派遣会社から派遣されてきた乗務員の教育はどうしたらいいの?

『派遣会社より派遣ドライバーの雇い入れの時、適性診断・13項目講習は必須ですか?(原文ママ)』コメント欄でこのような質問をいただきました。

派遣社員や出向社員、アルバイトをトラック運転手として運転させてもいいの?」でも紹介したように、派遣社員を乗務員として乗務させることは違法ではありません。じっさいに私の知り合いも派遣会社を利用していました。

ただ、派遣会社の乗務員は、自社の社員ではないので「安全教育や適性診断はどのようにすればいいの?」と迷ってしまいますよね。そこで、今回は、派遣会社から派遣されてきた乗務員の教育について、紹介していきたいと思います。

Sponsored link

1.派遣された人に対して初任教育は必要か?

たとえば、派遣会社に所属しているAさんが鹿児島の運送会社に派遣されたとします。このとき、鹿児島の運送会社は、新たに雇い入れた乗務員として「①事故歴の把握、②適性診断、③特別指導」などの教育をする必要があるのでしょうか?

答えは…
実施する必要があります。

たとえ、Aさんが、最近まで別の運送会社に派遣されていたとしても…です。ただし、過去3年以内に初任診断を受けていれば、あらためて受診させる必要はありませんので、その点は確認しておきましょう。また、特別指導も過去3年間に営業ナンバーのトラックに乗務していれば「任意」になります。

2.乗務員に対する安全教育は必要か?(年間)

指導教育指針において、1年間に12項目を充足させた教育をしなければいけないことになっていますよね。この教育も派遣社員に行わなければいけないのでしょうか?

答えは…
実施する必要があります。

ただし、安全教育などは外部で実施してもいいことになっているので、派遣会社が行っても問題はないのですが、実施した記録は運送会社が保存しておかなければいけないので注意が必要です。

3.巡回指導ではチェックされるのか?

派遣社員であろうと、巡回指導では、運転者台帳、事故歴の把握、適性診断の有無、特別指導等の教育についてはチェックされます。ただし、健康診断や保険関係は、派遣会社が管理しているので巡回指導で見られることはありません。

…なので、もしも、派遣会社から派遣社員を乗務員として使っているのであれば、教育記録をすぐに提示できる環境だけは作っておきましょう。

Sponsored link

4.事例

次のような事例はどのようになるのでしょうか?

【事例】
派遣会社所属のAさん
※派遣会社にて平成26年4月に初任診断を受診

平成30年11月までB運送
平成30年12月からC運送

このようにAさんは、派遣会社に雇われ、派遣会社にて初任診断を受診しています。このようなとき、B運送⇒C運送に派遣先が変わったとき、新たに初任診断を受けなければいけないのでしょうか?

 

じつは、受診義務が発生します。

「新たに雇い入れた運転手」の新たに雇い入れたに該当しないのではないか?と思ったのですが、運輸支局の見解は「受診の必要があり」のようです。ただし、B運送⇒C運送への派遣先が変わったとしても、過去3年間に初任診断を受診した実績があれば、受診結果をC運送に提出すれば、新たに適性診断を受診させる必要はありません。

まとめ!

細かくお話してきましたが、運転手が派遣されてきたら、新たに雇い入れた運転手には教育が必要ということだけ覚えておきましょう。

Sponsored link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

  1. 平成23年5月1日付の輸送安全規則の改正で点呼記録簿に「アルコール検知器の使用の有無」と「酒気帯びの…
  2. トラックの連続運転の時間はどのくらい? その後、休憩はどのくらい取ればいいの? このような…
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.