先日、運行管理者について次のような質問をいただきました。

お尋ねしたいことがあります。運行管理補助者は、
運行管理者が不在時でも点呼が可能なのでしょうか?

一日中不在の場合でも月単位の点呼にて、回数はカバーするのでしょうか?
運行管理者は運転者として登録し、運行はできないのでしょうか?

以上をお聞きしたいのですが…コメントでなくても申し訳ありません。
よろしくお願いします。

(原文ママ)

回答が長くなってしまいそうなので、記事にさせていただきました。今回、質問していただきました”yamiyojidousha”さん、ありがとうございました!

 

また、みなさまもご不明な点がありましたら、お気軽にコメント欄で質問してくださいね^^

Sponsored link

1.運行管理者が不在時でも補助者による点呼は可能なの?

まず、答えを言えば、運行管理者が不在でも補助者で点呼をすることができます

 

ひとつの例をあげると、

会社名 … A運送 本社営業所

車両数 … 18両

運行管理者 … 田中氏

運行管理者補助者 …鈴木氏

 

の体制で運営していたとします。

 

A運送は29両以下なので、運行管理者の選任数は1名いればOKですよね。だから、A運送では、田中氏がひとりで点呼執行をしていました。けれど、長距離輸送を始めたことで、昼間の時間帯に加え、早朝深夜の点呼もしなくてはいけなくなったんですね。

 

昼間に加え、早朝・深夜等、24時間体制で点呼を管理しなくなった田中氏。当たり前のことですが、24時間働き続けることなんてできませんよね。このようなときのために、運行管理者の補助者制度があるのです。だから、運行管理者の不在時でも補助者が点呼してもOKというわけなんですね。

 

それを利用して、会社によっては、早朝等、運行管理者が不在な時間帯に出勤してきた運転者兼補助者の2名がお互いに点呼を取りあって出発しているところもあるくらいです。

Sponsored link

2.1日中運行管理者不在の日があったとしても、月単位の点呼執行回数でカバーできるの?

答えは“できます”

 

会社名 … B運送 本社営業所

車両数 … 18両

運行管理者 … 高橋氏

運行管理者補助者 …木村氏

 

があったとします。

 

仮に休みが決まっておらず、

1号車~3号車 は、月~土

4号車~6号車 は、日~金

 

このように、シフトで稼働するとしたらどうでしょうか?
運行管理者は毎日、点呼執行しなければいけないことになりますよね。

 

だから、会社によっては運行管理者補助者が、運行管理者がお休みの土日祝を担当すると決めているところもあります。あとは、質問者がおっしゃるように、月単位で運行管理者が3分の1以上になるよう設定しておく必要があります。

 

3.補助者制度ができたわけ

運行管理者 補助者とは1人の運行管理者が24時間365日勤務して管理することが現実的に不可能であるため、同じ営業所内で運行管理者資格を所有した者や基礎講習などを受講した一定の能力を有するものを選任することができるシステムになっています。

 

ただし、あくまでも補助的な行為なので、運行管理者の指導監督のもと、業務に従事する必要があります。だから点呼記録簿を見ると、右上に運行管理者の押印欄がありますよね。

 

これは、後で運行管理者が確認して、問題なしと判断した場合、印鑑を押す欄になっているわけなんです。

 

4.運行管理者は運転者として登録し、運行はできないのでしょうか?

たしかに、以前はトラック協会のテキストでも、「運行管理者は運転者として選任できない」といった記載があったような気がします。ですが、いまのテキストには存在していません。

 

私も理由はわかりませんが、その根拠は、おそらく「運行管理者は常住していなければいけない」という決まりごとがあったためだと思われます。(参考⇒「車両の稼働中、運行管理者は営業所に常駐する必要があるの?」)

 

ですが、運行管理者が常駐しなければいけない決まりごとはなくなりました。

 

なので、いまは運行管理者=運転者でも問題ないです。

 

※法律が平成19年に改正されています。しかも、あまり周知されていなかったため、いまでも運行管理者が運転手を兼務してはいけないというHPもチラホラ見かけます。念のため、運輸支局と適性化事業実施機関の両方に電話したところ、どちらも「運行管理者が運転手を兼務してもOK」という返事をいただきました。

 

ただ、セルフ点呼(自分で自分を点呼)することはできないので、運行管理者が運転者として運転する場合には、補助者が運行管理者を点呼執行することだけ気をつけておきましょう。

 

まとめ

今回は、質問をいただいた内容をまとめてみました。

 

簡単なことでも構いません。
業務をするうえで行政に聞きにくいことを聞いてくれると嬉しいです。
そして、この業界をもっと盛り上げましょう。

Sponsored link