運輸開始してから3か月!巡回指導通知が来たけど…どうする?

以前は運輸開始してから6か月以内に巡回指導が行われていたのですが、いまは運送業の許可を得て運輸開始してから3か月以内に実施しているようです。これは、国土交通所の通達で決められているので、改正されるまで3か月以内に来ることでしょう。

そのため、運送会社は「巡回指導の通知」に戦々恐々としているかもしれません。なにしろ、はじめての巡回指導ですしね^^;

なかでも心配なのは経理関係書類。通知文書の帳票類一覧の中にも「総勘定元帳」など経理関係の書類を提示するように記載されています。

不安に感じた事業所から、じっさいに巡回指導で経理関係の書類をどのくらい見られるのか?と問い合わせや相談を受けました。そこで、今回は巡回指導ではどのくらい経理関係書類を見られるのか紹介していきます。

Sponsored link

1.巡回指導ではどのくらい見られる?

Yahoo!知恵袋にも似たような相談内容がありました。

業態柄、現金での受け取り等はなく、出納帳等はありません。又、総勘定元帳一本での管理を行っている為、経費明細や入出勤伝票等の帳票は使用しておらず、出せる帳簿が総勘定元帳しかありません。

弊社は一期目を2月に迎えたばかりなので、前年度分は2月迄の総勘定元帳しかありません。今期についても、今月分の元帳はまだ完成しておらず、来月指導が来ても先月分の元帳が出せるかわかりません。又、許可がおりたのも今期に入ってからなので、前期の元帳では運送にかかわる売り上げはおろか、経費等も記載はありません。

以上のことから、経理処理についてどこまで踏み込んだ話になるのかわからないことと、帳簿がどこまでみられるのか、指導自体が初めての事なので不安に思っています。その他運送に関わる帳票(点呼記録や、点検記録簿等)については完備しているつもりです。

このように運輸開始してすぐに巡回指導だと、経営も慣れていないので経理関係もままならない状態。なので、どこまで突っ込まれるかわからず、とても不安ですよね。だから、私の知っている範囲で巡回指導のなかで適性化指導員がどのくらい見られるか紹介していきます。

2.経理関係はどのくらい見られる?

ハッキリ言って県によって違います。
…が、総勘定元帳などは見られる可能性は限りなく低いです。

賃金台帳は「社会保険」と「雇用保険」の加入状況の確認をするために巡回指導でよく見られますが、総勘定元帳は見られた記憶がありません。

おそらく、名義貸しが疑われたときに見ると思うのですが、どのような条件で見るのか私も指導員から聞いたわけではありませんのでハッキリしません。ただ、基本は運送に係わる帳票(点呼記録簿や運転日報)などを中心に見るので、あまり心配しなくてもいいですよ。

※巡回指導は、税理士とは違って経理関係にはほとんどタッチしません。

Sponsored link

3.運輸開始してから1回目の巡回指導は説明がほとんど

たしかに運輸開始してから1回目の巡回指導も通常の巡回と指導内容があまりかわりませんが、基本は、いまから法令遵守をしてもらうために、アドバイスに似た流れで進んでいました。

たとえば、

  • 運行管理者研修や整備管理者研修は2年に1度受講してほしい
  • 事業報告書と事業実績報告書は毎年出して欲しい
  • 乗務員全員への教育は指導教育指針に基づいてしてほしい

etc…

と言った感じです。

私の印象では、2回目からの巡回指導からふつうの巡回指導になったように見えました。だからと言って気を抜いていいというわけではなく、運行管理面をキチンとしていないと2時間みっちり指導されますので気を付けてくださいね^^;

ちなみに、巡回指導で見られる項目は「運送業の巡回指導のポイントと対策!」にまとめています。巡回指導の通知が来たら、事前にチェックして、見落としがないかどうかもういちどチェックしておいたほうがいいですよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

  1. 平成23年5月1日付の輸送安全規則の改正で点呼記録簿に「アルコール検知器の使用の有無」と「酒気帯びの…
  2. トラックの連続運転の時間はどのくらい? その後、休憩はどのくらい取ればいいの? このような…
  3. 一般貨物運送事業者には、2年に1回くらいのペースでトラック協会職員(適性化事業実施機関の指導員)が巡…
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.