運行指示書を作成するうえで気をつけておきたい5つのポイント

以前は、都道府県単位やブロック単位(拡大営業区域)が設定されていたのですが、営業区域制の廃止で全国どこでも営業をしてもOKになりました。そのかわりに運行管理体制も見直されて、長距離輸送にかかわる管理が厳しくなってしまったという経緯があります。

 

その影響でできたモノのひとつが【運行指示書】
さらに長距離の運行管理で実施が難しいのもこの【運行指示書】なんですよね。

 

そこで今回は【運行指示書】の作成方法について紹介していきたいと思います。

Sponsored link

1.運行指示書はどのようなときに必要?

遠方に輸送している関係上、どうしても対面ができないような状況で、かつ2泊3日以上の運行をしているときには、事業者は乗務前点呼・乗務後点呼とともに【中間点呼】を行わなければいけないルールがあります。それに加えて【運行指示書】を作成し、乗務員に適切な指示を行うことが義務付けられています。

 

 

ただ、運行指示書を作るのは非常に面倒くさいし、荷主から出発ギリギリの当日に連絡がくると運行指示書を作ることそのものが難しい。だから、運行管理者のなかには「作成しなければいけない」とわかっていても、見て見ぬふりをしている人もいるかもしれませんね。

 

 

ただ、バスツアー事故で運行指示書が作成されていなかったことが大きく報道されたことを考えると、無視できないのもまた事実だと思います。

 

2.運行指示書に必要な項目

(出典元:徳島県トラック協会

運行指示書には必ず記載しなければいけない項目があります。

①運行の開始及び終了の地点及び日時
②乗務員の氏名
③運行の経路並びに主な経過地における発車及び到着の日時
④運行に際して注意を要する箇所の位置
⑤乗務員の休憩地点及び休憩時間(休憩がある場合に限る )。
⑥乗務員の運転又は業務の交替の地点 運転又は業務の交替がある場合に限る
⑦その他運行の安全を確保するために必要な事項

 

この7つの項目を満たした運行指示書を必ず2部(正:運転者用)(副:運行管理者用)作成する必要があります。

 

各項目の解釈

① 運行の開始及び終了の地点及び日時

徳島県トラック協会の記入例を見ると「出庫・帰庫」だけでなく、1日目の終了、2日目の出発・終了、3日目の出発と、【運行の開始及び終了の地点及び日時】等を書いています。忘れずに書いておきましょう。

 

② 乗務員氏名

誰に対して指示したのかわかるように確実に乗務員名を書きましょう。

 

③ 運行の経路並びに主な経過地における発車及び到着の日時

たとえば、緑の矢印のように運転したときのそれぞれの発車と到着の日時がわかるようにしなければいけません。

 

※ちなみに、「D=運転」の下に「○○IC」や「国道○号線」など【どこを走ったのか】記載されている例が多いのですが、【運行の経路を書かなければいけない】と法律上、記載されているわけではないので絶対に書かなくてはいけないわけでもないらしいです。(トラック協会・支局確認済み)

 

⑤乗務員の休憩地点及び休憩時間(休憩がある場合に限る )

「R=休憩」の指示をした場合、何時から何時まで。どこで休憩を取るのか地点を記載しなければいけません。ちなみに休息は書かなくてもOKです。

 

※その他の項目は、何か安全運行するうえで伝えなければいけないときに記載したり、ツーマン運行があるときに記載する内容なので、必要に応じて書いてくださいね。

 

3.運行指示書作成から回収までの流れ(フローチャート)

Step1 作成~渡す

(運行管理者)

・運行指示書を2部(正副)作成

・乗務員に運行指示書(正)を渡す

・「運行指示書(副)」を営業所に据え置く

(乗務員)

・運行管理者から「運行指示書(正)」を受け取る。

 

Step2  運行指示書の内容に変更が生じたとき

(運行管理者)

・「運行指示書(副)」に変更内容を記載。
・変更内容を乗務員に電話等で指示を実施する

(乗務員)

・運行管理者から連絡が合ったら、携行している「運行指示書(正)」に変更内容を記載する。

 

Step3 回収~記録保存

(運行管理者)

・「運行指示書(正)」を乗務員から回収する
・「運行指示書(正)」を確認・押印
「運行指示書(正)」と「運行指示書(副)」の2部を運行終了から1年間保存

(乗務員)

・運行終了後に運行管理者に「運行指示書(正)」を渡す

 

もしも運行途中で運行指示書が必要になったときの対応は?

運行管理者は、乗務途中で運行指示書が必要になる運行。つまり、日帰りなどの運行から、2泊3日以上の運行になってしまったときは、乗務員に電話などで適切な指示を与えなくてはいけないことになっています。

 

さらに、運行管理者から運行内容の変更指示を受けた常務委員は、運転日報などにその指示内容を記載しなければいけないことになっているので気をつけておきましょう。

Sponsored link

4.運行指示書の行政処分からわかること

「貨物自動車運行事業者に対し行政処分等を行うべき違反行為及び日車数等について 別表」によると運行指示書の違反の事項については次のとおり、記載されています。

運行指示書

1.作成、指示又は携行の義務違反(運行指示書の作成等が必要な30運行に対して)

① 5件以下 初違反…警告 再違反…10日車

② 6件以上15件以下 初違反…10日車 再違反…20日車

③ 16件以上 初違反…20日車 再違反…40日車

 

2.記載事項の不備 初違反…警告 再違反…10日車

運行指示書及び写しの保存義務違反 初違反…警告 再違反…10日車

さて、ココから何がわかるかというと、監査のときには次の3点について見られるということです。

 

1.作成、指示又は携行の義務違反はないか?

2.記載事項の不備はないか?

3.運行指示書(正)(副)の2部保存しているか?

です。

 

つまり、あくまでも極端な話ですが、2泊3日以上の運行をしているにもかかわらず、「運行指示書を作成できない…。」という運送事業者は、

 

・エクセルでサンプルを何パターンを作成して2部保存しておけば…

【1.で若干処分を受ける可能性はあっても、2.3で処分を受ける可能性は低い。】

ということになります。

 

どうしても、わからなければ、過去の運行パターンから作成してみる。出庫と帰庫のみ記載して、乗務員に渡し、分かり次第、連絡して変更欄に詳細を書くなどの対応をすればいいでしょう。

 

5.運行指示書で注意すべきこと

運行指示書では、もうひとつ注意すべきことがあります。
それは改善基準告示に添った【運行指示書】を作成しているか否かです。

 

仮に運行指示書の内容が改善基準告示違反だと、下命容認していると見られます。むしろ、運輸支局の監査部は、運行指示書に改善基準告示違反がないか注目しているようです。計画を作成される際には、注意してくださいね。

 

※運転日報が「結果」だとすると運行指示書は「計画」です。なかには、運行指示書に「結果」を書く人がいますが、それは間違いです。つまり、運行指示書(計画)=運転日報(結果)になることはあり得ないのです。だから、運行指示書と運転日報の内容に多少のズレがあってもなんら問題ありません。

 

おまけ!運行指示書のエクセルをダウンロードしたいなら…

(記入例)

徳島県トラック協会HP

(様式)

PDF ⇒ 徳島県トラック協会HP

エクセル ⇒ 長崎県トラック協会HP

 

まとめ

長距離輸送のなかには出発直前でなければ行き先が分からない。帰り便が決まっていない。荷主先に行って、荷主の指示を受けるため、指示書が作成できないといったケースがあると思います。

 

その場合でも、「出庫と帰庫しか書かれていないもの」「過去の運行データから作成したサンプル」をとりあえず渡して、変更欄に書き込むなどすると行政処分はある程度、軽減できます。とくに平成28年1月におきたバスツアー事故で運行指示書がクローズアップされているので気をつけておきたいところですね。

Sponsored link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

  1. 平成23年5月1日付の輸送安全規則の改正で点呼記録簿に「アルコール検知器の使用の有無」と「酒気帯びの…
  2. トラックの連続運転の時間はどのくらい? その後、休憩はどのくらい取ればいいの? このような…
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.