認可営業所と認可車庫の距離のルールと管理法をまとめてみた!

運送会社は認可営業所の登録だけでなく、トラックを駐車するための車庫も必要になってきます。

この「認可車庫」は、営業所とどのくらいの距離まで許されるのでしょうか?
また、点呼執行など管理ではどのようにしていけばいいのでしょうか?

今回は、認可営業所と認可車庫が離れている場合の気になる点についてまとめてみました。

Sponsored link

1.営業所と車庫の距離は?

「運送会社の事務所の隣に車庫がないとおかしいのではないの?」と過去に質問を受けたことがあります。そのことについて法律ではどのようになっているのか紹介したいと思います。

営業所と車庫は隣接していなくてもいいの?

原則は併設ということになっています。ただし、あくまでに原則なので、国が定めた法律にそっていれば離れていても問題はありません。

地域によってことなる営業所と車庫の距離

認可営業所と認可車庫は一定の距離離れていても問題ないのですが、どのような距離の要件があるのでしょうか?
じつは、各運輸局で営業所ー車庫間の距離が定められています。

なので、所管の運輸支局に自社の営業所が設置されているところは、営業所ー車庫間はどのくらいの距離までOkなのか尋ねてみてください。

2.営業所と車庫の距離の算出方法は?

認可営業所から認可車庫までの距離というと、↑のイラストのように実距離を想像しますよね?

仮にココの地域が認可営業所から認可車庫までの距離が「10Km以内」というルールがあった場合、このままでは認可されません。

ですが、一般貨物自動車運送事業の考え方は、私たちが考える距離とは異なります。
実距離ではなく「直線距離」なんです。

「直線距離」とはどういうことなのかというと…

↑のようにじっさいの道のりである実距離12kmで「10km以内」は無理でも、直線距離だと10km以内だった…ということはよくあります。

だから、じっさいに走行してみて10km以上あったとしてもあきらめるのはまだ早いです。営業所と車庫間が「運輸支局の定める距離の範囲内」であれば認可されることを覚えておくといいですよ。

営業所と車庫が異なる都道府県にある場合はどうなるの?

県境に営業所があると、営業所がA県、離れている車庫がB県ということがあります。このような場合はどのように扱われるのでしょうか?

なにしろ、地域によって営業所と車庫の距離は異なります。
A県では、営業所と車庫の距離は5km以内。B県では、営業所と車庫の距離は10以内という場合もあるのです。

答えは、営業所のある地域のルールに従うーです。
※全国一律ではないので、かならず事前に確認してください。

だから、B県にある車庫でもA県に営業所があれば、A兼の運輸支局に届出するというわけなんですね。

Sponsored link

3.営業所と車庫が離れているときの点呼方法

営業所と車庫が離れているとき、どのように点呼すればいいのでしょうか?

まず、おさえておきたいのは、点呼執行できる場所は例外を除いて「認可営業所」「認可車庫」になっています。
そのうえで認可営業所と認可車庫が離れている場合の点呼方法を見てみましょう。

営業所で点呼執行して自家用で車庫へ

① 認可車庫にて「日常点検」等を行ったのち、認可営業所に自家用自動車に向かう
② 整備管理者に運行の可否をもらう
③ 認可営業所で運行管理者から点呼を受け、ふたたび自家用自動車で認可車庫へ向かう
④ 認可車庫に戻ってトラックに乗って出発

なかには、日常点検を行った後「トラックで認可営業所へ行けばいいのではないのか?」という疑問を持つと思いますが、認可車庫⇒認可営業所まで緑ナンバーのトラックで向かってしまうと「認可車庫⇒認可営業所」間は、点呼執行せずに運転したよね?という扱いになるわけなんですね。

車庫まで運行管理者が出向く

① 運行管理者が認可車庫に出向く
③ 認可車庫にて運行管理者が乗務員に対して点呼執行する
③ 認可車庫から出発

認可営業所と認可車庫が離れているときによく使用される方法がこのパターンです。

ある程度の規模の営業所になると、車両数が増えてしまい、営業所に隣接している車庫だけでは対応できずに営業所から離れた土地を第二、第三車庫として複数登録することがあります。

そのような場合、営業所に隣接している第一車庫は、運行管理者Aが点呼を担当し、営業所から離れた第二車庫については、運行管理者Bが点呼執行を行っていたりします。つまり、運行管理者を複数選任していることでそれぞれ担当しているわけなんですね。

IT点呼

認可営業所ー認可車庫間に限り、Gマーク認定がなくてもIT点呼を行うことができます。

ただし、巡回指導で一定の高評価を得ることが必要で、国にも届出する必要があるので注意が必要です。
Sponsored link

関連記事

コメント

    • 運行管理者代理補佐見習い
    • 2021年 8月 11日

    初めて質問させて頂きます。
    この度勤め先の会社で移転計画があり、新営業所の認可を目指して動き始めました。
    第一候補の移転先は交流のある物流会社(以降A社)の敷地を一部を間借りする形です。
    しかしA社の敷地も賃貸であり、「又貸しの場合は営業所にできないのではないか?」という疑問が
    社内で出ております。
    私個人の解釈では又貸しができないのはA社と大家との契約間の問題であって、
    そこに問題が無ければ(A社の大家から許可を貰うことができたら)
    又貸しでも新営業所として使用可能だと思うのですが。。
    何卒!トラックの杜様のお力をお貸しください。
    宜しくお願い致します。

      • トラックの杜
      • 2021年 8月 19日

      運行管理者代理補佐見習い様
      はじめまして!
      返事遅くなって申し訳ありません。

      おっしゃるとおり、A社の大家様の許可をもらうことができたら問題ありません。ただし、国への届出書には記入欄がありませんので、大家様がOKの旨を記載した使用承諾書のようなものを添付するといいですよ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

  1. 車が好き・トラックが好き・運送業界に興味があるなど様々な理由で「これからトラック運転手になりたい!…
  2. こんにちは!タイラといいます。 みなさんは入社後の初仕事のことは覚えていますか? 私は…
  3. 運送会社に就職した後、現在は建設業で重機オペレーターをしているアライといいます。 運送会社や…
  4. 長距離輸送のトラック運転手をしているチカといいます。 トラック運転手の彼氏を持つと、なかなか…
  5. トラック運転手といっても、運送会社にはさまざまな業種があるので一概には言えないのですが、食事がコン…
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.