yahoo!知恵袋を見てみると、鋭い視点からトラック運送業にかかわる法令の質問が見受けられますし、それに対する回答もしっかり書かれているのを見かけます。

 

 

おそらく、現場の運行管理者が「トラック業界を盛り上げよう!」、または「同じ運行管理者になろうとする人をサポートしよう!」という温かみのある対応からだと思いますが、私もその方々に負けるわけにはいきません。頑張って、当ブログを通じて、トラック業界のお役に立てればと思っています。

 

 

ただ、インターネットを見ると、なかには間違った解釈を記載している内容があったり、いい内容でもすでに削除されてしまったりしてしまうなど、「もったいない!」と感じることが多かったので、当ブログで自分なりにまとめてみることにしました。参考までに見ていただければと思います。

Sponsored link

1.拘束時間の計算方法がわからない!

上の表をもとに、なぜ火曜日と水曜日の拘束時間が16時間になるのかわからない…という質問がありました。確かにそうですよね。

 

ふつうに考えると…

火曜日 ⇒ 22:00 - 8:00 = 拘束時間 14時間

水曜日 ⇒ 21:00 - 6:00 = 拘束時間15時間

このようになるはずです。

 

ところが拘束時間の欄を見ると両方とも16時間と表示されています。
なぜ、このようなことが起きてしまうのでしょうか?

Sponsored link

2.貨物自動車運転者の1日は特別である

なぜ単純な計算なのに誤差が出るのでしょうか?

 

「ひょっとしたら、会社が拘束時間の数字をいじっているのではないか?」

このように疑心暗鬼になった人もいるかもしれません。
でも、そのようなことはありません。上の表で数字は合っているのです。

 

みなさんが計算するとき、【1日=0:00~24:00】という固定観念があります。たしかに普通の会社の1日の考え方では間違っていません。でも、貨物自動車運転者の1日の考え方は特別なのです。

 

貨物自動車の1日の考え方は…

始業から連続する24時間

となっています。

 

つまり、この始業から連続する24時間の中に拘束時間が何時間あるのか計算することになっているので、始業から24時間以内に次の日の始業時間が来ているときが問題なんです。

 

3.拘束時間の計算例

もういちど表を見てみましょう。

 

火曜日の始業時間は8:00です。
さきほどの考え方からすると、火曜日の8:00~水曜日の8:00までが1日ということになります。

 

つまり、

火曜日 8:00~22:00

水曜日 6:00~8:00

が火曜日の拘束時間となるのです。

そのため、14時間+2時間の16時間が拘束時間となるわけなんですね。

 

翌日の水曜日はどうでしょうか?

 

水曜日の始業時間は、6:00です。
始業時間から24時間で1日を考えるので…

 

水曜日 6:00~21:00

木曜日 5:00~6:00

が水曜日の拘束時間として扱われます。
だから、15時間+1時間=16時間になるんですね。

 

4.1日の拘束時間を計算するときに感じる疑問点

<火曜日の拘束時間>

火曜日 8:00~22:00

水曜日 6:00~8:00

<水曜日の拘束時間>

水曜日 6:00~21:00

木曜日 5:00~6:00

火曜日の拘束時間を計算するときに、水曜日の6:00~8:00までの時間帯が重複していることに疑問を感じるはずです。

 

じつは、火曜日の拘束時間で利用した水曜日の6:00~8:00の2時間を、水曜日の拘束時間を計算するときに除くことはできずに、もう一度、拘束時間として、水曜日にもカウントされる…というルールがあるのですね。

 

ただ、あくまでも1日の拘束時間を計算するときには重複するだけです。1か月の拘束時間を計算するときには、重複させずにカウントすることになっているので注意しましょう。

 

5.1週間に2回、拘束時間15時間以上OKだけど、その1週間の解釈とは?

トラックドライバーの労働時間等の「改善基準告示」を見ると、1日の最大拘束時間が16時間と書かれてあるのと同時に、「1日の拘束時間が15時間を超えて勤務ができるのは12回以内」と記載されています。

 

けれど、よく考えてみれば、この1週に2回以内の「1週」はどの期間を指すのかわかりませんよね?

 

事業者が都合よく「今週の火曜から翌週の月曜日まで」というように決めてもいいの?とすら思ってしまいます。法律上、起算日が設けられているのでしょうか?

 

じつは、就業規則で「1週」の範囲が決められていれば、それが優先されます。
ですが、たいていは決められていません。

  

そのため、多くの事業所(就業規則などで定めていない場合)は、1週間は【日曜から土曜日まで】の暦週という扱いになります。S6311基発1号)

 

まとめ!

一日の拘束時間を計算すると、いざ一カ月の拘束時間を算出するときに頭が混乱してしまうこともあるかと思います。1か月の拘束時間を計算するときには、むしろ、1か月の日数×24時間から休息時間の合計を引いてしまえば、間違いなく、1か月の拘束時間の数字が出てくると思います。

Sponsored link