契約社員や短時間労働者の健康診断を受診させる必要がある?

トラック運送会社で乗務員をしている人の中には、契約社員(アルバイト等)の方もいます。とくに65歳以上になると、嘱託職員として短時間労働をしている乗務員も増えてきましたよね。

このように、正社員以外の健康診断の受診について、どのように取り扱えばいいのかー運送会社の管理者の中には、戸惑われている方もいるのではないでしょうか。

そこで、今回は、契約社員などの「短時間労働者の健康診断」の受診の有無について解説していきます。

Sponsored link

1.短時間労働者の健康診断の条件

契約社員などの短時間労働者は、健康診断を受診しなくていいのではないかー?

このような問い合わせや勘違いで受診していない運送会社をチラホラ見かけます。ですが、一定の条件を満たした場合、健康診断を受診させなければいけないことになっています。

その条件とはー

①契約期間の定めのない者(a~cいずれか)
 a.期間が1年以上である者
 b.契約更新により1年以上使用される予定の者
 C.契約更新により1年以上使用されている者
②1週間の労働時間が同職種労働者の1週間の所定労働時間の3/4以上

①・②両方とも該当した場合、たとえ、契約社員だとしても、定期健康診断を受診させなければいけないことになっているというわけです。

該当しなくても実施が望ましい条件

先ほど、紹介した①と②の両方の条件を満たした労働者については、該当しますが、①に該当、②に該当していない場合、受診が望ましいというケースがあります。

それは…

1週間の労働時間数が当該事業場において、同種の業務に従事する通常の労働者の1週間の所定労働時間数のおおむね2分の1以上であるものに対しても一般健康診断を受診させることが望ましい。

このようになっています。

2.雇い入れ時の健康診断は?

では、雇い入れ時の健康診断は、どのように扱えばいいのかというと、じつは、条件は、先ほど紹介した、①・②に該当すれば「雇い入れ時の健康診断」も必要という解釈になります。

なお、正社員と同じく、前に所属していた会社で3か月以内に健康診断を受診していれば「医師により健康診断の証明書」を新たに雇い入れる運送会社に提出すれば、改めて健康診断を受診する必要はない―ということになります。

まとめ

正社員に対しては、健康診断を受診させているにもかかわらず、契約社員の乗務員には「健康診断を受診させていない…。」というケースを時々見かけます。

しかし、法律を見てみると、たとえ、契約社員や短時間労働者であったとしても、一定の条件を満たしている場合、健康診断を受診させなければいけません。気を付けておきましょう。

Sponsored link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

おすすめ記事

  1. 「毎年、事業実績報告書を国に届出しなければいけないが、どのように作成したらいいのかわからない。」「…
  2. 有限会社とか株式会社などの法人であって、役員(代表取締役、取締役、監査役)または代表社員(合資会社)…
  3. 「トラック運転手の連続運転はどのくらい行ってもいいのか?」「休憩などのルールはどのようになっている…
  4. 一般貨物自動車運送事業の許可を持つトラック運送会社は、約2年に1回のペースでトラック協会職員(適性…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.