運行管理補助者の資格は転職しても継続される?

当ブログは、のんびりと更新していますが、その間もたくさんのコメント・質問していただき、本当にありがとうございます。

今回は、別の運送会社に転職を考えている運行管理者 補助者のmachさんから質問をいただきました。

その質問の内容は「別の運送会社に転職したとき、補助者の資格要件を失うことはないか?」でした。

詳しいお話をお伺いすると、いまの運送会社から基礎講習の費用を出してもらったとのこと。しかも、自動車事故対策機構に受講を申し込みをした際、会社名と名前を記載したので「ひょっとしたら、いまの運送会社を転職すると無効になるのでは…?(改めて基礎講習を受講しなければいけないのでは…?)」と感じたようです。

転職という人生の大事な選択をしているときなので不安になっていることかと思いましたので、当方も早急に回答したいと思います^^

Sponsored link

1.運行管理者補助者の資格は失われることはない

以前、紹介した「運行管理者補助者とは?」で運行管理者補助者の条件は…

① 補助者の資格要件をクリアしている(aかbどちらかに該当すれば可)
a.運行管理者資格者証を取得している
b.運行管理者基礎講習を受講している

このように紹介しました。

つまり、運行管理者試験に合格して【運行管理者資格証を取得している】もしくは【基礎講習を受講した】のいずれかの条件を満たした労働者に対して、運送会社は、運行管理者 補助者として選任することができるというわけなんですね。

そして、運行管理者補助者として選任されている人の多くは、運行管理者資格者証ではなく、基礎講習を受講して選任されているものだと思われます。

そうすると、冒頭で紹介したmachさんのような「また運行管理者の基礎講習を受講しなければいけないのでは?」と不安に駆られる方も出てくることは当然のことではないでしょうか。

ですが、安心してください。

たとえ、運送会社が費用であなたが基礎講習を受講したとしても、基礎講習を受講した実績はあなた自身に与えられるものです。そのため、Aさんが受講したら、あくまでもAさん個人に対して修了証が発行されるので会社は関係ありません。

2.基礎講習を受講した場合の修了証もしくは手帳は自分で持っておく

運送会社によっては、巡回指導や行政監査対策のため、運行管理者の基礎講習の修了証や一般講習等の受講手帳を本人の了解を得て預かっているところもあります。

転職するとき、そのことを忘れて預けたままで紛失してしまった…というのは意外と多いものです。

再発行は、いつごろ、どの機関で、どの場所で受講したのか…?

ということをある程度、覚えてなければ発行に手こずる可能性があるので、転職を考えているときは、かならず手帳や修了証を返してもらうようにしましょう。

これらの帳票類がなければ、運送会社は条件を満たしているかどうか判断できずに選任できないためです。

3.再発行できる機関は?

紛失してしまったという人もいるかと思いますので、念のため、再発行できる機関をまとめておきますね。問い合わせれば、再発行の手続きを丁寧に教えてもらえますので活用してくださいね。

① 運行管理者資格者証
… 運輸支局 整備部門
② 基礎講習の受講
… 自動車事故対策機構、ヤマトスタッフサプライ、トラック協会等

このようになっています。

ただ、再発行の手続きは面倒くさいですし、何度もするようなものでもありませんので、手帳や資格者証は所属している運送会社に預けず、自分の家にきちんと保管しておいたほうがいいです。

Sponsored link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. 39歳以下のトラック運転手なら欲しい!年齢限定のおすすめクレジットカードとは?

おすすめ記事

  1. 「そもそも、事業実績報告書って何?」と思っている事業所もあると思います。 簡単に言えば【事業実…
  2. 有限会社とか株式会社などの法人であって、役員(代表取締役、取締役、監査役)または代表社員(合資会社)…
  3. トラックの連続運転の時間はどのくらい? その後、休憩はどのくらい取ればいいの? このような…
  4. 一般貨物運送事業者には、2年に1回くらいのペースでトラック協会職員(適性化事業実施機関の指導員)が巡…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.