運送業の巡回指導のポイントと対策!

一般貨物運送事業者には、2年に1回くらいのペースでトラック協会職員(適性化事業実施機関の指導員)が巡回指導に来ます。事業者の中には、適正化指導員の巡回指導を「監査」と口にしている人がいますが、行政監査と適正化指導員の巡回指導は内容がことなります。

 

その違いを挙げるとすれば・・・

行政監査 ・・・ ① 無通告・② 処分ありき・③ 運輸支局職員

巡回指導 ・・・ ① 事前に巡回日を通知・② あくまで指導 ③ トラック協会職員

 

わかりやすく違いをあげればこんな感じですね。

 

ちなみに巡回指導はあくまでも「指導」です。処分されません。でも、甘くみてしまうと痛い目に合います。今回は、わかっているようでわかっていない【巡回指導の裏側と対策】について、紹介していきます。

 

1.速報制度の恐怖

速報制度(平成25年10月1日~)が始まったときに、全ト協から配布されていたチラシに興味深いことが書かれてありました。

 

① 点呼をまったく行っていない

② 運行管理者もしくは整備管理者がいない

③ 定期点検をまったく行っていない

 

このように、運行管理・整備管理の重要なところについて、会社の管理が杜撰だと、適正化指導員から支局に通報されて、行政監査が行われます。

 

ちなみに、行政監査が実施されたとき、通報時と同じように「①点呼をまったくしていない。②運行管理者・整備管理者がいない。③定期点検をまったくしていない。」ということが確認されれば、事業停止30日間という重い処分になってしまいます。

Sponsored link

2.巡回指導を甘く見ると痛い目に合う理由

速報制度はあくまでも悪質な違反をした事業所に対して創設された行政処分の制度です。だから、「俺の会社はそこまでひどくないから安心。」「速報の項目以外の違反は放置したままにしておこう。」という感覚で法令を無視し続けてしまうと痛い目に合います。

 

 

事業者の中にいます。

「俺はトラック協会の役員だから大丈夫。」
「トラック協会の職員相手だから、なんとかなる。」

と勘違いしている人が。

 

残念ながら、適性化指導員は運輸支局の下請けのような存在です。だから、「定期通報制度」「相談事案」に記載されているように頻繁に運輸支局と情報交換しているんです。

 

1.定期通報事案

適性化指導員が巡回指導を終えた後、A~Eの5段階で事業所の取り組み具合を評価しています。たとえ、どの評価であっても改善点があれば、後日、実施機関から改善報告を求められるのですが、低い評価になればなるほど行政監査のリスクが高まります。

 

(改善の流れ)

評価A~D・・・改善は指導員任せ

評価E・・・改善は指導員任せ

※ただし、最悪の場合、行政監査が実施されることも。

 

ちなみに、この話は根拠のない話ではありません。運行管理者一般講習を受講したときに、講師である運輸支局 監査官が講演の中でハッキリ言っていたし、巡回指導の際にも適性化指導員から言われました。なので間違いありません。

 

巡回指導のとき、改善をたくさん求められたときには要注意。
運が悪いと行政監査が実施されます。

 

※指導員に悪態(巡回拒否など)をついたときも行政監査が実施されることもあると聞きました。なお、E評価は評価項目37項目のうち60%を下回った場合、該当するらしいです。

 

2.相談事案

運輸支局と指導員は、1か月に1度くらいの頻度で会議を実施して、改善がスムーズに行われていない事業所をピックアップして話し合われるそうです。

 

行政監査がこの会議の話し合いで出てきた事業所を対象に行われるのかどうかについては、運行管理者講習の中で説明はなかったのですが、巡回指導が実施された後に送られる改善要請文書を無視し続けると行政監査が行われているようです。

Sponsored link

3.私が行う巡回指導対策

006

私の知り合いの運送会社は、巡回指導の通知があったとき、行政書士に立ち会いを依頼しているらしいのですが、お金の無駄になることが多いです。運送業はやはり特殊なので、理解していない先生が多いんですね。

 

じっさいに、とある適性化指導員と話をする機会があったのですが、行政書士さんもけっこういい加減な書類を事業所に渡して、多額のお金を受け取っているケースもあって困っているという話も聞きました。(もちろん、頼れる先生もいます。)

 

だから、運送業に精通した信頼できる先生が身近にいなければ、トラック協会などのHPで簡易チェック表などが公開されているので、それを使って自己チェックしたほうが数倍マシです。

 

福岡県トラック協会 公開 簡易チェックシート

http://www.hearty.or.jp/uploads/dl/0000000244.pdf?1407904216

 

主にチェックされる項目とは?

巡回指導で主にチェックされる項目は全部で37項目。当ブログでも、それぞれの項目で詳細を説明しているので参考にしてくれると嬉しいです。

●事業計画等
1.主たる事務所及び営業所の位置、名称に変更はありませんか?

2.営業所に配置する事業用自動車の数に変更はありせんか?

3.車庫の位置及び収容能力に変更はありませんか?

4.乗務員の休憩・睡眠施設の位置、収容能力に変更はありませんか?

5.乗務員の休憩・睡眠施設の保守管理は適正にされていますか?

6.届出事項(役員等)に変更はありませんか?

●台帳・報告書等

1.事故記録が適正に記録され、保存されていますか?

2.自動車事故報告書を提出していますか?

3.運転者台帳が適正に記入等され、保存されていますか?

4.車両台帳が整備され、適正に記入等されていますか?

5.事業実績報告書・事業報告書を提出していますか?

●運行管理等

1.必要な員数の乗務員を確保していますか?

2.運行管理者が選任され、選任(変更)届出書を届出していますか?

3.補助者の選任とその業務は適正ですか?

4.運行管理者に研修を受けさせていますか?

5.運行管理規程が定められていますか?

6.過労防止を配慮した勤務時間、乗務時間を定め、休憩時間、休息時間を適正に管理していますか?

7.点呼の実施及び記録保存は適正ですか?

8.乗務等の記録(運転日報)の作成・保存は適正ですか?

9.運行記録計による記録及びその保存・活用は適正ですか?

10.運行指示書の作成・携行及び記録保存は適正ですか?

11.乗務員に安全教育を実施して記録保存していますか?

12.特定の乗務員に対して義務付け適性診断を受けさせていますか?

13.特定の乗務員に対して特別な指導を実施していますか?

●整備管理等

1.整備管理者が選任され届出されていますか?

2.整備管理者に所定の研修を受講させていますか?

3.整備管理規程が定められていますか?

4.日常点検基準を作成し、これに基づき点検を適正に行っていますか?

5.定期的な点検・整備を行い、点検整備記録簿等が保存されていますか?

●労務関係等

1.就業規則が制定され、届出されていますか?

2.36協定が締結され、届出されていますか?

3.所要の健康診断を実施し、健康状態を把握していますか?

4.労災保険・雇用保険に加入していますか?

5.健康保険・厚生年金保険に加入していますか?

巡回指導が行われる前に改善できるところは改善しておいたほうがよさそうです。

 

4.巡回指導は役に立つ

巡回指導では、疑問に感じたところを質問すると丁寧に教えてくれます。だからこそ、有効的に活用する必要があると思います。とくに平成25年11月1日施行の行政処分等の基準が改正になったことで・・・

 

悪質な違反・・・事業停止処分30日間

軽微な違反・・・文書警告

 

このように、運輸支局はやみくもに行政処分をするのではなく、コンプライアンス意識が高ければ、重大事故を起こしたとしても文書警告で終了することもありうるのです。日頃からの安全意識の高さや取り組みがいざとなったときに会社を救うというわけなんですね。

 

つまり、国は法律を守る会社を存続させ、悪質な会社は退場させるという考えにシフトしてきています。だからこそ、巡回指導をチャンスととらえて取り組むことが今後の会社運営に必要なことだと私は思います。

 

まとめ!

いかがだったでしょうか?
さらに平成30年7月1日の行政処分の強化において、次のことがちゃっかり書かれています。

 

警戒しておいた方がよさそうですね。

Sponsored link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ記事

  1. 平成23年5月1日付の輸送安全規則の改正で点呼記録簿に「アルコール検知器の使用の有無」と「酒気帯びの…
  2. トラックの連続運転の時間はどのくらい? その後、休憩はどのくらい取ればいいの? このような…
ページ上部へ戻る
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.