運行管理者試験は年々難しくなっています。運行管理者試験が出来た当時は、合格率が約80%以上あったんです。ところが試験の回答方法や採点方法が変わり、現在の合格率はなんと20%前後

 

願書代と試験料で1万円近くもするのに「そりゃないよ!」って言いたくなります。

 

ちなみに、願書販売や試験監督官は県トラック協会がタダ同然で請け負っているようですが、利益のほとんどは試験センターが得ているらしいです。試験センター許すまじ…怒!

Sponsored link

運行管理者資格を試験以外で手に入れる方法は?

運行管理者の資格について調べてみると…

貨物自動車運送事業法第19条第1項(運行管理者資格者証)

国土交通大臣は、次の各号のいずれかに該当する者に対し、運行管理者資格者証を交付する。

(1)運行管理者試験に合格した者

(2)事業用自動車の運行の安全の確保に関する業務について国土交通省令で定める一定の実務の経験その他の要件を備える者

…で、(2)の「国土交通省令で定める一定の実務の経験その他の要件を備える者」とは何かというと…

貨物自動車運送事業安全規則第24条第1項(運行管理者資格要件)

国土交通省令で定める一定の実務の経験その他の要件を備える者は、次の各号のいずれかに該当する者でなければならない。

(1) 一般貨物自動車運送事業者、特定貨物自動車運送事業者又は特定第二種貨物利用運送事業者の事業用自動車(以下「一般貨物自動車運送事業者等の事業用自動車」という。)の運行の管理に関し5 年以上の実務の経験を有し、その間に国土交通大臣が認定する運行の管理に関する講習を5 回以上受講した者。

(2) 一般貨物自動車運送事業者等の事業用自動車の運行の管理に関し1 年以上の実務の経験を有し、かつ、国土交通大臣の定める職務に2 年以上従事した経験を有する者。

貨物自動車運送事業安全規則第24条第1項に、試験を受けなくても運行管理者になれる方法が2パタ―ン紹介されていました^^

 

ちなみに(2)なんですが、例をあげると、これは自動車事故対策機構などで「運行管理者基礎講習や一般講習の講師」として頑張った人が該当するみたいです。たいていの人は該当するのは難しく現実的ではありません。

 

(1)は…

・運行管理5年以上の経験者

・その間に自動車事故対策機構が行う講習を5回以上

の条件を満たせば、資格を得ることができます。

 

つまり、(1)が私たちでも試験を受験せず資格を得ることができる唯一の方法だと言えます。

Sponsored link

運行管理者資格者証交付申請の注意点!

自動車事故対策機構が行う講習を5回以上には条件があります。

通達 貨物自動車運送事業輸送安全規則の解釈及び運用について

第24条 運行管理者の資格要件

1. 第1 項第1 号及び第2 号の「実務の経験」とは、運行管理者等として実際に運行管理に携わっていた経験(平成19 年3 月31 日以前に実際に運行管理に携わっていた経験を含む。)をいう。

2. 第1 項第1 号の「講習」については、昭和48 年以前に行われていた陸運局長等の教習及び研修についても、修了証等の受講の証明があるものは認めて差し支えない。

3. 第1 項第1 号の「講習」のうち少なくとも1 回は基礎講習を受講すること。
4. 第1 項第1 号の「講習」の受講回数については、同号に基づいて国土交通大臣が認定した基礎講習又は一般講習を同一年度に受講した場合1 回とする。

平成19年4月1日以前は、5回受講のうち少なくとも1回は基礎講習を受けていれば良かったのですが、平成19年4月1日から運行管理者の補助者制度が始まり、資格要件による運行管理者資格者証交付申請時の実務経験期間の積算及び講習の受講回数のカウント方法が変わったんですよね。

 

平成19年4月1日以降に基礎講習を受けた場合、基礎講習を受講する前にすでに受講していた一般講習がカウントされないんです。

カウントの数え方

(1) H19.4.1以前に基礎講習を受講した場合

平成19年4月1日以前に基礎講習を受けていた場合は、基礎講習の受講前後に受けた「一般講習」両方ともカウントされます。※ただし、同一年度の受講は1カウントとする。

(2) H19.4.1以降に基礎講習を受講した場合

「基礎講習」を受けた後、「一般講習」がカウントされます。

(例)①~⑦の運行管理者講習を受講したAさんを例に説明します。

① 一般講習(H17.10.4)…平成17年度

(平成19年4月1日以前に基礎講習を受講していないため、カウントされない)

【H19.4.1 運行管理者補助者制度開始】

② 基礎講習(H19.6.1)…平成19年度

【H19年度に基礎講習を受講したので、H20年度から一般講習受講がカウントされるようになる】

③ 一般講習(H20.3.9)…平成19年度

(同一年度に複数回受講しても1回しかカウントされない)

④ 一般講習(H23.6.9)…平成23年度

⑤ 一般講習(H24.9.2)…平成24年度

⑥ 一般講習(H25.9.1)…平成25年度

⑦ 一般講習(H26.5.4)…平成26年度

※つまり、Aさんは平成19年改正前に基礎講習を受けていなかったため、②の基礎講習受講以前に受けていた一般講習はカウントされないことになります。さらに、③は②と同じ年度で受講しているため、カウントされません。

 

よって、Aさんは、1回目 ②基礎講習、2回目以降④~⑦で合計5回受講したことになるわけです。支局の整備部門で申請(収入印紙代がかかります。300円くらい。)すると資格者証が配布されますよ^^

 

最低でも5年かかりますが、試験勉強をしたくないという人はチャレンジするのもいいかもしれませんね。

Sponsored link