Gマークの取得会社ならブラック企業ではない?

一般貨物運送事業の経営者向けに立ち上げたブログですが、運転手の方からもけっこうメールをいただくことがあります。

 

運転手不足に悩まされている業界ですので、個人的には運転手の悩みを解消できる情報も提供できるサイトになって不安解消の一助になれればなぁ…と思ってます^^

 

…ということで、さっそく、紹介しますね。

 

運送会社のGマークを取得してる会社はブラック企業じゃないと思って大丈夫でしょうか?転職の参考にしたくて…以前、近場の仕事なのにかえれないまたは寝る時間がない会社だったので…

 

就職する参考として【Gマーク】を取得しているかどうか…で判断してもいいのか、質問がありました。経験から言わせてもらうと、あまり参考にならないと思います。

Sponsored link

なぜ、Gマーク取得している企業でもブラック企業じゃないと言いきれないの?

すぐに、質問者から「え…?でも、Gマークって巡回指導の評価も良くないと取得できないんですよね?だったら、大丈夫じゃないんですか?」と反論されましたが、じつは、Gマーク取得には、トリックがあるんです。

 

↓を見てください。

Gマーク取得のさいに巡回指導で見られる項目一覧です。

00004

合計37点あるのですがGマーク取得に必要なのは、最低でも29点なんです。(運輸安全マネジメントの取り組み状況:3点を含めて、計32点以上必要)

 

…でね、「3.運行管理等」の(4)を見てください。

 

『過労防止を配慮した勤務時間、乗務時間を定め…』と書かれていますが、簡単にいえば、改善基準告示をきちんと守って、過労運転をしてないかの項目です。

 

過労運転をさせていなければ、「3点加点」されるのですが、逆を言えば、どんなにひどい過労運転をさせていても、3点マイナスだけで済むということなんです。

 

つまり、過労運転をメチャクチャさせても、Gマークを取得する権利はある…っていうか、まだ、別の項目で評価されないところがあっても合格する可能性があるというわけですね。

Sponsored link

適正化指導員に巡回指導のときに聞いてみた!

d5796c463533ed5598176de8bd652d2d_s

 

過労運転をさせていても、Gマークを取得できるのか巡回指導のときに、さりげなく雑談の中で適正化指導員に聞いてみました。

 

「最近、過労運転はニュースなどでも厳しくみられているみたいですけど、仮に過労運転があった場合、Gマーク取得できるんですか?」と…。

 

すると、やはり、過労運転でもGマークを取得できるとのこと。

 

ですが、過労はたいてい長距離運行なので、「3(7)点呼記録簿の管理」「3(12)運行指示書」の管理がずさんな場合が多く、Gマーク取得率はかなり低くなっているという回答でした。

 

なるほど…。

甘いといえば甘いような…。

 

まぁ、ウチも改善基準告示をギリギリ守っているような感じだから、偉そうなことはいえないんだけどね。

 

ただ、過労の実情は、運送業界に問題があるというよりも、荷主側にあることが多いですよね。きっと、多くの運送会社も過労運転については、荷主のほうを取り締まって欲しいというのが本音ではないでしょうか?

 

だからなんでしょうね。審査機関である全ト協も運送会社の実情を配慮して、Gマークの審査では、過労運転だけを見るのではなく、総合的に見て判断する評価制度にしたのかもしれません。

 

話題が逸れてしまうかもしれないですけど、運送会社の経営者と労働者を助けるためにも、天下の政府さま、規制緩和をやめていただくか、運賃制度の見直しをして欲しいのですが…。きっと、わかってくれないんだろうな~。

 

とにかく業界全体が元気になって欲しいです。

関連記事

コメント

    • 川口直樹
    • 2017年 5月 09日

    荷主がGマークがついた会社を嫌がるんじゃないですか?

    • 川口直樹
    • 2017年 5月 09日

    Gマークは基準にならないんですね

      • kokugo97
      • 2017年 5月 09日

      コメントありがとうございます^^

      Gマークは、輸送の安全の取り組みについて
      総合的に判断する制度のようです。

      そのため、帳票類等の整備についての意識は高いけれど、
      改善基準告示の意識は低いという可能性もあります。

    • もやもや
    • 2017年 10月 27日

    ほんとそれ!!
    Gマークとってくださいね!とか、
    え?Gマーク持ってないの?とか、言われますが、
    大事な就業時間が守れていないなら、そんなマーク作る必要ないじゃん!

    国土交通省と、厚生労働省が縦割り行政には本当に腹が立ちます。

    必須点数になれば、もっと安全に働きやすくなるのに!と、思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

  1. 平成23年5月1日付の輸送安全規則の改正で点呼記録簿に「アルコール検知器の使用の有無」と「酒気帯びの…
  2. トラックの連続運転の時間はどのくらい? その後、休憩はどのくらい取ればいいの? このような…
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.