることを証明しなければいけません。そのために、そろえる書類は…

① 自認事項に係るチェックリスト
② 受診結果

この2種類になります。

なお、自動車事故対策機構で受診した場合は、複数枚セットになった診断結果を2部(本人用・運行管理者用)もらってくることになるのですが、本人用・運行管理者保存用どちらを提出してもOKです。

「適性診断票」と書かれた表紙をコピーして「すべての選任運転者数の3割以上」になるよう提出することになります。(↓参照)

(自動車事故対策機構・一般診断の適性診断票と書かれた表紙(例))

参照:http://www.nasva.go.jp/fusegu/tekiseigaiyou.html

ポイント!

「表紙(写) × 人数分」を提出する

3.提出方法は?

Sponsored link

提出するときには必ず↓図のように氏名のところをカラーマーカーなどで判別可能なしるしをつける必要があります。

0017

また、提出のときには①受信年月日の記載、②受診者名が明記されていなければいけませんが、この表紙には、①と②が記載されているので問題ありません。

加点対象外の一般診断とは?

損害保険会社が行う一般診断も加点の対象ですが、ときに自己チェックで診断結果が出るタイプがあります。この自己チェック方式の一般診断は加点対象外なので注意が必要です。

自分で作成した一般診断結果の一覧表は評価の対象外

受診結果一覧表はOkと記載されているけれど、あくまで適性診断を実施している機関が発行している一覧表に限られます。(この場合も受診年月日・受診者名がわからないと×)

自社作成では加点対象外になるので、気をつけてくださいね。

4.過去に加点してもらった損保会社の一般診断は?

過去に加点対象になった損保会社の一般診断で判明しているのは次のとおりです。

OD式安全性テスト ・・・ 株式会社電脳
あんしんサポート号 ドライビングシュミレータ ・・・ あいおい損保保険
運転適性診断結果表 ・・・ 日本興亜損害保険などなど。
※判明次第、追加していきます。(平成27年度現在)

まとめ

申請まで残り1カ月を切ると一般診断の受診をすることは難しいかもしれませんが、トラック協会などにナスバネットがあれば、診断から結果が出るまで約1~2時間で終了します。仮に乗務員が10名いれば3名分の一般診断の受診結果があれば2点加点されるので、確実に得点をゲットしちゃいましょう。

【運輸業専門の行政書士・一覧】
>九州地区(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄)



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

おすすめ記事

  1. 1年間は、長いようで「あっ!」という間に過ぎてしまいますよね。 年齢を重ねれば重ねるほど、そのスピ…
  2. 有限会社とか株式会社などの法人であって、役員(代表取締役、取締役、監査役)または代表社員(合資会社)…
  3. トラックの連続運転の時間はどのくらい? その後、休憩はどのくらい取ればいいの? このような…
  4. 一般貨物運送事業者には、2年に1回くらいのペースでトラック協会職員(適性化事業実施機関の指導員)が巡…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.