運輸開始後、3か月で巡回指導通知が…!どうしたらいい?

以前は運輸開始してから6か月以内に巡回指導が行われていましたが、いまは運送業の許可を得た後、運輸開始してから3か月以内に実施しています。

これは、国土交通所の通達で決められているので、法律などが改正されるまで、特別な事情がない限り、運輸開始後3か月以内に来るのは間違いないでしょう。

巡回指導の経験がない方は、巡回指導がどのようなものかわからないので「巡回指導の通知」がいつ来るのか戦々恐々としているかもしれませんね。

そこで、今回は、運輸開始した後に行われる巡回指導はどのようなものか解説していきたいと思いますので、参考にしてくださいね。

Sponsored link

1.充分に対策できる

Yahoo!知恵袋にも似たような相談内容がありました。

業態柄、現金での受け取り等はなく、出納帳等はありません。又、総勘定元帳一本での管理を行っている為、経費明細や入出勤伝票等の帳票は使用しておらず、出せる帳簿が総勘定元帳しかありません。

弊社は一期目を2月に迎えたばかりなので、前年度分は2月迄の総勘定元帳しかありません。今期についても、今月分の元帳はまだ完成しておらず、来月指導が来ても先月分の元帳が出せるかわかりません。

又、許可がおりたのも今期に入ってからなので、前期の元帳では運送にかかわる売り上げはおろか、経費等も記載はありません。

以上のことから、経理処理についてどこまで踏み込んだ話になるのかわからないことと、帳簿がどこまでみられるのか、指導自体が初めての事なので不安に思っています。その他運送に関わる帳票(点呼記録や、点検記録簿等)については完備しているつもりです。

運送会社を始めるのは、簡単なことではありません。

慣れない経営と帳票類でドタバタしている状態で、適正化指導員が帳票類をチェックしに来ると言われても迷惑でしかありません。しかし、法律で決められている以上、運送会社に選択の余地はありません。

ただ、運送会社からしてみれば、巡回指導がどのようなモノかわからないため、不安が募るばかり。行政書士の先生に立ち会いをお願いしたり、相談するケースも見受けられます。

しかし、安心してください。

巡回指導は、事前に訪問日時をお知らせしてくれますし、閲覧する書類一覧も添付されているので、対策は充分にできます。

2.帳票類はどのくらい見られる?

適正化事業実施機関は、貨物自動車運送事業法に基づき、創設された機関です。

つまり、経理関係よりも運行管理や整備管理、改善基準告示を中心に帳票類を見ていきます。そのため、経費明細や入出勤伝票、総勘定元帳などは、名義貸しなど重要な違反を疑われない限り、見られることはありません。

適正化指導実施機関の指導員に話を聞く機会があったのですが、全国統一のマニュアル等に基づき、指導を行っているので、多少、地域差や指導員の質によって見方は変わるものの、原則、同じだということでした。

つまり、心配されている、総勘定元帳などの経理に関する書類を見られる可能性は低いということです。

ただ、社会保険と雇用保険の加入状況の調査をされたときに、賃金台帳の提示を求められたので、賃金台帳は準備しておいたほうがよさそうです。

それよりも、点呼記録簿や運転日報、運転者台帳など、事業法に係る帳票類をしっかり管理しておくことが重要です。

Sponsored link

3.運輸開始してから1回目の巡回指導は説明がほとんど

巡回指導という名前なので、指導される…というイメージがあるかもしれません。

確かにそのとおりですが、運輸開始してから、3カ月程度しか経過していない運送会社は、帳票類の管理についてうまくいきませんよね。そのことは、適正化指導員も承知していて、通常の巡回指導と閲覧される帳票類は同じだったのですが、指導の仕方は、老舗の運送会社とは若干、異なっていたというのが私の感想です。

運輸開始してから、1年経過していないので、事業報告書・事業実績報告書などの提出方法、乗務員に対する教育、運行管理と整備管理について、知識不足があっても、丁寧にアドバイスしていました。

そして、ときにはマニュアルや記入例を用いて説明し、様式を配布してくれたので、運送会社にとっては、改善しやすい環境を整えていましたね。

ある意味、至れり尽くせりの状態でした。

評価の付け方は、全国で統一されているようなのですが、サービスについては一律ではないので、じっさいには「違うじゃないか!」と思う都道府県もあるかもしれませんが、要は、そこまで恐れる必要はないと思っていいと思います。

4.無認可移転などについては厳しい

巡回指導を軽視しても大丈夫と言っているわけではありません。

何も帳票類がそろっておらず、総合評価Eの判定をされると、今後の運営に支障が出ますし、最悪の場合、行政監査になってしまいます。

また、本来、支局に届けなければいけないことをしていない場合。たとえば、営業所や車庫が許可された場所から、勝手に移転して届出していない場合などでは、厳しい指導が行われます。

巡回指導は、法令違反を教えてくれる、または”気付き”を得られる時間ですが、自身でやれることは、精一杯、行うことが重要です。。

まとめ!

ちなみに、巡回指導で見られる項目は「運送業の巡回指導のポイントと対策!」にまとめています。巡回指導の通知が来たら、事前にチェックして、見落としがないかどうかもういちどチェックしておいたほうがいいですよ。

Sponsored link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 39歳以下のトラック運転手なら欲しい!年齢限定のおすすめクレジットカードとは?

おすすめ記事

  1. 運送会社の事務を担当している人「毎年、事業実績報告書を国に届出しなければいけないが、どのように作成…
  2. 有限会社とか株式会社などの法人であって、役員(代表取締役、取締役、監査役)または代表社員(合資会社)…
  3. トラックの連続運転の時間はどのくらい? その後、休憩はどのくらい取ればいいの? このような…
  4. 一般貨物運送事業者には、2年に1回くらいのペースでトラック協会職員(適性化事業実施機関の指導員)が巡…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.