車両台帳もしくは車検証の写しを記録保存してる?

巡回指導では、事業所が車両台帳を記録保存しているか確認する項目があります。

 

車両台帳?
運転者台帳なら聞いたことがあるけれど…

と不安になっている人もいるかもしれませんね。

 

それもそのはず。

車両台帳に必要事項を記載し、保存することになっていますが、ほとんどの会社では車検証のコピーにてファイルに綴じるなど対応しているから車両台帳という感覚はないかもしれません。(=車検証の最新のコピーがあれば、車両台帳は必要ありません。)

Sponsored link

1.巡回指導にてチェックされる内容

(確認される書類)

・車両台帳

・自動車検査証の写し

etc

※どちらか提示できればOK!

自動車検査証のコピーではなく、車両台帳にて指導員に提示する場合、次の項目を記載しているか気をつける必要があります。

(1)自動車登録番号

(2)初度登録年月

(3)型式

(4)車名

(5)車台番号

(6)自動車の種別

(7)最大積載量

(8)車両総重量

(9)自動車検査証の有効期間

(10)NOx・PM法使用車種規制に係る事項

(11)基準緩和車両に係る事項及び配属営業所

(12)自賠責保険に係る事項

Sponsored link

2.巡回指導にて指摘されやすい点

車両台帳の項目で指摘されやすい内容についてまとめてみました。巡回指導を控えている事業所は、かならず該当していないかチェックしてみてくださいね。

 

ケース① 車両台帳が1台でも備え付けられていない場合

たとえば、A営業所が10台の車両を所有していたとします。それなのに、A営業所には車検証(写)が9台分しかないという場合、適性化指導員から車検証(写)をファイルに綴じて管理するように指摘されてしまいます。私も過去に1台分コピー保存を忘れて、改善報告を求められてしまいました^^;

 

ケース② 車検証(写)の内容が古い

車検を終了しているにもかかわらず、業務に追われててファイルに綴じている車検証(写)の期限が古いことがあります。車検が終了したら、新しい車検証(写)に差し替える。これを忘れてはいけません。なお、この場合は適性化指導員からは口頭指導されるだけで済みましたが行政である支局の監査では口頭指導だけで済むかどうかわかりません。

 

車両台帳を作成している場合でも、「(9)自動車検査証の有効期間」等で最新の内容か否か判断されますので、巡回指導の前に最新のデータになっているのか、事前にチェックしたほうがいいです。

 

ケース③ 記入漏れ

これは車両台帳を作成している事業所のみですが、記入漏れがあると指摘されます。必ず、必要事項をすべて記載してくださいね。

 

まとめ

車両台帳はA4用紙1枚でまとめることができるので便利なのですが、記入漏れになりやすいのが欠点です。一方、車検証(写)は車検更新後、最新の車検証(写)に差し替えることを忘れてしまいがち。業務に追われて忘れてしまうこともあるかもしれませんが、自社の車検証(写)はキチンと管理しておきましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

  1. 平成23年5月1日付の輸送安全規則の改正で点呼記録簿に「アルコール検知器の使用の有無」と「酒気帯びの…
  2. トラックの連続運転の時間はどのくらい? その後、休憩はどのくらい取ればいいの? このような…
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.