運行管理者一般講習は2年に1度、受講義務があるけれど…「年」?それとも「年度」?

運行管理者に選任されると、2年に1度、一般講習を受講しなければいけませんよね。

 

丸1日、講師の話を聞いたり、ビデオやら見なければいけないので、まさに地獄の1日と言ってもいいのですが、意外に寝ている人が少ないので、みなさん本当に真面目です。私はいつもウトウト睡魔と闘っています^^;

 

さて、そんな運行管理者の一般講習ですが「2年に1度受講しなければいけない」と耳にしますよね?ですが、その「年」とは、1月~12月の期間なのか?それとも、4月~3月の期間なのか?気になったことはありませんか?

 

そこで、今回は、運行管理者の一般講習の2年に1度の受講間隔の”年”について考えていきたいと思います。

Sponsored link

まずは結論

さて、いきなり結論から言ってしまえば、一般講習の「2年に1度の受講義務」の年とは”年度”で考えられています。

 

年度で考えられるので…

 

 

 

になってしまいます。

 

おそらく受講した当の本人は、①平成27年3月、②平成29年7月に一般講習を受講したので「俺は2年に1度受講した!」と思っているかもしれません。けれど、平成27年3月受講の一般講習は、平成26年度受講として扱われてしまうのです。

 

つまり、行政が一般講習の受講状況を見ると…

  • 平成26年度の受講
  • 平成29年度の受講

 

という扱いになってしまうんですね。

 

そうすると、行政監査のとき、運行管理者の一般講習を「2年に1度受講していない!」とみなされ、処分を受けてしまうということになってしまいます。

Sponsored link

次のようなケースはOK

次のようなケースはどうでしょうか?

 

 

 

  • 平成27年4月に受講
  • 平成30年3月に受講

 

平成27年4月に受講したのち、2年9か月後に次の一般講習を受講しています。パッと見た感じ、かなりの月日が経過しているようにも見えますね。

 

でも、先ほど、説明した通り、運行管理者の一般講習の受講の有無はあくまでも”年度”で考えるので…

 

平成27年4月受講 … 平成27年度受講

平成30年3月受講 … 平成29年度受講

 

として扱われます。

 

平成27年度と平成29年度の受講なら、2年に1度の受講はクリア。だから、このケースでは行政処分を受けることはないというわけなんですね^^

 

おまけ!

㈱A運送 本社営業所

運行管理者 田中さん

・平成27年度に一般講習受講。

・平成29年度に一般講習受講義務あり。(まだ、受講していない)

の運送会社があったとします。

 

ここで問題です。

 

この条件のもと、平成30年2月に行政監査が行われたとします。しかし、運行管理者の田中さん、なんと平成30年3月までに受けなければいけない一般講習をまだ受講していません。

 

しかも、A運送があるB県では、一般講習の開催は1月まで。
このようなとき行政監査はどのような判断をくださすのでしょうか?

 

回答!

田中さんは、本来、平成30年3月までに受講すればいいのですが、B県では、平成29年度内の一般講習はすでに終了しているため、「今年度、運行管理者の一般講習を受講することは不可能!」として、A運送は、運行管理者の講習受講義務違反として行政処分を受けてしまいます。

 

ですが、ここで運行管理者の田中さんは、

「隣のC県では運行管理者の一般講習はまだ開催されている。私はそちらに参加する予定だ。」

と監査官に言いました。

 

すると…、行政処分から免れることができるのです。

 

つまり、運行管理者の一般講習は、通常、県内で受けるものですが、他県で受講しても構いません。そのため、県内の一般講習が終了すると、通常、まだ期間が残っていたとしても行政処分の対象になるのですが、監査官の前で「他県では開催されている!他県で受講する。」といえば、処分できなくなってしまうというわけなんです。

 

県によって、一般講習の開催回数にバラツキがあります。
だからこそ、開催回数が少ない地域では使える裏ワザになります。

 

限られた場面ですが、もしものときには使えるので、窮地に陥ったときに覚えていたら使いましょう^^
※もちろん、一般講習も受講しましょうね^^

 

まとめ!

私の知り合いには、前回、運行管理者一般講習を平成27年7月に受講したから、今回は、平成29年7月までに講習を受けなければいけないと考えていた人もいました。つまり、前回講習を受講した日から、2年以内に講習を受けなければいけないと思っていたんですね。

 

けっしてそのようなことはありません。
運行管理者の一般講習は”年度”計算で2年に1度ということを覚えておきましょう!

Sponsored link

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2018年 4月 19日

    初めまして。H28年10月に運行管理者に選任され現在(H30年4月)まで一般講習を受けていません。引き延ばす特例を使用してもH30年3月までが限度だと思いますが、この場合どこへ問い合わせしたらよいのでしょうか?また、早急に受講すれば大丈夫なのでしょうか?

      • kokugo97
      • 2018年 4月 21日

      はじめまして!
      ご質問ありがとうございます。

      本来、選任年度に受講しなければいけないけれど、
      選任年度では、所属している都道府県では、すでに一般講習の開催が終了していたため、
      翌年度の平成30年3月までには受講しなければいけなかった。

      でも、仕事が忙しく、
      結局、その平成30年3月までも受講することができなかった。

      このようなとき、どうすればいいの?

      …というのは、多くの運行管理者が体験していると思います^^
      これは、早急に運行管理者講習を受けて下さいとしか言えません。

      行政監査では、直近の運行管理者の受講状況を確認します。
      (特別講習+一般講習2回は除く。)

      なので、現在、行政監査が立ち入ると初違反でも
      10日車の処分が下されることになりますので気を付けましょう^^

    • 匿名
    • 2018年 5月 08日

    回答ありがとうございます。監査の前に早急に一般講習を受ければ大丈夫なものですか?

      • kokugo97
      • 2018年 5月 14日

      ご質問ありがとうございます。

      監査手法については、
      運輸支局も公開していないので断定して言えません。

      これは、あくまでも私の知り合いの運送会社や地域からの話によると、
      監査も巡回指導も直近の一般講習しか見ていないようです。

        • 匿名
        • 2018年 5月 15日

        詳しい回答ありがとうございました。早急に一般講習を受けるようにしたいと思います

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

  1. 平成23年5月1日付の輸送安全規則の改正で点呼記録簿に「アルコール検知器の使用の有無」と「酒気帯びの…
  2. トラックの連続運転の時間はどのくらい? その後、休憩はどのくらい取ればいいの? このような…
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.