「長距離輸送をしていると休日を与えることは難しいのでは?」
「運行途中で休日を与えることができたら問題が解決するけど…。」

といった質問をいただきました。

 

出庫して帰庫するまでの間の1運行の途中で、車中もしくは宿泊のような状態で32時間以上の休息を与えた場合、休日として認められるのでしょうか。

 

特に長距離輸送をしていると、この点について気になる乗務員もいるかもしれません。そこで、改善基準告示等の法律ではどのようになっているのか、紹介していきたいと思います。

Sponsored link

1運行の途中で休日を与えることは違反ではない

運行の途中で32時間以上(特例を活用した場合は、30時間以上)の休息を与えた場合、果たして休日と認められるのか気になりますよね。じつは、改善基準告示では、休日について8時間+24時間=32時間というように、時間について決められていますが、場所まで定められていません。

 

そのため、遠方での宿泊施設や車内宿泊で32時間以上の休息を与えた場合、休日と認められます。この件については、念のため、行政にも確認しました。

 

運輸支局 … 事業法上問題ない。
労働基準監督署 … 問題ない。

 

念のため、巡回指導において適性化指導員に質問したところ、やはり、1運行の途中で休日を与えることは「法的に問題ない。」との回答でした。ただし、釘を刺されたのは、たとえば、車両に荷物があって盗まれないように、車にて監視せざるを得ない状況にある場合、休息とみなされないんだとか。

 

あくまで休憩や休息は、自由な行動をできる時間
なので、拘束されるような時間は、あくまでも労働時間として扱われるようです。

Sponsored link

自宅以外で休息を与えるのは好ましくない

法律上、自宅以外にて休息を与えることに何か制約があるわけではありません。ただ心身ともに疲弊してしまうことに間違いありませんよね。いずれ大きな事故に繋がってしまう可能性も大です。

 

睡眠不足や疲れは、モノをとらえる力や集中力が希薄になり、事故に繋がりやすいことは適性診断のカウンセラーの先生も言っていました。その意味でも「車中泊」を続けることは危険です。国土交通省も、疲労回復を妨げ、過労運転の要因になると指摘しています。

 

つまり、禁止ではないけれども、好ましくない。
これが答えのようです。

 

事故を避けたいのであれば、1運行を終えたのち、帰宅できる状態で休日を与えることがベストと言えるでしょう。

 

まとめ

一の運行(144時間以内)の途中に休日を与えることは可能かどうかについては、改善基準告示に準じ30時間以上の拘束から開放された時間であればその時間を休日とみなして構わないということになります。

 

ただし、その休日の時間は運行期間の制限144時間の中に含むものとし、144時間を超えて帰着することはできないので気を付ける必要があります。

Sponsored link